« 授業をつくるには「これだけは何としても教えたい」という内容・教材を鮮明に持つこと | トップページ | 保護者のイチャモン(無理難題要求)が増えている、その背景にあるものは何か »

算数:子どもたちが「問題を理解できず、不安そうだな」と感じたとき、ペア学習の効果は絶大

 私は授業中に「お隣の人と相談してごらんなさい」と言って、ペア学習することがあります。
 このペア学習の効果は絶大です。算数科の特徴として、間違うのではないかと、子どもたちは常に緊張状態にあります。ペア学習は、この不安を取り除く効果があります。
 子どもたちが「問題を理解できていないな」「自信がなさそうだな」「不安そうだな」と感じたときはペア学習を取り入れるのです。「わからないのは私だけじゃない」ことを知り、子どもたちは安心することができるからです。
 また、理解した子どもの説明する声が、ヒントとなり、その周りの子どもの理解が広がるのです。私が「いいですか、大事な話をしますよ」と言うのとは比べものにならないほど、わからない子は理解しようと真剣に情報を集めようとしています。
 このように、私はわかっている子どもが少ない状況では、ペア学習を何度か繰り返しながら、理解を上げていくようにしています。
 ペア学習には、発表前の緊張を和らげる効果もあります。人の前で発表するのは、緊張するものです。「これから発表してもらいます」と教師が言うと「えーっ」という声が聞こえることがありませんか。子どもたちは発表に対して少なからず抵抗感を持っています。
 こんなときは「発表前に、お隣さんと発表の練習をしてごらん」と言うだけでよいのです。
 また、ペア学習には、わかったようなつもりになっていることを、お隣さんに向かって話すことで理解の程度を確認できるのです。
 つまり、きちんと理解していることは、お隣さんにもきちんと話せます。しかし、正しく理解していないで、わかったつもりになっていたことは、途中で言葉につまったり、堂々巡りして前に進めなかったりします。このペア学習で、子どもたちは自分の理解度を客観的に見ることができます。
 あるいは、話したくて我慢ができない子が「ハイ!ハイ!」と手を挙げているときに、お隣さんと話すことで満足するという効果もあります。
(
熊谷 純:1967年青森県生まれ、青森県公立小学校教師。基幹学力研究会・算数授業ICT研究会・全国算数授業研究会幹事)



|

« 授業をつくるには「これだけは何としても教えたい」という内容・教材を鮮明に持つこと | トップページ | 保護者のイチャモン(無理難題要求)が増えている、その背景にあるものは何か »

授業のさまざまな方法」カテゴリの記事

算数・数学科の授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 算数:子どもたちが「問題を理解できず、不安そうだな」と感じたとき、ペア学習の効果は絶大:

« 授業をつくるには「これだけは何としても教えたい」という内容・教材を鮮明に持つこと | トップページ | 保護者のイチャモン(無理難題要求)が増えている、その背景にあるものは何か »