« 思春期の子どもとのコミュニケーションはどのようにすればよいか | トップページ | 教室に「お笑い」を持ち込むと子どもは失敗を恐れなくなります、「なんか楽しい」という感覚が学びのベースになる »

笑顔は教師を変え、子どもを変える。教師が変わろうとするかしないかで教師の成長は大きく差が開いていく

 私が大切にしたいと考えていることは「教師自身が変わろうとする力」です。このことを「教師の笑顔」を例にとって考えてみます。
 教師を続けていると「いつも笑顔でいること」のむずかしさを痛感することがあります。正直に言えば、教師が毎日、笑顔でいるのはきつく、簡単なことではありません。決して笑顔で笑えないような状況に陥ることがあります。私が新任教師のころ、本当に仕事がつらく、辞めようかと思ったことが少なくありませんでした。
 「いつも笑顔でいること」を心がけるには、つらいことや苦しいことに対して意識して自分を変えていく必要があります。笑顔でいることができる状況にするということは、日常を変えるということにつながります。そのため「いつも笑顔でいること」ができるように、自分の生活を見直してみることはとても大切なことであり、それが教師として成長につながっていくと考えます。
 私は辞めようかと思ったときに、何がつらいか考えてみました。生活を一つひとつ見直していくうち、通勤時間が長いことに気がつきました。バス通勤でしたので、椅子に座ることができるバスに変えました。そこで読書をするようになりました。読書で私は様々な人に出会うことを通じて、私の表情は笑顔になり、今の私につながりました。
 私の話はちょっとしたことかもしれません。しかし、笑顔になるために毎日の生活を見直し、それを続けていくだけで実は大きな変化があります。
 少し笑ってみてください。子どもたちも笑顔の先生が好きです。子どもたちが自然と集まってくるはずです。笑顔がある日常にすることは、実は教師を変え、子どもを変える第一歩になるのです。
 変わろうとするかしないかで、教師としての成長は大きく差が開いていくのではないかと考えています。
(
長瀬拓也:1981年岐阜県生まれ、横浜市立・岐阜県公立小学校教師を経て岐阜県公立中学校教師。2004年に「第40回わたしの教育記録」で新採・新人賞を受賞。NPO法人「授業づくりネットワーク」理事、教育サークル「未来の扉」代表代行、『教師になるには』編集代表、クラス・マネジメント研究会代表)

|

« 思春期の子どもとのコミュニケーションはどのようにすればよいか | トップページ | 教室に「お笑い」を持ち込むと子どもは失敗を恐れなくなります、「なんか楽しい」という感覚が学びのベースになる »

教師の成長・研修」カテゴリの記事

教師の身体表現力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑顔は教師を変え、子どもを変える。教師が変わろうとするかしないかで教師の成長は大きく差が開いていく:

« 思春期の子どもとのコミュニケーションはどのようにすればよいか | トップページ | 教室に「お笑い」を持ち込むと子どもは失敗を恐れなくなります、「なんか楽しい」という感覚が学びのベースになる »