« 学級の荒れを防ぎ、子どもたちが教師の話を聞くようになるにはどうすればよいか | トップページ | 授業で教師と子どもの関係づくりをどうすればできるか »

基礎学力をつけると子どもが落ち着き問題行動も減る、基礎学力づくりを実践した学校の方法とは

 兵庫県の山口小学校()の実践はNHKの番組で全国に伝えられると、大きな反響がありました。読み書き計算の徹底反復の実践だけをやっていたわけではありません。基礎学力を生かして、仲間づくりや体づくり、生活習慣づくりなどと組み合わせながら、全人格的な発達をめざして実践しました。
 「学校で学ぶことが楽しい」と思える学校をめざしました。子どもたちには笑顔があります。学校と家庭が協力しあった生活習慣づくりで基礎学力が育てられてきたのです。
 子どもたちに基礎学力がないと、課題をお互いに発表しても理解できないのです。それで私たちは基礎学力が大事だということを感じるようになりました。実践が進み子どもたちに基礎学力がついてくると、子どもたちは落ち着いてきました。問題行動で教師が悩まされることはありません。しっかり学習させているにもかかわらず、八割の子どもたちは学校が楽しいと答えています。保護者も95%が山口小学校に満足していると答えています。また卒業生の中から難関と言われる国公立大学に続々と合格したのです。
 読み書き計算の学習は、子どもにとってしんどいものです。しかし、友だちが励まし合う学校では、一緒に学んでいるという共同意識に支えられ、つらいハードルも乗り越えられます。苦しい学習も喜びに変っていきます。そして成長が自覚されることによって自信もわいてきます。競争がゲーム、楽しさとなり、真のライバルは昨日までの自分なのです。
 すべての教科の学習には、必ず読み書き計算の能力が必要となります。つきつめると言葉と数です。豊富な言語と、数の処理が速く正確であることが学力の土台なのです。学習能力は、見聞きすることを理解する能力です。体得すると、授業がわかって面白くなります。だから、学習能力が伸びてくると、子どもも教師も授業が楽しくなってくるのです。そうすると子どもたちの学習能力が加速度的に高まっていきます。
山口小学校の実践を紹介すると
1音読・暗唱
 音読でつまずいているようだと、満足な読解はできません。育てるには毎日の音読練習が有効です。音読が上手になるコツは、少しずつ全員の音読を毎日聞いてあげることです。3行ほど読ませ、よくなるポイントを助言することが大切です。
 国語の表現読みなどの音読をさせるとき、効率よく上達させるには、教師が手本を示すことです。もうひとつ重要なのは、評価をきちんとすることです。私の場合は5段階評価を行って、何をどうがんばればいいかを確実に伝えるようにしました。音読カードを用意し宿題に出します。
 同じ文章を一か月くらい音読させると子どもたちは暗唱してしまいます。小学生は格別の記憶力がある時期です。言語の学習には暗唱が最も効果的です。
 どんな教科も音読させることが重要です。社会や理科、算数などでも音読させ、すらすら読めるようにすることが大切です。算数の文章題などを理解するためには、論理的な思考が必要となります。私たち大人が社会で読むのは論理的な思考を必要とする説明文が多いのです。そのためには、読みこなす力をつけておかなければなりません。
 読むということは認識そのものですから、とにかくたくさん読ませることが認識訓練になります。
2 読書指導
 読書指導は、朝の10分間読書と「お話を聞く会」があります。頭の新鮮な朝に、短時間集中的に読書をするのは効果があります。
 「お話を聞く会」は全校一斉の読み聞かせの会で、学期に一回です。あらかじめ教師は読み聞かせする本を決めます。子どもたちは聞きたい本を選びます。その人気の度合いに応じて大小の部屋が決められます。本番の時、子どもたちは聞きたい本の部屋に行って、どの先生が本を読むか初めて知ります。
 ふだん触れ合わない先生が読み聞かせしてくれたり、いろいろな学年の子が集まるのでいっそう楽しくなります。いろいろな人間とふれあうことによって、子どもたちが閉塞感を持たないようにし、学校の中の空気を循環させることは非常に大切だと考えます。
3 読解指導
 読解の指導は「一人調べ」と、その読解を比べ合わせる「全体学習」の二段階に分かれます。読解力は一人調べと発表をくり返せば深まります。
 「一人調べ」は、物語の登場人物の心情を表すことばなどを見つけて、自分なりの解釈を書く学習です。それぞれの段階でつまずいている子の指導ができます。そのやり方はほかの教科へも応用できます。将来、世の中を理解していくためにも確実に役立ちます。
 私は子どもたちに「ノートを見てごらん。ノートに書かれていることが、キミの頭の中だよ」と、よく言います。ことばなどを映像的にとらえて頭の中に整理されれば、理解はより深く正確になるものです。
 理解した内容のなかで、何か必要で何が必要でないかを考えて、一つの中心的なことを軸に関連づけて、再構築していけば、わりに簡単に頭の中が整理できます。
 「全体学習」は、子どもたちに読解の内容を発表してもらい、確かな読解や多様な読解ができるようにします。人の発表を聞く構えが子どもたちにないと話しにくいし、発表がへたな場合、聞きにくいものです。聞く・話す技術が必要になります。朝の会のスピーチや発表活動などを多く作って、意識的に訓練する必要があるでしょう。
4 書く力を育てる
 今の子どもたちは、漢字を書くことを極端に苦手にしています。ですから、書きながら覚える「読み書き同時習得」が重要になります。漢字は読み書き同時習得で、初めて学力になります。
 熟語は一見するだけで、その意味を理解することができます。山口小学校では、熟語から漢字の意味を知るというやり方のほうが、子どもたちにとって理解しやすいということがわかったのです。それで、新出漢字の復習のときは、熟語をすべてピックアップして、連想ゲーム式に覚えます。加速度的に漢字を覚えることができます。
 方法プリントの左に新出漢字、中に熟語の読み、右に熟語を書きます。漢和辞典を引き、熟語の意味を確かめます。書けなかった熟語は、次の日練習させます。最初は学校で指導し、慣れれば宿題にします。1日に10程度の漢字の熟語を2日で覚えることができるようになってきます。
 漢字は要素ごとに分け、まとめて覚えると覚えやすくなります。
漢字の習得率を上げるため、
(1)
毎日必ず漢字の練習時間を作り、間違いの多かった漢字ばかりをプリントにまとめて、全部習得できるまで指導する。
(2)
新出漢字の学習は教科書の進度とは別に指導する。短期間に覚え、復習に時間をとり、11月中に終了する。
(3)
三学期は漢字学習の復習期間とする。
(4)
年度末に、全校一斉に「漢字力試し」(各学年熟語20)を実施し、習得率の確認をすると同時に、次年度の指導の参考とする。
(5)
習得率の悪い漢字をピックアップすることで、効率的な習得率の向上を図る。
5 計算力
 計算力は算数のかなめです。計算力の土台は、一桁のたし算、ひき算、かけ算です。分数や少数、わり算は、それらの組み合わせでしかありません。土台をしっかり築くと以降の学習のつまずきを防ぐことができます。そこで、簡単にきたえられるように考案された教材が「百ます計算」(岸本裕史考案)です。
 百ます計算は縦と横に10個ずつ、百個のますを作り、たし算やひき算、かけ算やわり算を行い、時間を計ります。中学年以上では2分以内でできると算数の計算が支障なくでき、3分になるとつまずきが目立ちます。それで2分以内を目標にします。大切なのは毎日少しずつやることによって、記録が伸びることが励みになり、自分の成長に喜びと自信を持てるようになることです。全学年で、算数の授業の最初の10分間やって計算力をつけています。
 最初いやがる子どももいるかもしれませんが、どんどん自分の記録がよくなりますから、多くの子どもたちは百ます計算を喜んでやります。大切なのは毎日少しずつやって、毎日記録を取ることです。記録が伸びることが励みとなり、子どもたちは自分の成長に喜びと自信を持てるようになります。学校ぐるみで見守り、フォローすることで初めて生きた成果が得られるのです。
6 運動
 年間を通じて体育にもたいへん力を入れています。朝のジョギングや縄跳びなどをして、体が活性化した状態で学習に入れるようにしています。5月の運動会、6月の鉄棒発表会、夏の水泳、11月のマット運動会、冬のマラソンなど、知育を伸ばすためにも体育は欠かせないと考えているからです。
7 家庭と連携し生活習慣を改善する
 知育と体育の健全な発達を支えるものは生活習慣です。子どもたちの学力が伸びるためには、全力で学習するための集中力と忍耐力が必要です。生活習慣が乱れてくると、子どもたちは落ち着きを欠いたり、集中力がなくなり、キレたり、荒れも増えます。
 生活の乱れをなくすためには、学校と家庭は常に密接な連携を保っていなければなりません。私は生活習慣の乱れを直すことが、学力づくりの条件と考え、保護者にアンケートを実施しました。食生活や生活習慣についての授業を授業参観に合わせて全校で実施しました。
 朝食をしっかり食べると子どもの精神の安定のためによいことがわかってきました。各家庭には、米飯の朝食を推奨したり、睡眠時間の確保とテレビの視聴時間の短縮をお願いしました。
 生活習慣点検を毎日、音読指導とあわせて行うことで、家庭との連携も進みました。
 PTAの講演会では生活リズムの研究者や医者を招き、みんなで学習しました。こうして、子どもの学習を支える体と健康作りが進むことで、子どもたちの集中力と忍耐力がつちかわれていくのです。
6 宿題
 宿題をしっかり出すようにしています。宿題は主に市販のプリントでだします。ドリルも使います。だいたい「学年」×15分~20分です。宿題の学習時間はそれほど多くはありません。なぜかというと、どの学年でも宿題を出しますから、家庭での学習習慣が早くから確立していること、学校の学習で得られた集中力が家庭でも発揮されるからです。
 学校での学習と家庭学習が相互的に働きあうことで、自分の学力がしっかりしたものになるということを、子どもたちはよくわかっているのです。ですから、宿題をしない子どもが少ないのです。
(
)
陰山英男は兵庫県朝来町立山口小学校教諭時代に、独自のプログラムに基づいた「読み書き計算」の徹底反復練習と家庭生活の改善で子どもたちの学力を驚異的に伸ばす。その指導法は「陰山メソッド」として教育者、保護者から注目を集めた。
(
陰山英男:1958年兵庫県生まれ、兵庫県公立小学校教師、広島県尾道市立小学校長(公募)、立命館小学校副校長、国の教育再生会議委員、大阪府教育委員長を経て立命館大学教授、日本教育再興連盟代表理事、徹底反復研究会代表。兵庫県の朝来市立山口小学校で保護者を巻き込んで、基礎学力向上のための岸本裕史が提唱した百ます計算や日常の生活を見直すチェックシートの活用などで成果を上げた)

|

« 学級の荒れを防ぎ、子どもたちが教師の話を聞くようになるにはどうすればよいか | トップページ | 授業で教師と子どもの関係づくりをどうすればできるか »

学習指導・学力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 基礎学力をつけると子どもが落ち着き問題行動も減る、基礎学力づくりを実践した学校の方法とは:

« 学級の荒れを防ぎ、子どもたちが教師の話を聞くようになるにはどうすればよいか | トップページ | 授業で教師と子どもの関係づくりをどうすればできるか »