« 子どもが期待する教師との人間的接触にはどのようなものがあるか | トップページ | 年度初めの一週間で学級の仕組みを作り指導すると、学級づくりの半分が決まる »

学級づくりは最初の三日が勝負である

 学級が荒れないためにも、やるべきは新年度の最初の三日間なのである。その後の一年間を左右する重要な時である。最初の三日間に、学級をきちんと組み立てれば、その後はうまくいくであろう。逆にのほほんとくらせば、悲惨な学級になるだろう。この三日間だけは、子どもは教師のいうことを素直に聞き、一緒に歩こうと思っているのである。
 学級が荒れる原因は、教師としての力が未熟だということにつきる。未熟だから子ども集団に反乱される。
 教師の力とは、次の二つどちらも必要だ。
(1)
授業を知的に楽しくできる力
 子どもたちが熱中して「今日の勉強、面白かったよ」という授業を毎時間やれば、荒れることはない。荒れる授業には心地よいテンポがない。
(2)
子どもを統率する力
 子どものガキ大将になり、みんなをまとめて動かしていける力である。学級が荒れるのは教師の責任である。学級は自分が統率するという責任感が最も大切である。
 統率とは、子どもたちにやる気をおこさせ、やる気を組織し実行させることである。
 統率者として教師は、学級を開くにあたって、学級の目標を示す。これからの学級のために、意味のある楽しい目標を示す。それを実現するためのしくみをつくり、ルールを決めなくてはならない。そして実現への小さな一歩を成功のうちにふみ出すことが必要だ。
 子どもに話し合わせることも「目標の共有化」「実現の方法の共通理解」にとって有効な方法だ。だが、子どもたちにまかせっぱなしにしてはいけない。
 目標を決め、しくみをつくり、ルールを作ったからとて安心してはならない。それが本当に充実したものか、楽しいものか、やりがいがあることかを反省しなければならない。その目標がありきたりで、しくみやルールがつまらないものであるとき、子どもは反乱する。
 教師の統率力は、必死に努力しなければ維持できないことである。
 教師がどのくらいの力なのか、子どもにさぐりを入れられるのである。「これ、やらなくてはいけないのですか」このような、ささやかな疑問の形で出される。私ならむろん、きっぱりと「言ったはずです。やるのです」と答える。それでも「できないよ」と言ってくれば、「休み時間を削ってでもしなさい」という。
 ところが、統率の大切さを理解しない教師は、別の対応をする。「できるだけやりましょうね」「がんばってみようね」などというわけである。これだけで、子どもは「この教師はたいしたことはない」と察する。次の時は「これやりたくないなあ」と言葉は微妙に変化する。そして、一か月のうちに「やっちゃいられねえよ」となるのである。このようなさぐりには、最初にピシッと対処しなくてはいけない。最初の甘さが後悔のもととなる。
 子どもはけんか上手である。叱るときは、学級の子ども多数を味方にして、できれば相手が一人の時に叱る方がいい。
 叱る時は、きちんとした証拠のある一つのことに限定すること。叱る時は短くていい。きぜんとすること。しつこいのは、味方の子どもも敵にしてしまう。子ども相手のけんかだ。責任感があれば負けることはない。少しでも、ひるんだら終わりである。
(
向山洋一:1943年生まれ、元東京都公立小学校教師、教育技術法則化運動代表を務めてきた。教師を退職後、TOSSインターネットランドの運営に力を注いでいる)

|

« 子どもが期待する教師との人間的接触にはどのようなものがあるか | トップページ | 年度初めの一週間で学級の仕組みを作り指導すると、学級づくりの半分が決まる »

学級崩壊」カテゴリの記事

新学級づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学級づくりは最初の三日が勝負である:

« 子どもが期待する教師との人間的接触にはどのようなものがあるか | トップページ | 年度初めの一週間で学級の仕組みを作り指導すると、学級づくりの半分が決まる »