« 教師が保護者と話すときの心得と、個人面談や保護者会で批判や反発されたときどのようにすればよいか | トップページ | こじれさせないような保護者との関係づくりとは »

学級経営の急所とは何か、すぐれた教師と、ひどい教師とはどう違うのか

 すぐれた教師は子どもの力を伸ばす方法を知っている。欠点を直すのではなく、良いところを伸ばそうとする。
 人間とは不思議なもので「良いところ」を認められ、ほめられると、さらに努力する。心地よいものだから努力してしまう。良いところは、ほめられるとどんどん伸びていくのである。そして「良いところが伸びた結果」として、それまでの「欠点」も、少しずつなくなっていく。
 ところが、反対に「欠点を直すように言われる」と、気力が減じてしまう。欠点を言われるのは、いやなものである。努力をしてみたところで、せいぜい人並みになるだけである。欠点を言う教師を憎みさえする。せっかく「子どものため」と思って、教師が努力しているのに、逆の結果になってしまうことが多い。
 教師自身のことにしたって同じである。自分のクラスをすばらしいクラスにするのに一番いいのは、自分の得意な分野をまずやっていくことである。「良いもの」をとりあげると「良い結果」が出てくるようになる。また、他人がやってよかったことを試してみて、自分にとってよかったら、どんどんやっていくことである。
 私は将棋が好きだ。だから、クラスに将棋をとり入れてきたし、クラブも作ってきた。好きなことは苦にならない。また、私は小学生の時から百人一首をやってきた。したがって、百人一首もとり入れてきた。子どもに覚えさせ、競技もやってきた。
 「五色百人一首」は、一試合が三分でできる。すき間時間にできる。「テープ」に「読み方」を入れておけば、子どもだけで熱中する。しかも、百人一首を覚え、親・子どもからも感謝される。「みんながやってよかった」ものは、とりあげていくことが大切なのである。
 すぐれた教師と、ひどい教師の差とはなんだろうか。
 すぐれた教師は、教育の結果が悪い場合は、自分自身にほこ先を向ける。自分がいたらなかったからだと思い、自分の技量が未熟だったからだと思う。有田・野口両先生がそうである。そして、すぐれた結果に対しては、それを子どもの功にするか、だまって笑っている。
 ひどい教師はまるで逆である。子どものひどい姿に接すると、それを子どものせいにする。あるいは家庭のせいにする。ひどい教師に習えば、子どもは三日で反発し、ひねくれていく。それを前の担任のせいにする。
 荒れている中学校、そこに勤める多くの教師に共通するのは、その責任を家庭のせいにして、小学校の責任にする。駄目な中学の教師は、自分のひどい授業を棚にあげて「非行の芽は小学校にあった」などという。中学生から信望のある中学校の教師はいくらもいるが、そういう教師は決して責任を他に転嫁しない。
 学級経営の急所は「人間である教師が人間である子どもと、どのような絆をつくっていくか」ということなのである。
 人間と人間との絆をつくるのだから、相手を人間として認めるということが出発点となる。
 教師は「ぼくは先生なんか大嫌いだ」と憎らしく言う子どもをも、受け入れ包み込まなければならない。教師はいかなる状態のいかなる考え方の子も、丸ごとすべて暖かく包み込める心構えが必要である。内心嫌だと思っていることは相手にも伝わるのである。簡単ではないが、心の革命を必要とする。
 相手の人格を認めるなら、子どもを「君、さん」とつけ、よびすてにしないことである。人間の絆はこうしたところからつくられていく。
 絆をつくるのだから「会話」が必要になる。ニッコリ笑って「面白いマンガ教えて」ぐらいの会話ができればいい。むろん全員の子とするのである。ニッコリ笑って、子どもに話しかける。これだけで教室は明るくなっていく。
 子ども同士の関係も目配りが大切である。休み時間に誰と遊んでいたかを聞いていくと、一人ぼっちで残る子が出てくる。一人ぼっちの子は、教師が何とかしなければいけないのである。
 子ども同士の間にある「差別」を許さないことも大切だ。弱い子どもを陰険にいじめる子どもがいるものである。断じて許してはならない。教師が見のがしてはならないのである。見のがしていたら、学級づくりは失敗する。
 学級は、いっぱい人間が集まった集団である。人間と人間のつきあいの場、生きていく場なのである。だから、教師は「あたたかく」「公平」「誠実」「明るく」なければならない。あたたかく、公平で、誠実で、明るい人が中心になっている集団なら、うまくいくに決まっている。
 逆に、つめたかったり、不公平であったり、ごまかしたり、暗かったりする人が、集団の中心になっていたら「学校に行くのもいや」ということになるのである。学級の性格は、実は教師の個性の照り返しである。
 成功体験を子どもたちに与えることが大切である。
 子どもたちが授業で「成功体験」を実感することによって「勉強への意欲」をもつばかりではない「生きていく力」も獲得するのである。「どの子にも成功体験を与える」こと、「どの子もできるようにさせる」ことをぬきに、人権を語ることはできない。
 自分のクラスの一人ひとりの子どもに「成功体験を味わわせる授業」を「意図的・計画的」に組み立ててきただろうか? この責任は教師が負うべきなのだ。
 教師は子ども集団を統率できる統率力がなければならない。統率者は情熱と責任観を持ち、学ぶ者でなければ人のうえに立つことはできない。教師が謙虚に学ぶとき、子どもも、ついてくるのである。
 統率のためには、クラス全員が共有できる目標をつくらなければならない。まず教師がはっきりと心に描くことだ。それを、クラス全員のものにしなくてはならない。目標を映像としてとらえられるまで具体化する。
 目標を達成するための仕組みをつくらなければならない。楽しいクラスを目標とするクラスでは「集会係」「イベント係」などが大活躍することになるだろう。授業も、むろん楽しいものにする必要がある。
 そして、実際に子どもを動かすことが必要になる。教師はガキ大将のごとき能力が必要なのである。子どもを動かす原理はいくつかあるが、最も大切なことは「ほめる」ことである。ほめて、ほめて、ほめまくるのである。「努力」を認められ、ほめられるとき、人は動くのである。
(
向山洋一:1943年生まれ、元東京都公立小学校教師、教育技術法則化運動代表を務めてきた。教師を退職後、TOSSインターネットランドの運営に力を注いでいる)

|

« 教師が保護者と話すときの心得と、個人面談や保護者会で批判や反発されたときどのようにすればよいか | トップページ | こじれさせないような保護者との関係づくりとは »

教師に必要とされる能力」カテゴリの記事

学級の組織と活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学級経営の急所とは何か、すぐれた教師と、ひどい教師とはどう違うのか:

« 教師が保護者と話すときの心得と、個人面談や保護者会で批判や反発されたときどのようにすればよいか | トップページ | こじれさせないような保護者との関係づくりとは »