« 一流の人間とはどのような人か、一流の人間を育てるためには、どうすればよいか | トップページ | 若い経験の少ない教師が荒れた学級を立て直すにはどのようにすればよいか »

進んで掃除をする子どもが少ないが、真剣に取り組む方法がある

 進んで真剣に掃除をする子どもは少ない。ところが、だれもが真剣に掃除に取り組むようになる方法がある。それは「掃除の後、自分の良かった点だけをノートに書かせ、点検、評価する」のだ。
 そのやり方は、まず、子どもたちが掃除をやっている様子を、「よりよい、拭き方・掃き方・運び方」の視点で観察する。このどれかに当てはまる子どもを見つけ、覚えておく。
 掃除が終わった後で、学級の子ども全員に「みんなの掃除の仕方を見ていたら、○○くんの拭き方と△△さんの掃き方がとても良かったです。もくもくとやっていた□□さんも立派です。拍手をしましょう」と言う。
 この時、指摘する内容は具体的であるほど効果がある。これで、望ましい掃除の仕方を再認識させることができる。
 次に、連絡帳を机に出させ、「今、みんなのいい所を探そうと思って見ていたのだけれど、もしかしたら、見落としてしまった人がいるかもしれません。そこで、これから、今の掃除の中で、自分の良かった所だけをノートに書いて先生に見せに来てください」と言って、持ってこさせる。書き終わってない子には、見たというサインをして、見終わったなら
「もう一度、掃除をやります。終わった後でまた、良かった所だけを書いてもらいます。では始め!」
 一回目とは全く違い、真剣そのものである。早く、きれいにできる。掃除の後で、前回と同じようにノートに書かせる。書けた子どもから、点検し、それをもとに、励ましたりほめたりする。「取りかかりが早かった」「机、椅子を10個以上運んだ」「早く掃けた」等、ノートには何重もの赤丸をつける。そして「がんばったね」と声をかけていく。全員のノートを見終わった後で、感想を述べる。
「今の掃除は百点です。君たち一人ひとりの中には、こんなにきちんと掃除ができるすごい力があることがわかって、とてもうれしいです。さて、明日は、いくついい所が増やせるか楽しみです」
 この後、一週間位、毎日掃除の後で良かったところだけをノートに書かせ、丸をつけ、励ましていく。
 掃除を真剣にやらないからと言って、叱ってばかりいても、いっこうに効果が上がらなくなってしまう。では、なぜこの方法がいいのか。
 どんな子どもでも、自分の良さをアピールしたいという欲求を持っている。自分の良かった点だけをノートに書かせ、評価する方法が有効なのは、この欲求に働きかけるからである。
(
得居不二三:千葉県船橋市立小学校教師)

|

« 一流の人間とはどのような人か、一流の人間を育てるためには、どうすればよいか | トップページ | 若い経験の少ない教師が荒れた学級を立て直すにはどのようにすればよいか »

学級づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 進んで掃除をする子どもが少ないが、真剣に取り組む方法がある:

« 一流の人間とはどのような人か、一流の人間を育てるためには、どうすればよいか | トップページ | 若い経験の少ない教師が荒れた学級を立て直すにはどのようにすればよいか »