« 教師の精神的な健康をどうすれば守れるか | トップページ | 教師は笑顔になると成長できる »

保護者からのクレーム対応の鉄則とは何か

 今、教師が一番心をいためているのが、保護者対応です。
 保護者からのクレーム対応の鉄則は、初期対応が最も大切です。保護者からの苦情には、電話で絶対対応しないで、保護者と面と向かって話し合うこと。とりあえず保護者に謝ること。保護者の話をよく聞くこと。保護者の苦情に対して心から同情を示すこと。保護者に感謝の気持ちを表すこと。
 ピンチはチャンスです。教師が保護者に誠実な対応をすれば、保護者の信頼は高まります。教師の支援者になってくれることはよくあることです。
(
野中信行:1947年生まれ、元横浜市立公立小学校教師、学級組織論を研究、実践を私家版で発行した。全国各地で教師向けの講座やセミナーを行っている)

|

« 教師の精神的な健康をどうすれば守れるか | トップページ | 教師は笑顔になると成長できる »

保護者にどう対応するか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173207/62064040

この記事へのトラックバック一覧です: 保護者からのクレーム対応の鉄則とは何か:

« 教師の精神的な健康をどうすれば守れるか | トップページ | 教師は笑顔になると成長できる »