« 生徒指導がうまくできるようになるポイントとは | トップページ | クラスづくりは教師と子どもとの心のつながりから始まる、そのポイントとは »

授業の原則にそって授業の力を向上させるコツとは

 授業にはきちっとした原則が存在する。分かりやすい例で説明しよう。算数の授業で「わり算」の説明をするとしよう。最初は子どもは分からない。そこで、教師が説明する。それでも子どもはわからない表情をする。教師は熱心に説明をする。これはありふれた場面だろう。丁寧に説明するのが、教師の仕事と思っている人が多い。親切に一生懸命に説明をする。しかし、すればするほど子どもは分からなくなるのである。話が上手なベテランでも、教師の話は分かりにくい。「教師の説明は長くなればなるほど分からない」という法則が成り立つ。
 では、どのくらいの時間なら長いと言うのだろうか。私に言わせると、30秒以上の説明は長い。子どものがまんの限界は1分である。2分説明すると、半分の子どもは聞いていない。3分になると、ほとんどの子どもはポアーンとしている。5分説明したら誰も聞いていない。10分説明したら、みんな勉強を嫌いになる。それ以上の説明は犯罪行為だ。子どもが教室で反乱するようになる。「説明は30秒以内」、これは算数の授業が楽しく、分かるようになるための原則である。むろん、中には30秒で説明できない時もある。その時は、内容を分解して、一つの問題を3つ分、4つ分と考えて指示すればいいのである。分ければわかるのである。
 例えば、教科書の問題「まわりの長さが18cmの長方形があります。たての長さを○cm、横の長さを△cmとして、2つの数の関係を式にしましょう」を、どう教えるのだろう。
 教師が「この問題をやってごらん」と、子どもに与えたら、大混乱が生じるだろう。この問題の意味を説明しても、なかなか分からない。そこで、私は次のようにステップを付けた。この問題の準備体操をしたのである。
(1)
まわりの長さが、4cmの正方形を書きなさい。
 これでさえ、難しい。私は説明をしない。正解を示して、できた子に手を挙げさせる。
(2)
まわりの長さが、8cmの正方形を書きなさい。
 これは分かったという子が多い。ほぼ全員が正解。
(3)
まわりの長さが6cmの長方形を書きなさい。
 これでやっと分かったという子が多い。早くできた子、8名を板書させ判定させる。
(4)
まわりの長さが、10cmの長方形を書きなさい。
 ここで「やり方が分かった」「縦と横が関係するんだ」などの声が聞こえる。
 早くできた子8名を板書させる。丸を付けた後、順序よく並べた。そして、教科書の問題にもどり、ノートに書かせた。できた子どもから板書させる。
 このように、新しい問題は、長々と説明をしないで、シンプルに分解すればいいのである。シンプルに分解された問題をやっていくうちに、子どもはやり方を見つけ出して行く。
 クラス全員に理解させたければ、つまずく所を工夫しなければならない。工夫とは
(1)30
秒以上の説明はしない。
(2)
授業にスピードがあり、テンポが速い。
(3)
難しいところは、シンプルに分解している。
 私は、算数のできない子どもをできるようにさせて、それと同時にできる子どもも熱中して取り組む授業を努力して続けてきた。子どもの事実に目を向けて
(1)
できない子どもをどのように指導するのか
(2)
早く計算ができてしまった子どもをどうするのか
(3)
練習スキルをどのようにするのか
(4)
授業のはじめをどうするのか
(5)
ノートのチェックをどうするのか
 これらを、すべて満足させる算数の授業はどのようにやっていったらいいのか。こうした実践的テーマに一つ一つ向かい合っていった。一人ひとりの子どもをよく見ていれば分かることなのである。責任を子どもに転嫁する教師はだめだ。どうして子どもができないのか、自分のどこがいけないのかと誠実に、謙虚に、考える教師なら分かることなのである。
 自分の足りなさを心の底から分かってこそ教師の成長は始まるのである。謙虚さの不足する教師はいつまでたっても進歩しない。相手にもされなくなる。有名な実践家の授業を見ても、教わることはなかったと言う教師になる。
 教師は、まず教科書をきちんと教えられるようになるべきだ。授業を向上させるには、真剣な3年間は必要だろう。技術は本で教えられるが、技能は本では伝えられない。すぐれた先輩、師などに導かれてのことである。我流は、ほとんどの場合だめである。ひどさが増幅する。
 教科書をきちんと教える教師は、知的で楽しい。子どもは大喜びする。学力もつく。やる気も出てくる。ノートも素晴らしくなる。教科書をきちんと教える授業をする。これが教師の本道なのである。
(
向山洋一:1943年生まれ、元東京都公立小学校教師、教育技術法則化運動代表を務めてきた。教師を退職後、TOSSインターネットランドの運営に力を注いでいる)

|

« 生徒指導がうまくできるようになるポイントとは | トップページ | クラスづくりは教師と子どもとの心のつながりから始まる、そのポイントとは »

優れた授業とは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 授業の原則にそって授業の力を向上させるコツとは:

« 生徒指導がうまくできるようになるポイントとは | トップページ | クラスづくりは教師と子どもとの心のつながりから始まる、そのポイントとは »