« 中学生をやる気にさせるコツとは | トップページ | 荒れた学級を子どもたちと一緒にクラスづくりをして感動的な卒業式を迎えることができた »

次々と無理な要求をする親がいるとき、どう対応すればよいか

 無理な要求を次々にしてくる親がいます。たとえば、要求を断ると口ぎたなくののしり、一日に何回も電話をかけてくる。校長宅や教育委員会にも虚偽に満ちた電話する。大勢の人をかき乱す。このような場合、保護者のパーソナリティ障害といった心の問題が推測されます。
 もちろん素人では判断できないので、対応策の助言を得るため、きちんと記録をとり、主だったエピソードをまとめて専門家に相談します。同時に、子どもへの親の影響が懸念されますので、子どもを支援する体制を組む必要があります。
 また、様々な関係機関を巻き込むことが予想されますので、関係者が集まり、情報交換や対応方法を協議するようにします。
 パーソナリティ障害は、大多数の人とは違う反応や行動をすることで、本人が苦しんでいたり、周りが困っていると診断される精神疾患です。認知(ものの捉え方や考え方)や感情、衝動コントロール、対人関係といった広い範囲のパーソナリティ機能の偏りから障害(問題)が生じるものです。
 認知、感情、衝動コントロール、対人関係といったパーソナリティ機能の広い領域に障害が及んでいます。注意したいのは、「性格が悪いこと」を意味するものではないということです。治療を進めるためには、患者と治療スタッフとが協力して問題を認識し、対策を検討するという作業が重要です。
パーソナリティ障害には、つぎのようなものがあります。
1 奇妙で風変わりなタイプ
(1)妄想性:他の人の言動を疑う。侮辱を感じると恨みを抱き続ける。攻撃を受けていると感じると逆襲する。
(2)
統合失調質:非社交的で他者への関心が乏しい
(3)
統合失調型:親密な関係がもてず、認知的なゆがみや奇妙な言動が目立つ。
感情的で移り気なタイプ
(1)境界性:気分の波が激しく不安定で、良い・悪いなどを両極端に判定する。
(2)
自己愛性:プライドが高く、他人の批判や無関心には屈辱感を感じる。
(3)
反社会性:衝動性・攻撃性が強い。規範意識が低い。良心の呵責が欠如。
(4)
演技性:他者の注目を集める派手な外見や演技的行動
不安で内向的であることが特徴
(1)依存性:他者に過度に依存し、認められないことを恐れる。孤独に耐えられない
(2)
強迫性:こだわりが強く融通がきかない。ひとつのことにのめりこむ。
(3)
回避性:対人関係を避ける。ささいなことで嫌われていると思い悩む。
 パーソナリティ障害が疑われる親と対応するときは、どのように対応すればよいのでしょうか。
 基本姿勢は、だめなことは「ダメ」とはっきり言う。話に耳を傾けながらも、身の上話に同情しない。突拍子もない言動に直面しても決して慌てない。不安定な心を受けとめ、努力を認め、励ますようにします。
(
嶋﨑政男:1951年生まれ、東京都立中学校教師・教育研究所指導主事・中学校長等を経て神田外語大学教授)

|

« 中学生をやる気にさせるコツとは | トップページ | 荒れた学級を子どもたちと一緒にクラスづくりをして感動的な卒業式を迎えることができた »

保護者にどう対応するか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173207/63683499

この記事へのトラックバック一覧です: 次々と無理な要求をする親がいるとき、どう対応すればよいか:

« 中学生をやる気にさせるコツとは | トップページ | 荒れた学級を子どもたちと一緒にクラスづくりをして感動的な卒業式を迎えることができた »