« 教師には社会に貢献する教師、授業に打ち込む教師、反省的実践家としての教師がいる | トップページ | 国語科:文学作品のなかの言葉の裏に隠されている意味を子どもたちに読みとらせる »

子どもの反応を手がかりに子どもの意識の流れを読み取る力をつける

 授業の指導案をつくるとき、子どもの反応を想定する。その想定できる力量が教師には必要である。
 授業で学習を進める主体は子ども自身である。その授業への反応は授業中に子どもによって表現されるもので、言葉のほかに行動による表現も含まれる。
 指導案を作る場合、何を教えるかという内容に沿って、好ましい教材を用意する。しかしこれだけでは指導案は作れない。それぞれの時点での子どもの反応を想定し、それを軸にして展開する。だから、子どもの反応を想定できる先生の力量が必要になる。
 実際に授業をやってみると前もって想定したような反応はなかなか出てこないが、経験を重ねると少しずつ想定したことが的中するようになってくる。的中することで満足してはならない。
 その反応がどんな意識のはたらきから表れ出たものかを考えることが必要である。意識は外からは見えないが、反応を手がかりに意識の流れを読み取るのである。
 それによって授業がより高次なものになっていく。
(荻須正義:19162008年、元東京教育大学付属小学校教師・常葉学園大学教授。問題や疑問を解決しながら理解を深めていく問題解決学習法を小学校の理科の授業で先駆的に実践した)

|

« 教師には社会に貢献する教師、授業に打ち込む教師、反省的実践家としての教師がいる | トップページ | 国語科:文学作品のなかの言葉の裏に隠されている意味を子どもたちに読みとらせる »

子どもから学ぶ」カテゴリの記事

学習指導案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの反応を手がかりに子どもの意識の流れを読み取る力をつける:

« 教師には社会に貢献する教師、授業に打ち込む教師、反省的実践家としての教師がいる | トップページ | 国語科:文学作品のなかの言葉の裏に隠されている意味を子どもたちに読みとらせる »