« 教師と保護者のトラブル問題の現状と今後はどのようになっていくか | トップページ | 教師に求められている専門的な力とは何か »

学級が荒れないよう教師が子どもを統率し動かすには、どのようにすれよいか

 子どもを統率して動かすには、教師の気持ちを子どもたちの心に感応させることである。
 教師として絶対必要な心構えがある。子どもをまるごと「受け入れ、包み込める」ということである。「先生なんか大嫌いだ」と憎たらしく言う子をも、受入れ、包み込まなければならない。教師が内心「嫌だ」と思っていることは子どもにも伝わるのである。クラスで最も勉強のできない、人に嫌われている子が教師のひざの上に来るような教師なら、子どもを大切にしていると言える。このことは簡単ではない。どうしても通過しなければならない教師の心の革命を必要とする。
 これが教師という仕事の宿命なのである。子どもたちすべてを受け入れ包み込み、そしてさらに、子どもの可能性を伸ばそうという教師の努力が重なったとき、子どもは別の表情を見せる。
 教師は情熱を持っていなければならない。また当然のことだが、責任感ぬきには統率はあり得ない。「読み・書き・算をしっかり教える」「一人ひとりの子どもの可能性を伸ばす」「いじめや差別を許さない」ことの責任感である。
 以上のことをやるために、教師自身が責任感を持って研究し、謙虚に頑固に学ぶとき、子どもたちもついてくるのである。
 統率するために、やらなければならない三つの段階がある。
1 共通の目標をつくる
 どのようなクラスをつくるのか、共通の目標をつくらねばならない。たとえば「楽しいクラス」を共通の目標にしたとしよう。具体的に、どのようなことなのか、映像としてとらえられるまでに具体化しなければならない。教師はそのための指揮官なのである。
2 目標を達成するしくみをつくる
 楽しいクラスを目標とするクラスでは「集会係」「イベント係」などが大活躍することになるだろう。もちろん授業も楽しいものにする必要がある。「追究するクラス」をつくるためには、たとえぱ「研究グループ」がいくつもつくられるだろう。「思いつき」を発表する掲示コーナーもつくられるだろう。
 授業中、「追求」のために、席を立って友だちと相談したり、辞書で調べることがあってもいいはずだ。「授業中、席を立たない」ということは、一つの大切なルールではあるが、そのルールは人を生かすものでなくてはならない。「追求するクラス」の子どもたちは、「授業中、立って調べたり、相談する」ことは、自由である方がいい。
 この「しくみ」は創意を生かして、さまざまな形でつくることが大切である。チェックするしくみも必要だろうし、達成度を喜びあうシステムも必要だろう。
3 子ども集団を動かす
 実際に子どもを動かすことが必要になる。教師はガキ大将の如き能力が必要なのである。「うちのクラスの子は、何もやらない」となげく教師がいる。何のことはない、教師が子どもを動かせないだけなのだ。
 子どもを動かす原理で、最も大切なことは「ほめる」ことである。どれほど小さな努力でも見逃さずに、ほめることである。ほめて、ほめまくるのである。「努力」を認められ、ほめられる時は、人は動くのである。
 教師が子ども集団を動かすには、つぎの三原則がある。
(1)
やることを示せ
 目標は具体的であった方がいい。しぼり込み、全員の子どものものにする。
(2)
やり方を決めろ
 何を誰がやるのかを明確にさせる。子どもに言って聞かせ、教師がやって見せる。それでもやり方がわからないときは、叱らずに、もう一度「言って聞かせ」「やってみる」のである。
(3)
最後までやり通せ
 やる方法を明確にした後は、最後までやり通すことが必要になる。リーダーである教師が最後までやり通す意志を持続しなくてはならない。最後までやり通すためには、時々進行状況を確かめる。前進した仕事をとりあげほめる。偶発した問題を即座に処理する。
 前進したことをほめることによって、何をやっていいのか、どのようにやるのかがはっきりして、全体の動きがダイナミックになるのである。偶発の問題を長びかすと、クラスの中にひびが生じる。即座に処理すべきだ。
 子どもを動かす法則は「最後の行動まで示してから、子どもを動かせ」これに尽きる。何をするのか端的に説明する。どれだけやるのか具体的に示す。終わったら何をするのか指示する。質問は一通り説明してから受けよ。個別の場面を取りあげほめよ。
 たとえば、校庭に出て石を拾うとする。教師は端的に「これから校庭の石を拾います。石はこのバケツに入れます」これだけで良い。次にどれだけやるかの目安を示す。たとえば「5分間だけ拾います。5分たったら笛をふきます」「終わったら、今の場所に集まってすわって待ってます」
 ここまで説明してから質問を受ける。一度説明したことを二度言わなくてよい。「前に説明しました」と、きっぱり言えばよい。
 さて、こうしてから子どもに石拾いをさせる。終わったら子どもたちが集まってくる。やらせっぱなしはいけない。まじめに仕事をした、授業では目立たない子どもをほめる。まず、ほめることだ。子どものいいところをさがしてやることだ。こうすると、学級全体の子どもが変わっていく。さぼっていた子も、さぼらなくなる。
 そうなってきて、なお、さぼる子がいるなら叱ればよい。ところが、教師はしばしばこれを逆にする。悪い子を叱るだけで、良い子をほめないのだ。子どもを評価するとは、まず、良いところを見てあげることだ。それをほめることだ。
 ほめてほめまくるくらい、良いところを見ていてやることだ。それから悪いところを叱ればいい。良いところを見つけてくれる教師の言うことなら、子どもは心から従うのである。
(
向山洋一:1943年生まれ、元東京都公立小学校教師、教育技術法則化運動代表を務めてきた。教師を退職後、TOSSインターネットランドの運営に力を注いでいる)

|

« 教師と保護者のトラブル問題の現状と今後はどのようになっていくか | トップページ | 教師に求められている専門的な力とは何か »

学級の荒れ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173207/63669580

この記事へのトラックバック一覧です: 学級が荒れないよう教師が子どもを統率し動かすには、どのようにすれよいか:

« 教師と保護者のトラブル問題の現状と今後はどのようになっていくか | トップページ | 教師に求められている専門的な力とは何か »