« 教師の学びの焦点を学級づくりから授業に戻すべきだ | トップページ | 学級崩壊になるのを防ぐにはどうすればよいか、もし崩壊したときどう対応するか »

プロ教師としてもとめられているものは何か

 「今の教師は使命感がない」と指摘されることも多い。親にとっては自分の子どもはかけがえのないものである。使命感のポイントの一つは、子どもの生命を預かっているという姿勢が教師にあるのか、ということである。
 子どもの心を傷つける教師の言葉は子どもの生命を預かるという厳粛さを忘れた結果である。そういう点から使命感が欠如していると言われるのだと思う。教師の仕事は大切な子どもの生命を預かっているという謙虚さが必要なのではないだろうか。
 また、指導力も意識の面で欠如していると言われている。これは子どものハートをつかんで指導しているかどうかがキーポイントだと思う。「三分間でクラスの全員の子が跳び箱を跳べるようにします」という技術面、あるいは教科に関する知識が博学である教師は、それはそれで大切な力量だと思う。
 しかし、実践的指導力のキーポイントは、子どもの心をつかんでいるかどうかだと思うのである。換言すれば、子どもと教師が信頼関係で結ばれているかどうか、という点である。この点が欠ければ、指導はすべて空回りしてしまう。
 授業が上手だから、授業が楽しいからあの先生は信頼できる、と技術や知識とも重なる部分も大きいが、日頃の子どもの全生活を受けとめる、という点では、技術の問題ではなくハートの問題だと思う。日頃の子どもの全生活を受けとめるためには、技術だけでは難しい。最近の学校現場では、やんちゃで問題行動を行う子どもの気持ちを汲んでやれなくなっていないだろうか、
 やんちゃな子の気持ちを理解する、あるいは体の弱い子や障がいのある子どもと心からつながった触れ合いができる、しんどい家庭環境、低学力など恵まれていない子どもたちの心を十分に理解する力を持つ教師が求められている。
 こういった使命感や実践的指導力を教師が身につけるためには、どうしたら良いだろうか。どちらも感覚的に少しずつ身につくものである。頭ではなく、皮膚、体を通じて学ぶものである。そのためには、もっと子どもと遊んだり、家庭訪問をしたりして、子どもや親の実態から学ぶ必要がある。
 例えば使命感について言えば、勉強ができない子には、その子の家庭訪問をして、子どもが育った環境を見、親の気持ちや、その子の生い立ちを聞いたり、語り合うことによって、ふだんうとましく感じていた子でも、生活の背景や親の話を聞くうちに、いとおしい子に変わってくる。
 「何とかしてあげないといけない」という気持ちに変わってくるのである。子どもと直接触れ合って、教師自身が今まで知らなかった部分を知ることによって、使命感は身につくのではないだろうか。
 実践的指導力も、やはり同じである。子どもから学び、実践に生かしていく姿勢がないといけない。私は極論すれば、教師は子どもだけに一生懸命になっていれば良いと思う。
 校長や親に気に入れられようとする必要はない。自分の預かった子どもをしっかりと指導する。子どものことは何でも理解できる、ということが大切である。そのためには子どもから学ぶ必要がある。
 子どもが家に帰って「あの先生の授業はよく分かる、あの先生はよく遊んでくれる」と言う家庭からは学校へのクレームは一切こない。子どもに向き合うことで、使命感も高まるし、実践力もついてくるのではないだろうか。
(
野口克海:1942年生まれ、大阪府公立中学校教師、大阪府教育委員会副理事、堺市教育長、園田学園女子大学教授、大阪教育大学監事を経て子ども教育広場代表)

|

« 教師の学びの焦点を学級づくりから授業に戻すべきだ | トップページ | 学級崩壊になるのを防ぐにはどうすればよいか、もし崩壊したときどう対応するか »

教師と子どもの関係づくり」カテゴリの記事

子どもから学ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ教師としてもとめられているものは何か:

« 教師の学びの焦点を学級づくりから授業に戻すべきだ | トップページ | 学級崩壊になるのを防ぐにはどうすればよいか、もし崩壊したときどう対応するか »