« クレームを適切に対処するには、クレーマーの特徴をよく知っておくことが大切である | トップページ | 保護者との関係づくりは「日常生活のちょっとした配慮」でつくる »

子どもの「けんか」の処理はどのようにすればよいか

 子どもの「けんか」は、毎日のように発生する。しかし「けんか」の処理は、けっこうむずかしいところがある。子どもの「けんか」から大人の「けんか」にまでなってしまうことがある。
 私は、けんかの処理はけっこう上手だと思う。ほとんどの場合、子どもは納得する。二十数年間、教師をやってきて、後をひいたのは一件だけである。
 子どもがけんかをした場合、まず、両者から事情を聞く。原則として、聞くのは一度だけである。ぐじゅぐじゅっと聞いているとトラブル可能性が大きい。けんかをした二人は、自分が正しいと思っている。「自分の正当性」を述べ「相手の非」をせめる。話を延々と聞いていては、こじれるばかりである。
 だから、聞くのは一度だけでいい。きちんと話させる。相手が途中でさいぎらないようにする。二人から聞いて、よくわからないときは、教師が質問する。「どちらが先に手を出したのか」などという、ポイントだけを質問する。
 時には、見ていた子どもたちに確かめるときもある。
 聞いたうえで裁定する。これは昔から決まっている。「けんか両成敗である。」しかし、5050の両成敗もあれば、7525の両成敗もある。
 例えば、7525の両成敗の場合である。私は話を聞いた後「よくわかりました。しかし、けんかは両成敗です。二人とも手を出しなさい」そして二人の手をピシャリとたたく。「ただ、最初に手を出したのはAが悪い。その点は、あやまりなさい!」こうすると、子どもは「ごめんなさい」と素直にあやまる。
 あやまらせるのを最初にすることもある。しかし、けんか両成敗は、必ずやる。
  例えば、やんちゃな子が、弱い女の子を泣かせたとき、955ぐらいで男の子が悪い。それでも、あやまらせた後「けんか両成敗」をする。これは、やられた女の子のためである。「あやまらせる」だけだと、男の子の胸にしこりが残ることがある。別の時に、その女の子を、もっと強くいじめることもある。教師のせいで、よけいいじめられるのである。
 しかし「けんか両成敗」で終わると、そんなことはない。しこりが残らないのである。けんかのとき、正義の味方で、片方をさばくだけが教師の仕事ではない。やられた子が、後々やられないようにしてやることも大切なのだ。
 「けんか両成敗」は昔から伝えられた言葉だが、けだし名言である。というわけで「けんか」一つおさめるにも、けっこう人間社会の裏文化が大切なのである。学級経営には、学級をきちんと組織して運営していく表文化と、かなりの影響を与える裏文化も大切である。
(
向山洋一:1943年生まれ、元東京都公立小学校教師、教育技術法則化運動代表を務めてきた。教師を退職後、TOSSインターネットランドの運営に力を注いでいる)

|

« クレームを適切に対処するには、クレーマーの特徴をよく知っておくことが大切である | トップページ | 保護者との関係づくりは「日常生活のちょっとした配慮」でつくる »

子どもの指導の方法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの「けんか」の処理はどのようにすればよいか:

« クレームを適切に対処するには、クレーマーの特徴をよく知っておくことが大切である | トップページ | 保護者との関係づくりは「日常生活のちょっとした配慮」でつくる »