« 全国から一万人近い人々が参観した島小学校の授業とは | トップページ | 思春期の子どもとのコミュニケーションはどのようにすればよいか »

子どもが教えてくれたいじめの実態と解決策

 私はわが子をいじめ自殺から守れませんでした。私がいじめの問題に向き合うようになると、わが子の痛みを理解できるようになり、今の子どもたちが同じ苦しみを抱かえ生きているという現実を実感しました。
 いじめ対応は非常に難しいというのが私の実感ですが、わが子を守れなかった自分の失敗の理由を探し、見つけ、それを生かす手段を探すようになりました。
 私はわが子からいじめを訴えられたとき「つらいけどその経験があなたを成長させるはず」と、今でこそわかるのですが、とんでもない的外れの励ましでした。いじめが発覚したら何をしたらよいのか、どういう方法があるのか、その知識を持ちあわせていなかったのです。
 いじめを解決しようとするとき、まず、いじめの事実確認を行なわなければなりません。
 いじめられている子はいじめられている事実を否定します。そのため「ちょっと聞いたんだけど大丈夫?」と尋ねることが非常に有効になります。
 子どもが「大丈夫です」と答えた場合は、いじめがあるか、何かあるということを意味します。というのは、子ども自身に心当たりが何もなければ「何のこと?」と聞き返してくるはずです。
 いじめ相談や告白をする子の多くは「大したことではない」と前置きしてから、話し始めます。これがいじめを受けている子の特徴です。つらく苦しい現実を「これはいじめではないんだ」と思い込むことで自分自身の心のバランスを保っているのです。
 親になぜ相談できなかったか子どもたちに聞くと「親に心配をかけたくない」「みじめな姿を親に見せられない」「相談してもどうせ解決できない」「親に相談したらもっと問題が大きくなるかも」「親が先生にいうかもしれない」と答えています。
 教師への相談は親への相談よりハードルが高いと感じる子どもが多い。
 いじめている子も、認めることはありません。いじめている子は、相手が嫌がるからこそやっているのです。いじめている子は自分が被害者になる不安をふっしょくするために、自分の立場の安定を図っているのです。
 私が学校で講演している時に、寝た振りをしたり、しゃべったりして講演を妨害しようとする子はいじめている子です。自分の行為がわかっているからこそ、その場にいることが嫌になるのです。
 周りの子も、「教師にチクッた」と思われたくないので否定することがあります。友だちを助けるということは、子ども社会では、次のいじめのターゲットになります。自分の身を守るためとはいえ、傍観者の子もつらい気持ちで過ごしています。
 でも実は、クラスの中で起きていることは、子どもたちは早い段階から知っているのです。ですから、周囲にいる子どもたちから、出所を明かさないと約束して事実を確認すると、意外な事実がわかるのです。
 子どもからいじめを相談されたとき、ささいな問題でも、よく耳を傾け、「そうなんだ」と復唱して、その思いを受け容れ「つらかったね」とその痛みに寄り添ってください。そして、早期に対応することです。いじめは命にかかわる問題なのです。子どもからSOSサインがあった時点で、その子は精神的にギリギリの状態まで追いつめられている可能性が高いのです。
 いじめている子どもは、実は心の痛みや不安を抱えていることが多いのです。自分のことを心配してくれ、愛される実感を欲しているのかもしれません。人は愛されてこそ人を愛することができるのだと思います。ですから、周りの多くの人たちからの愛情がより必要なのです。
 学校で講演するとき、教師に「いじめている子がいたら『どうしたの? 何かつらいことない? 聴くことしかできないかも知れないけれど、いつでも待っているよ』と、思いきり優しく関わってあげてください」と言います。本来、その子が持っている優しさを引き出す術を、私たち大人が見出さなければならないのです。
(
小森美登里:1957年神奈川県生まれ、1998年高校1年の娘をいじめ自殺で失う。2003年いじめ・暴力のない社会づくりのための「ジェントルハートプロジェクト」を設立し理事。いじめアドバイザーとして全国で講演)

|

« 全国から一万人近い人々が参観した島小学校の授業とは | トップページ | 思春期の子どもとのコミュニケーションはどのようにすればよいか »

いじめの指導」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173207/63020981

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもが教えてくれたいじめの実態と解決策:

« 全国から一万人近い人々が参観した島小学校の授業とは | トップページ | 思春期の子どもとのコミュニケーションはどのようにすればよいか »