« 国語科:読解指導     | トップページ | 兵庫県山口小学校の10年間の実践で高い学力を子どもたちはつけていった »

日本の学校の授業でもっとも不足し必要とされているのが、笑いでありユーモアである

 「楽しく学ぶこと」と「おもしろく教えること」は一対の行為です。子どもが学ぶ楽しさを実感できるのは、教師がおもしろく伝えたことの結果なのです。いま学級崩壊が問題になっていますが、その一番の原因は「おもしろく伝える技術」が欠けていることではないでしょうか。
 おもしろく伝える技術は、例えばスイカを食べるときは端から食べる人がいないように、教える順序は無視して、冒頭にいちばんおもしろい部分をもってくるようにします。そういう方法で子どもの関心や興味を引きつけるのです。
 「おもしろく終わる」のも、すぐれた教え方には欠かせない要素です。授業の最後に結論を示して終わるだけではありません。「今日はもう時間がないので、続きはこの次に」と「なてな?」を残して終わると、子どもたちの学ぶ意欲を刺激します。子どもたちは休み時間や家に帰って家族を巻き込んで疑問を調べようとします。だからといって、「?」で終始終わってしまってはダメです。私の経験でいうと「わかった」が7割、「はてな?」が3割で、わかる量がいつも上回っていないと、学ぶことがおもしろく感じられません。
 つまるところ教える技術の要諦は、この「わかった!」と「はてな?」を交互に連続させることにあります。そうした未知と既知のいつまでも終わらない追いかけっこが教えることであり、学ぶということなのです。
 わざと間違えることを私は授業中にときどきやりました。子どもの気持ちがダレているとき、集中力を欠いているなと思えたときに、数字の6を8と間違えて書き「先生、数字が違っているよ」などと指摘させることで、子どもの注意力を喚起させます。そうすることで、教室にオープンでくだけた空気をかもしだし、授業を少しでも楽しく、おもしろく感じさせる工夫をしていたのです。笑いは子どもを学習好きにするための潤滑油です。「授業が楽しい、おもしろい」と感じられれば、子どもの学力は自然に伸びていくからです。逆に一度も笑いがない教室は子どもにとって牢獄に等しいものでしょう。日本の学校にもっとも不足していて、必要とされているのが、笑いでありユーモアです。
 「笑いを持ち込むと教室の空気がゆるんでしまう」「笑わせたら子どもになめられる」と、笑いを敬遠する教師も少なくありません。ユーモラスな話をすれば、子どもは身を乗り出して聞くはずです。子どもたちに集中力や注意力、学ぼうというエネルギーがうまれるのです。
 むろん、いつまでも笑わせていてはダメで、次の瞬間には、そのエネルギーを学ぶほうへと仕向けていく必要がありますが、笑いを敵と位置づけるのは、あまりにも余裕のない考え方といえましょう。
 教える教師のしかつめらしい、もったいぶった態度は、子どものやる気を刺激する空気、楽しく学べる空気、はらつとできる空気は醸成できません。そんな空気を醸成するのは、教える教師の楽しく明るい、フランクな姿勢です。ユーモアや笑いは敵どころか、大いなる援軍なのです。
(
有田和正:19352014年、筑波大学付属小学校,愛知教育大学教授、東北福祉大学教授、同特任教授を歴任した。教材づくりを中心とした授業づくりを研究し、数百の教材を開発、授業の名人といわれた)

|

« 国語科:読解指導     | トップページ | 兵庫県山口小学校の10年間の実践で高い学力を子どもたちはつけていった »

学級崩壊」カテゴリの記事

教育の技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の学校の授業でもっとも不足し必要とされているのが、笑いでありユーモアである:

« 国語科:読解指導     | トップページ | 兵庫県山口小学校の10年間の実践で高い学力を子どもたちはつけていった »