« 毎朝、唄を歌うのは本当におすすめです、心がすこしほっこりします | トップページ | 教師として、誰もが心得ておくべき基本的なこととは何か »

「1%」生き方を変えるだけで、個人も社会も幸福になる

 どんな人にも変われる可能性があるのです。生き方を変え、「1%だけ」誰かのために生きてみてください。1%だと肩の力が入らないですみます。「まず1%」と思うと、心や体が動かしやすく、やり抜くことができます。
 人生がおもしろくなり、生きるのがラクになります。1%は小さいけれど、とてつもない力を持っています。みんなが「1%」生き方を変えるだけで、みんなが生きやすくなっていく。個人も社会も幸福に近づきます。
 今、時代は確実に悪い方向に動いてきている。陰惨な事件が頻発している。とんでもないことに、多くの加害者が自分は被害者だと思っている。みんな自分のことしか考えられなくなっている。
 事件にはならないけど、生活の周りで嫌なことがいっぱいおきている。すべて自分、自分、自分のことしか考えない。こんな時、1%でもいいから、相手の身になってみることが大切だと思います。誰かのためという一人ひとりの思いには、優しくする力がある。それに触れた人たちや社会や地域を変える力があります。
 人生は思い通りにならない時があります。人間はひとりでは生きていけない弱い動物です。人はみな愛に飢えています。だから、自分の悲しみは横に置いて、誰かのために何かをしてあげ、「あなたに感謝します」と言ってもらえると、悲しみは癒されます。
 人は自分のために生きてよいが、その上に1%、誰かのために生きると、思いやりホルモンが分泌され、幸せで健康で長生きができることがわかってきました。誰かのために生きると体にいいのです。1%でも相手の身になってみると、職場・家庭・地域の空気も、変わります。
 私は「1%は誰かのために」と思って生きてきました。
 私が院長を引き受けた時、赤字が2期続いていました。やったことはたった2つ。朝早く病院の玄関に出て、患者さんを迎え「おはようございます」と挨拶をしました。私を含めた幹部の手当を1%カットしました。
 これで院内の空気も、地域の人々の見方もいっきに変わり、赤字もすべて解消しました。1%がミソです。1%なら出来るような気にしてくれます。この感覚が大事なのです。
 私は健康づくり運動を40年間やってきました。「1%だけ生活習慣を変えてみませんか」と住民の人たちに訴えました。身につけた生活習慣を変えるのは大変です。でも1%なら変われると住民は思えたのでしょう。1%で地域が大きく変わりました。長野県が日本一長寿になりました。
 1%というのは不思議な数字です。実は無限大の力を持っている可能性があるということです。人生も1%で変わり始めることに気がつきました。
 みんなが1%、生き方を変えれば、私たちの社会も変わっていく。1%には不思議な力があります。誰かのための1%が社会を変えるのです。その1%が回り回って自分に力を与えてくれているように思います。
 人間は弱い生き物だけど、実は強いのです。一人の人間の中に強さと弱さが共存しています。人間の関係の中で人は強くもなり、弱くもなる。弱い人間が強く生きるためには、人間の関係を少し変えればいいのです。
 自分の中にある「強い自分」に気づいて、いい刺激を与えることが大切です。0でない限り1%でも、そこをきっかけに良い展開が始まることがあります。
 その大事な「強い自分」を動かすためには、良い人間の関係が必要なのです。1%は無限の可能性を持っているのです。
(
鎌田 實:1948年東京都生まれ、長野県諏訪中央病院名誉院長。院長となり潰れかけていた病院を再生させた。「健康づくり運動」を実践し長野県が長寿日本一となる。日本・チェルノブイリ連帯基金(JCF)理事長、日本・イラク・メディカルネット代表)

|

« 毎朝、唄を歌うのは本当におすすめです、心がすこしほっこりします | トップページ | 教師として、誰もが心得ておくべき基本的なこととは何か »

人間の生きかた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「1%」生き方を変えるだけで、個人も社会も幸福になる:

« 毎朝、唄を歌うのは本当におすすめです、心がすこしほっこりします | トップページ | 教師として、誰もが心得ておくべき基本的なこととは何か »