« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月に作成された記事

教師から見た「困った親」のタイプと、その共通していることとはなにか

 いま、親たちがあきらかに変化してきています。端的にいうと、質的に劣化してきつつあるのです。
 私が多くの学校現場の教師の悩みをお聞きして、うつ状態に陥る教師の8割がそのきっかけとしてあげるのが、保護者からのクレームや教師攻撃です。しかも、そのクレームや攻撃の内容たるや、あきれるほどひどいものばかりなのです。
 もちろん、非常識なひどい親はほんの一部ですが、あまりにもひどいので、それによって学校現場は混乱し、教師は大きな心の傷を負わされているのです。
 困った親に共通しているのは、親が子どもとしっかりと向き合い、子どもと対話するのを避けている。面倒くささからか、そこから逃げているということです。
 子どもは勝手なことを言ってくるので、きちんと向き合うのは大変なエネルギーを必要とします。子育てで一番大切なのは「手間暇かける」ことかもしれません。
 教師から見た「困った親」には次の4タイプがあるように私は思います。
(1)
不平不満型
 ストレスのはけ口として教師を利用する親がこれに当てはまります。このタイプは子どもには熱心ではないことです。教育に熱心ではないのに、クレームだけはつけにくるのです。
(2)
放任型
 親が子どもを放ったらかしにしている親です。とにかく、子どもの面倒を見たくない、面倒くさい。放任というより放置です。
 非行型の子どもが多い。端的に親の愛情に飢えているのです。さみしさを埋めるために道を踏み外してしまう。非行少年少女になりやすい。
(3)
家来型
 文字どおり、親が子どもの家来になって、ふだんから親が子どもの言いなりなのです。子どもに嫌われたくないので、ついつい子どものわがままな要求に従ってしまうのです。子どもに言われるままになんでも買い与えてしまう親も、ここにはいります。
 大人をなめきった態度をとりがちです。この子どもたちは「私がワガママを言えば、大人は言うことを聞いてくれる」と思い込んでいます。教師を振り回す子どもになりやすい。
(4)
支配型
 子どもをきちんと教育しよう、正しくしつけようという姿勢が強すぎる親です。
 いい親であらねばという思いの強い親は、知らず知らずのうちに子どもにプレッシャーをかけてしまいやすい。電車の中でキレて子どもを大声で叱りまくる母親も支配型にあたります。
 挫折しらずで生きてきた優等生タイプの親が、親としても優等生であろうと、子どもを見守ることができずに、余計な口出しをしまう。過剰に支配的になってしまいやすいのです。
 
「自分の子どもは絶対にこういう子どもにする」という気持ちがとても強いので、当然、教師や学校に対する目も厳しくなります。かなりシビアなクレームをつけてきます。
 教師をあたかも自分の服従すべき雇用人のようにコントロールしようとし、指令に従わないと、それが許せない。「能力がないなら、やめてしまえ」「校長を出せ」と責め立てる。
 
「いい子」でなければという重圧に耐えかねた子どもは、心が破裂するようにして問題行動を起こしてしまうのです。
 中学生にもなると、自分がないと苦しくて仕方がない。反抗期には、子どもの自立に必要な「自分づくり」という意味があるのです。子どもは不登校やリストカット、拒食・過食などになりやすい。
 子どもをいい子のフレッシャから解放するには、まず両親が「いい親」から降りる必要があります。夫婦で一日一回は、子どもの前でぐちを聞きあうなどして「弱音を吐ける家庭」を築く必要があるでしょう。
 以上、4つのタイプに共通しているのは、きわめて利己的、個人主義的で、自分の子どもの立場からしか、ものを考えられないことです。
 クラス全員の子どもを大切にしなくてはならない教師の立場など、まったくおかまいなしです。
 なかには、子どもとの関係をうまく保つためのネタとして、教師の悪口を家で、日常的に口にしている親も少なくありません。教師という共通のターゲットを持つことで、はじめて親と子どもが仲よくできるという歪んだ関係にあるのです。
(
諸富祥彦:1963年生まれ、明治大学教授,臨床心理学、カウンセリング心理学、現場教師の作戦参謀としてアドバイスを教師に与えている)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学級崩壊の原因は子どもにも教師側にもある、どうすれば回復するか

 学級崩壊の原因はつぎのように子どもにも教師側にもある。
1 教師側にある学級崩壊の原因
 教師の力量不足が原因で、教科の学習を通して教師への信頼をなくしていき、それが引き金となって学級が崩壊していく。
 生活面では、教師と子どもの信頼関係がうまくできないことが原因で学校崩壊が起きる。例えば、教師が女の子を「ひいき」していることが引き金となって学級崩壊を招いてしまう場合がある。子どもたちが「ひいき」と感じはじめた最初の段階で話し合いを持ち、子どもたちが納得していけば、学級崩壊にまで至らない。
 価値判断が即座にできない教師も、子どもたちと人間関係が結べず学級崩壊が生まれる。教師が明確な判断を示さないと、教師の言うことは聞かなくてもいいと思う子どもが増えてくる。例えば、そうじをさぼっている子どもを叱れずにいると、さぼる子が増えていく。
 教育には父性と母性の両面が必要である。ほめることが基本にあっていいが、怒るべきときに怒れることが必要である。怒れない教師は、向き合うことを避け、自信がなく、いやなことを言わない教師になっている。
2学級崩壊の原因が子ども側にある
 教師の指導が入らない子どもたちにより学級崩壊が起きる。自分の行為を「悪い」と思わない子どもがいる。例えば、私語や立ち歩きをする子どもたちに共通するのは「悪い」と思っていない。こうした傾向を持った子が多くなってきている。
 私たち教師が問題のある行為と見ていることが、子どもにとっては「悪い」行為であると自覚できないのである。これまで教師が持っていた教室のきまりを話しても、それを受けつけない。
 学級の中で教師の指導に従わない子どもがいることから学級崩壊は始まっていく。私が経験した学級崩壊にいたる特徴をあげるとつぎのようになる。
(1)
チャイムによって行動できない。
(2)
教師や子どもの話を聞けない。落ち着きや集中力がない。
(3)
かならず暴言がある。「うるせー」などの言葉。
(4)
ある段階では暴力がある。
(5)
許可なく教室を歩き回ったり、教室の外へも出るようになる。
以上は順番に出るのではなく、子どもの行動力や教師との力関係によって出方が違う。
 教師を挑発し、授業を混乱させ、周り子に「一目置かせ」満足感を得ることを学校に行く目的としている子が学級にいると、教師がいくら指導をしようとしても学級崩壊モードに入り込んでしまう。
 今や子どもによって教師は値踏みされる時代となった。学年始めに行われることが多い。
 クラスのボスを中心に授業の妨害となる暴言や立ち歩きなどをする。教師が注意せざるを得ない状態にして挑発し、教師がどのような反応をするのか値踏みをするのである。
 教師を自分達の要求通りに動かせるかどうかを測る。もし要求が通れば教師の弱点をついて教師をコントロールしていくのである。
 学級崩壊となっていくのは、学級の子どもたちの中で、これは楽しい面白いと、ゲーム感覚で同調する子どもが出てきたときだ。
 特に、最初に同調する子どもが出てきたとき、教師がいつ指導するのか、そのタイミングが重要になってくる。教師が弱腰であったり、わがままを肯定するようになれば、次から次へと増え、指導できない状態になり、学級崩壊に拡大していくのである。
 学級の中で担任の指示が通らなくなったら、その学級は音を立てて崩れていく。担任の代わりに子どもの中のだれかが支配する。一部の子のわがまま勝手状態になる。しかし、その支配者が全てに目配りをできるわけでもなく、ひたすら混乱の日々が続くだけである。反乱を当初面白がっていた子どもたちや、何ごとにも受け身の子どもたちにとっても悲惨である。
 だから、喜びも悲しみも噛みしめてきたはずの大人としての教師の管理が必要である。担任が社会人としての考え方を子どもたちに示し、混乱を少なくし、友好的な学級集団をつくるのである。
 しかし、担任があいさつしても無視され、子どもに接近してもはねのけられるような状態のとき、どのような管理が有効なのだろうか。
 学級崩壊を回復させるためには、いかに困難でも周辺の多数の付和雷同の子どもたちが動き出さない限り、教師だけの力では不可能である。子どもたちの自主管理が必要である。
 学級を安全に維持するには、子どもたちの自主管理と教師の管理の両輪が必要である。 
 私はクラスのボスのわがままは許さなかった。教師は徹底的に意見を言うべきである。黙して語らぬ子どもたちは決してボスを正しいと思っているわけではない。私は周辺の子どもたちに問いかけた「間違いなのか、正しいのか」と。その結果、ボスは変わらざるを得なくなった。
 もうひとつ、学級崩壊を防ぐには学年体制の確立が必要である。
 子どもや家庭の変化に伴い、担任ひとりで学級運営を担うことは大変困難になってきた。今多くの学校で起きている学級崩壊は、学級実践だけでは防げない問題をもっている。
 私が担任外として学年に入ることになり、四人で六年生の三学級を担当することになった。新しい学期に入る前に学年体制について話し合った。
 よく「学級王国」という表現がある。担任がよかれと思って指導していることを外部から批判することはできない。私のように担任外の経験が長く、いろいろな学級に入って指導する機会が多いと、個々の担任の指導に問題点があるのも事実である。
 学級崩壊になり複数の教師が指導するとき、その指導が客観性を持つものでなければ指導になっていかない。指導が学年で確認され客観性があると、担任の代わりの教師が指導を行っても有効に働くのである。
 客観的な指導が可能になるのには、自分が関わった事例を出し合い、問題点をみんなで整理し指導を探っていくことで、指導に方向性が生まれ、客観性をもつようになっていく。
 学年の教師間で話し合ったこと、子どもとの関係、保護者との話もレポートで相互に確認していくようにした。必ず管理職にも渡し現状認識を一致させた。
 担任も学年相互のクラスに行き、実態を知り合っていくことが必要である。時間割の制約もあり、教師が一つの教科を週二時間もつようにした。
(
木村淑武美:1951年生まれ、元大阪府公立小学校教師)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学級が荒れ、問題行動が多発して苦しいとき、どうすればよいか

 苦しいときに「基本に戻る」のは、あらゆる業種に通ずるが教師も例外ではない。
 学級の子どもが荒れてきたとき、あっと驚くような指導法があるわけではない。まず、原点に戻る。基本に戻ることを勧めたい。苦しいときの3つの方針は
1 教師になったときの初心に立ち戻る
2 体力を維持するために健康な生活スタイルに立ち戻る
 学級崩壊に陥ると教師は体力勝負となるので、勤務時間が終われば、できるかぎり用事を断り、家に帰り、睡眠をよくとり、体力を維持するようにする。エネルギーをたくわえて登校するようにする。
 学級崩壊という孤独な戦いのなかで、唯一、家庭が慰めの場となり、パワー再生の場となるので、家庭では模範的な親となり、家族との絆を強め家族の支持を得るようにする。
 子どもの問題行動が多いと、教師は心身ともに疲れ、身体がついていけず、疲労とストレスがたまり、いらいらして、つい子どもを怒鳴りつけるようになる。
 このことをよく知る教師は、学級崩壊にさいしても、あわてずに、健康生活を維持することに努めている。
3 教育の基本に忠実なとりくみをすすめる
 教育は「教師」「保護者」「子ども」が基本である。かつて、学校が校内暴力で荒れたとき、多くの学校は
(1)
まず、教師集団が学校再生への決意を統一した。
(2)
保護者総会を開いて、保護者に教職員の決意を披露し、学校再生への協力を求めた。
(3)
教師集団が全校の子どもたちにたいして、学校再生の決意を述べて、協力を訴えた。
 荒れた学校は、すべて、この3つのことから取り組みを開始している。私たちもそうしてきた。このあたりまえのことができないから荒れたのである。
 子どもたちがくずれるのは、どこか教職員の足並みが揃っていないからである。指導する側に揺れがあっては、子どもたちの生活態度にも揺れがおこり子どもたちが荒れてくる。
 そこで、まず教職員が連帯してこの難局を乗りきろうとする。
 次は、保護者の協力である。教職員と保護者が手を結ばなくてはならない。
 そして、最後は子どもたちの協力である。子どもたちが「自分たちの力で、学校をよくしよう」という意欲と取り組みがなくては成功しない。ひごろから、子どもたちに自主性を育てているだろうか。していないからこそ、子どもたちがお互いに注意したり、励ましあうことなく、不正がまかりとおるようになって、くずれたのである。
(家本芳郎:19302006年、東京都生まれ。神奈川の小・中学校で約30年、教師生活を送る。退職後、研究、評論、著述、講演活動に入る。長年、全国生活指導研究協議会、日本生活指導研究所の活動に参加。全国教育文化研究所、日本群読教育の会を主宰した)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

礼儀作法を教えると、子どもは安心して生活でき、私語をなくし、全員授業に参加することも可能になる

 日常生活の立ち居ふるまいが様式化された礼儀作法は、なぜ大切なのでしょうか。
 私たち人間は、さまざまな考えをもっている人々と生活しています。生活している私たちにとって最も必要なのは「安心」ということでしょう。誰もが安心して生活できる社会は楽しく幸せです。
 社会は法律やきまりを作って、そこから人々の安心を得ようとしています。礼儀作法は「心づかい」です。礼儀作法が守られている集団なら、きまりが簡単に崩れたりはしないでしょう。そこから「安心」が生まれるのです。つまり、礼儀作法とは、みんなが安心して楽しく生活できる「幸せの鍵」なのです。
 学校の教師によって教えられ、子どもが身につけた礼儀作法が、家庭や社会で実践されれば、学校の教育力は信頼を回復されるようになるでしょう。「学校の先生の教育力は大したものだ」と家庭や社会から認められ「先生の言うことはちゃんと聞いてこい」と親が言うようになれば、学校の教育効果はぐんと向上します。
 それと、小学生の礼儀作法を教室で教えることで、人として生きる基本的な礼儀作法を身につけた子どもたちは、毎日の生活の場である学校を、明るく楽しいものにしていきます。
 礼儀作法の教育は、結局のところ、人間としての生き方そのものの教育であり「幸せの鍵」をどの子にも持たせることになるのです。「幸せの鍵」を持った子どもたちが作る「学級」は、きっと「安定」し「安心」が生まれ、和やかさに満たされることでしょう。
 教室でさまざまな出来事が生じ、「授業や教育以前」の問題の対処に追われ、本当にへとへとに疲れている教師がいます。「今の子どもは昔の子どもとまったく違う」と言う教師に私はたくさん会ってきました。
 しかし、これらの崩れの現象は一つの結果です。そういう残念な結果をもたらす原因は何なのでしょうか。
 物事には本質があります。長い日本の歴史の中で大切に継承されてきた伝統的文化である「礼儀作法」への着目は、混迷状態にある教育を再興する力強い良薬になるのではないでしょうか。
 礼儀作法の教育は、必ずしも難しいことではありません。明るく、楽しく、秩序ある本来の子どもらしさを取り戻す良薬になってくれることを私は切望しています。
1 基礎となる子どもの礼儀作法は
(1)
返事
 目を見て明るく「はいっ」と、元気よくすぐ返事をすると、お互いの気持ちがつながります。
(2)
挨拶
 人との関係を結びます。笑顔で相手を見て、明るい声で「おはようございます」「いただきます」「さようなら」「失礼します」(職員室に入るとき)と挨拶します。挨拶は相手への敬意と謙虚さが含まれています。挨拶を自分のものにすれば、将来困ることはありません。
(3)
言葉づかい
 教室は公の場です。ですから教室では「です・ます」のていねいな言葉をつかうよう教えます。 
(4)
態度
 基本は相手を好意的に考えることです。人の幸せを優先することが自分の幸せにつながります。謙虚な心を持ち、人を大切にしたい気持ちがあると、そこから穏やかでやさしいふるまいが生まれます。よき態度はよき人生の入り口です。
2 教室の礼儀作法
 教室は小さな社会です。家庭生活では身につけられない礼儀作法を教え、公の場での礼儀作法の感覚を育てましょう。
(1)
起立・礼
 態度で相手への敬意を示します。起立は背筋を伸ばし、手は指先を揃えて両脇につけます。礼は上体をまっすぐ伸ばし頭を下げます。
(2)
姿勢よく座る
 座るときは背筋を伸ばします。お尻を後ろに引き、腰骨を前に出し、下腹に力を入れ、肩の力を抜きます。そうすると自然と背筋が伸びます。姿勢よく座ると、座禅と同じように雑念を断ち気を散らさず内面と対峙することが可能になります。
(3)
おしゃべりをしない
 なぜ授業中に勝手にしゃべってはいけないのでしょうか。それは教室が学ぶ目的を持った人が集まる「公的な場所」だからです。私は子どもたちに「授業中の教室」が、自宅や休み時間とは異なる場であることを伝え「別な場所なのだから、別の人になりなさい」と指導してきました。
 子どもたちは「公的な場」という概念がありません。そこで劇を演じるように、その場面を改めて考えさせ、そこでの登場人物のふるまいを意識させるのです。その場所に応じたふるまいがあることを知り、これを実践することで、新しい自分の姿を育てていくことです。
 このような意識づけをすることで、子どもたちは楽しみながら、意識的に、自分自身の言動をコントロールしようと努力するようになり、公的な場所でのふるまいを身につけ、公私を分けられるようになるのです。やんちゃな子も私語を慎むようになります。
 最初は少し難しいかもしれません。しかし、これは子どもたちの社会性を広げていく「価値ある無理」なのですから、根気よく続けて身につけていくようにします。
(4)
伝わるように、わかりやすく発言する
 授業中の発言の仕方で一番大切なのは、明快で短く話すことです。教室は自分の言いたいことを簡潔にまとめるための訓練の場になります。教師も明快かつ簡潔な言い方を心がけ、日頃からそのように指導していれば、自然と子どもたちにも身についていくものです。
 話すときに聞き手の顔を見ることは大切です。発言は口を大きく開いて、ゆっくりとみんなの顔をみながら、聞き手の反応を確かめながら話します。
(5)
発言を聞く
 誰かが発言しているときは、必ずその人の顔を見る。発言内容を「要するに・・・・」とまとめながら聞く。自分は賛成か反対か「○・×・△」をつけながら聞く。こういう心構えを取り入れれば、子どもがうわの空で聞くようなことはなくなります。
(6)
ノートをとる
 ノートは人の話や文章をきちんと理解し、自分の思考を発展させていくために役立てます。ノートは記録のためだけのものではありません。雑多な情報を整理し、系統立てていく頭脳活動です。その情報のまとめ方をノートのとり方によってその力を訓練することができます。そのまとめ方を子どもに教えましょう。
 ここで大切になるのが教師の板書です。大項目から中項目から小項目へ、常に整理して書いていけば、子どもはこれを写すだけで思考の基本を身につけることができます。
(7)
授業に参加する
 授業でもっとも大切なことは子どもが「授業に参加すること」です。多くの教師が苦労していることでしょう。学ぶことは「変わる」ことだと私は考えています。できなかったことができるようになることが重要なのです。間違っていることに気づき、改めるためにこそ、授業はあるのです。
 全員を授業に参加させるために、私は「ノート発言」を指導しています。教師の発問に対し「○か×か」をノートに書かせます。たとえ正解がわからなくても、どちらかに立場を決める。そうして自分の立場を明確にすれば、授業に関心が向くのです。
(
野口芳宏:1936年生まれ、元千葉県公立小学校校長、植草学園大学名誉教授。千葉県教育委員会委員長職務代理者、日本教育技術学会理事・名誉会長、授業道場野口塾等主宰)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

授業を妨害する子どもに、どのように対処すればよいでしょうか

 授業妨害されるのは、教師が甘く見られているからだと考える人がいます。甘くみられるといけないから、子どもに厳しく接すればいいと思う人もいます。しかし、厳しく接すれば、厳しい言葉が子どもの心に引っかかり、授業を妨害する原因になってしまい、子どもがますます反発することもあります。
 数名の子どもの乱暴な行動が、いつしか子どもの世界に広がって無規律な教室になってしまう現実があります。授業妨害が続けば、学習しようとしている子には耐えられない事態ではありませんか。
 この事態を改めることが、学級の緊急課題です。どうすればよいのでしょうか。次のようなことについて、教師自身も検討しなければと思います。
(1)
授業内容や方法が子どもに適したものとなっていますか。
(2)
子どもが反発したくなるような言葉を用いていることはないでしょうか。
(3)
学習規律の乱れを、そのまま放置してきたことはないでしょうか。
(4)
わかる授業、子どもがのってくるような授業にしようと、授業の工夫を進めているでしょうか。
(5)
子どもへの接し方に、温かさと厳しさとをあわせて用いているでしょうか。
 授業を妨害する子どもを放置すれば、ますます「ずにのる子」がいることも、教室の現実です。子どもの自分勝手や無規律を許すことはできません。授業の妨害を止めさせるには、どんな手が打てるでしょうか。
 当面の対処とともに、教室の学習規律を確立していくことを考えねばなりません。
 ひとつは、授業を妨害する子を生徒指導主事や教頭などに預けます。子どもの話を聞きながらも、「理と情の両面」から訓戒しなければならないでしょう。
 授業妨害する子が授業不参加になり、授業時間中に教室を出て立ち歩く子がいれば、特別に設けた教室に入れ、指導を考えなければなりません。
 授業妨害する子に合わせた指導を考えなければならないし、根気と忍耐の続く仕事です。
 家庭と連携、必要に応じて関係機関と連絡をとり合って処置するなど、「速やかな対処」を学校として考えなければならないのです。
 やはり、こうしたことは一年生のときから「きちんと指導する」べきことなのです。指導することについて学校は保護者に詳しく説明する必要がありそうです。こうしたことに無理解な保護者も、いないではありませんから。
 そして、学習規律を確立することは、あれこれときまりを作ることではありません。そのことを校長は全教師に指導しておく必要がありそうです。「教師の構えや姿勢」が不ぞろいだと、指導や対処に水漏れを生じることがあるからです。
(
飯田 稔:1933年生まれ。千葉大学附属小学校に28年勤務、同校副校長、千葉県浦安市立小学校校長を経て、千葉経済大学短期大学部名誉教授。学校現場の実践に根ざしたアドバイスには説得力がある)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教師の教え方や学級運営に不満をもつ保護者にどう対応すればよいか

 保護者が教師の教え方について抱く疑問や不満には、次のようなことが考えられます。
(1)
授業の技術
 教師の声が小さい、話すのが早すぎる、口調や表情が威圧的すぎるなどの基本的な技術。
(2)
授業の方法
 子どもの挙手のさせ方、指名の仕方、授業の進むスピード、宿題の出し方、テストの仕方など授業全般にかかわる方法。
(3)
教え方
 学習の苦手な子ども、得意な子どもに応じた教え方、やる気を高める声かけ、ほめ方、注意の仕方などについて。
 保護者の教師の教え方についての不満に対して、教師が 「これが私のやり方ですから」「ずっとこれでやってきましたから」という説明では、保護者の不満がますます高まることもあります。
 教師は保護者には「子どもに身につけさせたいことが○○で、そのためにはこの方法が最適であると考えられる。短期的に見ると効果的でないと思われるかもしれないが、長い目でみると、このやり方のほうが意義がある」などと、わかりやすく説明します。
 保護者の疑問を受けて、教師の教え方が不十分であった点については素直に認め、今後改善していくことを伝えます。不十分な点は、研修の機会を利用したり、優れた実践を行っている先輩や同僚などの授業を参観するなどして、教育力を磨く努力をし、工夫する必要があります。
 教え方の苦情の背景には、個々の教師の教え方だけでなく、学校の教育方針の不透明さへの不安、そうしたことを伝え切れていない学校のコミュニケーションの不足へのいらだちなども考えられます。
 学年や学級での保護者会の際に、教師がどのような教育目標を設定していて、それを達成するためにどのような方法を使おうとしているかについて十分に説明しておく必要があります。
 それを知ってもらったうえでの保護者の苦情は、今後の学校教育において必要な議論であると思われます。
 保護者が教師を信用していた時代には、苦情はそれほどでなかったと思います。しかし、保護者の価値観が多様化し、教師への信頼も低下している現代は、学級経営について様々な意見がでると思われます。
 教師は学級経営の目標とそれを実現するための方法を保護者がわかるように示す必要があります。保護者に理解してもらったうえで、どこに不満な点があるのかを明確化していきます。
 教師が考えている目標自体が納得できないものなのか、実現するための方法が適切でないと考えているのかなど、率直に意見を聞く必要があります。
 教師と保護者との考え方にずれがあったとしても、教師の権威を保つために保護者の意見を変えてもらわねば、と考える必要はありません。
 さまざまな意見や提言があるほうが、より良い学級経営につながる可能性があります。異なる意見を集約して、より良い教育実践を行っていく力が教師に求められます。
 保護者にとっても、意見が言えて、良いものを取り入れてくれる教師には信頼感が高まり、教師を支援してくれる関係が生まれる可能性も高いと思われます。
 もちろん保護者の意見に迎合する必要はありません。しかし、保護者の意見を学級経営に反映しないときは、その理由を説明して、理解してもらう努力が必要です。
(
松尾直博:1970年福岡県生まれ、東京学芸大学助教授)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学級崩壊に陥る教師の共通性とはなにか、たて直すためにどうすればよいか

 子どもが学級担任の話を聞かず授業が成立しない学級があった。新学期の始めに落ち着いていた学級も、一学期の後半からざわつき始め、二学期の中ごろから後半にかけて崩れだした。
 このようなことが、40歳代後半から50歳代前半にかけての経験の豊かな教師に多い。今まで学級経営がきちんとできていたのに、なぜ急に学級がまとまらなくなってしまうのだろうか。いくつかの学級崩壊の例を私が見たとき、共通性があるように思う。
 それは、教師の指導力の不足ではあるが、その中でも、次のような特に発言や態度に関係することが大きいと私はみている。
(1)
教師が子どもや学校の悪口を言う
(2)
教師の指導にメリハリがない。「YES」と「NO」を徹底させない。
(3)
教師に聞く耳がなく、子どもの言い分を十分聞いてくれない。
(4)
教師に熱心さ、一生懸命さが伝わってこない。
 次のような例があった。
 私が学年主任をしていて隣の学級担任(47歳女性)の学級が一学期の6月に入って、少しざわつきだしたことに気がついた。少し目立った子が見えてきた。
 学年会を何回も持った。勝手な行動をしている子と担任の話に私も参加した。昨年まで落ち着いていたまとまりのある学級が、なぜこうも早くも落ち着きをなくしてしまうのか。
 子どもたちの不満を調べてみると、
(1)
先生が子どもたちの話をよく聞いてくれない。
(2)
先生が一方的にぼくたちだけを注意する。
(3)
ぼくたちのいけないことを、もっとはっきり言ってほしい。
 どれも教師が直そうとすればすぐできそうなものばかりである。しかし、たったの2か月とはいえ、担任に対する不信感が子どもの心の根底にあるようだ。
 この感情を子どもたちの心から拭い去るために、私は担任に次のように助言し指導した。
(1)
まず担任に、子どもたちと一緒に遊んだり、子どものよい面を見つけてほめてやることから始めようと働きかけた。
(2)
次に、子どもの不満や言い分を十分に聞く場を持つように勧めた。
(3)
ときには、私は担任と一緒に子どもたちの話を聞いてあげ、励ましたり、自覚を促したりした。
(4)
そして、担任が子どもたちに、YESとNOをはっきり言うように働きかけた。
どれも担任としてやるべき当たり前の基本的な心構えである。
 4月始めの担任と子どもたちとのボタンのかけ違いを修正するには、心して一つ一つ前述のような基本的事項を積み重ねていかないと、子どもや保護者の不信感は拭い去れない。
 しかし、最後は担任が自分で自分を変えていくしかない。
 担任と子どもたちの感情的な対立の溝は、そう簡単には埋まらない。だからといって担任が自分一人で悩んでいるのではなく、同僚の教師や校長や教頭に相談して、次のような手を早く打つことが必要だ。
(1)
早期発見、早期対応
 子どもたちは担任をどう見ているかを調べ、問題があれば早期対応をする。
(2)
指導体制や相談体制の確立
 学校全体としての体制づくりをする。
(3)
意見表明できる学級づくり
 担任や子どもたちとの間に、相互に信頼できる人間関係を確立する。
(4)
学級に正義感や判断能力を育成する
 以上、学校として組織的な取り組みの必要性まで述べたが、どんなに周りが手助けしても、できないことがある。
 それは、子どもや保護者、同僚教師に自分をさらけ出して、自己変革しようとする意志と実践力である。
(
塚田 亮:元東京都公立小学校長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学校で事故発生したとき、保護者に第一報をどのように伝えればよいか

 学校で発生する事故には、けが・病気、問題行動などがあります。保護者の心情を考えると、早く伝えることが基本になります。子どもの健康・生命にかかわることは、一刻も早く伝えることが鉄則です。
 保護者に伝える第一報は、事実の概要を短く伝えます。多くはいりません。とりわけ、子どものけが・病気など突如の事故発生については、現在の状況で言える確かなことを伝えるようにします。憶測や推測で言わないようにしましょう。
 重要なことは、現在の処置と今後の方針について要点を絞って伝えることが何よりも大切です。
 けがや病気の場合、現在の学校の応急処置を説明し、保護者の側に何か要望があれば、それを伺うようにします。学校から病院に子どもを直接搬送する場合、行きつけの病院など、保護者の要望が強い場合もあるので確かめておくとよいでしょう。
 次いで、これからの学校の方針・対応を説明し、保護者の理解と納得、同意が得られるようにします。
 問題行動の発生の場合、現在の学校の指導・処置をていねいに説明し、理解と協力を得ます。しかし、多くの場合、第一報を入れるような問題行動が発生した場合には、保護者にも学校に来てもらっての説明・対応となりますので、第一報は処置や方針について要点を絞って伝えることが大切です。
 なお、けがや病気、問題行動など子ども事故発生の第一報は、保護者にとって晴天のへきれきであり、大きな不安と動揺を与えることになります。したがって、親の立場に立って、丁寧に接するとともに、必要に応じて助言することを忘れてはなりません。
 例えば、病院で保護者と合流する場合でも「お母さん、私が先に行っていますから、あわてないで、おいでください」とか「保険証をお持ちくださいね」とか、温かい丁寧な言葉かけと助言に心がける必要があります。
 事故が発生した場合、緊急時の組織体制を組むことになります。本部は学校では校長であり、不在の場合は教頭となります。場所は校長室が適当です。
 事故発生時は学校も混乱しています。情報も不十分です。そのような状況下では情報を本部に集約させ、窓口は校長か教頭に一本化し、隠そうとしないで積極的に説明していくことが得策です。
(
富山謙一:東京都公立中学校校長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダウンしやすい教師の傾向とは何か、ダウンしそうなとき、どうすればよいか

 教師のメンタルヘルスが深刻な問題になっています。文部科学省の調査によると、2013年度に精神疾患により休職した教師は5078人にのぼります。7校に一人の教師が休職した計算になります。
 加えて、休業に至っていなくても、メンタルヘルスに問題を抱かえている教師がたくさんいます。精神疾患でダウンする事態が、他人ごとではない時代になったのです。
 忙しいのが当たり前の毎日で、たくさんの人間関係のなかで仕事をしている教師のみなさんは、日々疲れの具合が強いのではないでしょうか。
 私の勤務先である近畿中央病院を受診した教師のデータをもとに、ダウンしやすい教師の傾向を見ていきます。
 受診者の61%が仕事上のストレスにともなう心の病気であり、34%がうつ病を中心とした気分障害をともなう病気でした。ストレスの要因で多いのは、生徒指導が31%、同僚・管理職との人間関係が23%、保護者対応が15%でした。
 生徒指導に保護者対応が絡んできて、同僚・管理職との人間関係も大変になるという連鎖が起こり、ストレスが増大して疲弊しやすくなるようです。
 具体的には、生徒指導担当(特に部長)、教務、クラブ活動主担当(中学・高校)50歳代になって全く新しい仕事をする、現実とのギャップに適応できない若い教師が多い。
 特に生徒指導担当教師が圧倒的に多い。学校全体が同じ方針で動かないと精神的に疲弊する。孤立すると倒れやすい。フォローやねぎらいがあると報われる。
 暴力を受けた教師が休業する率は高い。怖い思いをするとフラッシュバックを起こしたりするからです。この場合も、早めに同僚・管理職・医療機関の精神的フォローがポイントになってきます。
 研究指定を受けた学校の世話役の教師などが過労となり心身の変調をきたす可能性は大です。
 校種によって原因に差があります。小学校では、学年で動く文化が少なく、空き時間もほとんどなく、多忙ななかで相談相手もなく、子どものケンカ、保護者対応などが入ってくると、もうまわりません。
 中学校では部活動の指導で疲弊する教師が非常に多い。保護者のなかには、部活動がサービスだと知らず、やって当たり前と思っている人が少なくありません。がんばってもさほどほめられないことも消耗の原因になる。土日も休養がとれず、睡眠の不具合を起こし受診に至るケースは珍しくありせん。
 中学校では学年で動く文化があります。うまく機能していれば、いわゆる指導困難校のほうが、教師同士のスクラムが組めて人間関係が温かいので、生き生きしている教師が多いように見受けられます。
 高校は学校差があります。転勤により不安感を強く感じる。指導困難校を2校程度経験した後、進学校に赴任し、教科指導のプレッシャーと教師間競争にさらされると精神的に参るようです。
 教師は自分の気持ちを出さないぶん、身体の症状でその肩代わりをして、しんどくなるというタイプの人が多いと感じます。気持ちを出せないため、うつ気分などが改善しないのではないか、思われる教師も多く見られます。
 感じたことを自由に話すことで、うつ症状や身体のだるさが改善されることがあります。教師特有の他者に干渉しない独立の精神は、うまくいっているときはいいのですが、悩みや困ったときには、自分ひとりが煮詰まってゆき、事態を悪化させることがあります。
 教師が転勤し、新しい環境に慣れるのは、自分が思っているよりも気をつかいます。年齢が上がるほど大変です。精神疾患による休職者の約半数が、その学校での勤務年数が2年以内に休職にいたっていた、とのデータもあります。
 人生の転機と重なった教師も多く休業しています。例えば、家庭の問題(子育て、介護、借金、夫婦不和など)を抱かえている。2年以内に肉親を失った。自分の病気や家族の病気などです。
 こういったときには、管理職や同僚に事情を話して、一定期間は最低限の勤務にとどめておくと、メンタルヘルス不全に陥らなくてすむかもしれません。倒れてからでは、かえってもっと迷惑をかけるという発想も必要です。解決のめどがたたない場合は、信頼できる人に相談したり、各専門機関を利用したりするのも一案です。ためらわないことが重要です。
 残念ながら、人間ですから、精神的な病気による思考力の低下や人格の荒廃といったことは起こりえます。
 本人は努力をしているのに、物事がうまくいかなくて周囲から責められるケースのなかには、病気を発症している場合もあります。
 本人は病気に気づいていなかったりすることもありますが、家族や管理職・同僚が付き添い、専門医を受診するとよいと思います。
 もともと教師として適性が問題となる場合があります。人間である以上、起こりえます。本人が悪いのではなく、職業のミスマッチです。他の職種であれば充分に力を発揮する人もいます。
 近年、ベテラン教師の大量退職にともない、若い世代の大量採用の時代に入っています。転勤や学校内の調整、研修などで力量アップの試みをしたりしても、うまくいかないようでしたら、転職を考える自由もあると思います。
 疲れたとき、ダウンしそうなとき、進むのは前だけではありません。そんなときは、とにかくぐっすり眠って、身体をほぐします。マッサージや整骨院などで身体をほぐしてもらうことも、自分へのケアにつながります。
 教師のように人のケアをする対人サービス業についている人は、自分が思っているよりも消耗することが多いものです。こころがけて自分にも休養・栄養などのケアをしないと、自分が枯れてしまいます。自分に戻れる時間や場所を確保するようにします。
 信頼できる人に話をしてみることも、健康に生きる糸口になります。弱音や愚痴をいえる人をもっておくことは、大事なことです。自分の話や気持ちを受けとめてもらえるだけで、元気になります。本当に大事なことです。
 もうひとつ大事なことがあります。できないことは「できない」と言う勇気をもつことです。教師は、なぜか「できない」と言えない人が多いのです。
 それに、人に「頼む」ことが苦手な教師も少なくない。「自分でやるほうが早いし確実」という考えからのようです。頼むのは、他人を信頼してみるということなのです。人を信頼して任せて頼むことができると、自分への余裕も生まれます。
(
井上麻紀: 臨床心理士。公立学校共済組合近畿中央病院メンタルヘルスケア・センター副センター長。10年以上にわたり、学校教職員の専門病院で、教員に特化したメンタルヘルスケアや職場復帰支援をおこなってきた)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学級の荒れを「誌上討論」で克服することができた

 三月下旬になっても六年担任が決まらない。学級が荒れて大変なクラスだったのです。校長が「今泉先生、ひとつ六年担任をお願いします」と何度も頭を下げるのでした。誰も希望がいないので私が担任をすることにしたのでした。
 私が教室に入っていって話そうとしても、おしゃべりは止むことなく続くのです。もし、これまで「きちんと指導」してきた教師であれば、子どもたちのそんな姿を見ることは耐えられないことです。
 どうしても指示や注意が多くなりがちです。これでは子どもとの関係もうまくいきません。ベテラン教師が荒れに直面して自信を失っていくのはそのためです。
 その意味でも「完全主義」を克服することが荒れた学級を担任した場合はとくに重要です。「八割ぐらいできればいいや」という思いで取り組めば、気持ちの上でも、ずいぶんらくーになるものです。そうでないと、神経をすり減らし疲れきってしまいます。教師の仕事を続けていくことが困難になる場合もあります。
 教育の仕事を続けるための知恵を「荒れ克服」の取り組みを通して身につけていくことが必要だと思います。発想を変えるだけで、こんなにもちがってくるのかと、体験を通して実感できたらもうしめたものです。
 学級で「暴言」「いじめ」「暴力」「仲間はずし」が次々に起こるのです。その場面を目のあたりにすることは、教師にとって、耐えがたいことでした。
 学級で起きる事実を出し合い、苦しみを共感し合う中でこそ、子どもたちは変わっていきます。そのためには、どうしても話し合いが不可欠です。
 ところが学級は話し合えるような状況ではまったくないのです。本を何冊も買い読んでも、いま私が抱かえている問題に答えてくれるような本は見あたりませんでした。
 何日間か考えているうちに、ふと思いついたのです。「いじめ」られたり「暴力」を受けたりした子のうち誰か一人が、その事実を書いてくれさえすればいいのです。自分が被害を受けてなくても、見ていて「かわいそうだ」と思ったことを、誰かが記してくれればいいのです。
 その文章を学級の人数分、印刷します。プリントには、それぞれの子が自分の意見を書き込めるスペースをとっておきます。その枠に、文章を読んで感じたことを書いてもらえばいいのです。
 この方法だと、学級全員の子どもたちが「いじめ」や「暴力」などの問題を考えることができます。自分の意見を書き、お互いに交流し共感し合う。率直に批判もし会う。これはもう立派な話し合いです。
 子どもたちが書いたプリントを毎日、目を通します。赤ペンで子どもの勇気を励まします。子どもたちが書いた文章の中から「これは」と思うものを、いくつか選び、翌日配布するために印刷するのです。それを「いじめ」「暴力」が解決するまで毎日くり返せばよいのです。プリントは冊子にしていくようにします。
 毎日わずか15分程度あればよいのです。この方法は、実際にやってみて、私が考えていた以上に有効であることが実感できました。何日間かこの「紙上討論」をくり返していくうちに「いじめ」の中心だった子たちも、ある段階で反省しだします。
 その子たちが、自分がしてきたことが、どんなに相手を傷つけるものであったか、リアルに理解してもらうために、反省しだしたからといって、その文章をすぐに載せるということはしません。 
 友だちの文章を読むことで「いじめていた」子たちも内面から変わりだします。関わっていた子どもたちの行動まで変わっていくのでした。次第に周りの子たちにも、その変化がはっきりわかるようになります。友だちが「○○くんはいじめなくなった」と事実で書くようになります。
 それだけでなく、「いじめていた」子のつらさにも共感するようになります。このような行動をとらなければならなかったのには、なんらかの理由があったのだと次第にわかるようになります。
 周りの子どもたちからの批判だけでなく、共感の声があがりはじめたとき「いじめていた」子は内面から変わりだします。わずか2週間か前の状態と比べ、子どもたちの変化には目を見張ります。
 教師が説教などしなくてもいいのです。子どもたちの共感と批判の力で、学級が変わっていくからです。教師は勇気ある意見や行動を励まし続ければいいのです。重要な意見について、教師はコメントを加え強調する程度でいいのです。
 行動が変わってきた段階が「紙上討論」の終了の時点ということにもなります。取り組みを続けるか、これで終わりにするかも、子どもたちと話し合って決めていけばいいのです。その後、なにか学級で問題が起きたときでも、自由に話せるようになるものです。
 
「紙上討論」を始める前日に私は学級の子どもたちに
「いままでに友だちから、いじめられて腹がたったことや傷ついたこと、暴力をうけて悔しかったことなどを、この半裁の紙に書いてほしいのです。あしたからみんなで『いじめ』『暴力』『暴言』『仲間はずし』がなくなるように取り組みを始めます。・・・・・」
と、呼びかけて書いてもらいました。
 
「紙上討論」のプリントのタイトルは「こんなことが許されていいのか」としました。サブタイトルには「勇気ある発言・行動が『いじめ・暴力・差別』のない楽しい学級を創る」と書きました。
 子どもたちに「紙上討論」のプリントを貼りつける表紙の色画用紙にタイトルとサブタイトルをつけて印刷して渡しました。
 「紙上討論」No.1の用紙に、私は「呼びかけ」の文章を書きました。その要旨は
 (1)
いじめ・暴力・差別は人間として許されることではない。だまっていては絶対になくならないし、ひどくなる。
(2)
いじめられないように友だちと合わせることだけに神経を使い、学習どころではなくなり、落ち着かないクラスになる。そういう生活は疲れ暗くなり、イライラし怒りっぽくなる。
(3)
勇気ある発言・行動が楽しい学級を創る最大の力です。いじめ暴力をふるう友だちも救うことができる。
 予想通り、最初は「いじめ・暴力・仲間はずし」のことはあまり出てきませんでした。しかし「紙上討論」を重ねるうちに、書き始めたのです。
 学級が荒れているのであればあるほど、解決を期待する子どもたちの思いは強いのです。その機会をつくってあげさえすればいいのです。
 それには「安心して語れる場と方法」設定すればいいのです。一人ひとりの声が、やがて学級に流れをつくりだします。最初は文章を書いた子の名前を伏せるのも、安心して事実や自分の思いを書けるようにするためでした。
 私が苦労してたどりついた毎回全員参加の「紙上討論」は、その一つの方法だと思っています。もっと多様な方法が考えられると思います。子どもたち自身の力で解決することを尊重することは重要なことであると思います。
(
今泉 博:1949年生まれ、元東京都公立小学校教師、北海道教育大副学長、創造的な授業の研究・実践を広く行う)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

杉渕鉄良(すぎぶち てつよし)(小学校)2「どの子も伸ばし、できるようにする」

 小学校教育の優れた実践家であった斎藤喜博は「創造と発見をともなう授業は、徹底的に事実につき、リズム感やドラマ的なものとかが、みごとに結合してはじめて実現するものである」と述べている。この言葉をまさに体現する授業を創り出す小学校教師が、「教育の鉄人」こと、杉渕鐵良である。
 杉渕は高校3年生のとき産休補助に来た先生がきっかけで、少林寺拳法に出会った。道場に週三回通い、初段まで取得した。自分が強くなりつつ後輩を教えた。この頃から、教えるのは好きだった。担任の先生に「君は小学校教師の方がいいよ」と言われ小学校教師になることにした。
 東京都公立小学校に就任し、朝と休み時間、放課後、子どもとずっと遊んで好かれていたため、授業が下手でも、自分が言うことをまじめに聴いてくれた。岸本裕史の本を参考に、百マス計算や漢字練習など、基礎学力の訓練を毎日行っていた。全員が百マス計算で2分を切るようになり、学級が元気になってきた。毎日やると力がつくということを実感した。
 さらに実践と並行して、東井義雄(『村を育てる学力』など)や、なかでも斎藤喜博の本を愛読し、とくに『全集1 教室愛・教室記』を読んで、こういう子どもたちを育てたい、斎藤喜博を超えたい!と思った。
 先輩教師が「文学教育連盟」の講座に誘ってくれた。そこで国語の授業を見て、ショックを受けた。子どもがいきなり立ち、教師が指名しないのにどんどん発言していく。すぐに授業者を教えてもらい、次の日から実践した。子どもが各自、教材文について考えたことを何でも書き、学級全体に発表し、教師はそれにコメントするという方法である。こんな発想もあるのだと視野が広がった。
 向山洋一の本を読み講演会を聴きに行くと向山氏に声をかけられ「東京青年塾」という若手教師のサークルに誘われた。毎月実践レポートを書いていき、向山氏に検討してもらい、全国の熱心な教師たちと、実践について思いっきり語り合った。
 このサークルで教わったのが「教科書見開き1 頁で問題を100問作れ」である。5年間毎日やり通した。この修行は、後の「一文解釈」の基礎になった。また「映像で自分の授業を記録しろ」とも言われた。毎日、授業をテープで録音して聞いた。怒ってばっかりなど、授業中には気づけなかった自分の行動に愕然とした。
 学芸会の指導にも力を入れた。親友の阿部肇が劇団の演出家でもあり毎日家に行って教えてもらった。
 3年目に研究主任になり認められたうれしさから、力量を高めるべく、「学校体育同志会」というサークルの研究会に参加し実践レポートを持っていった。学校では信頼を得、器械運動教育の研究を学校全体ですることになった。校内研では教師全員が授業を公開し記録を書いた。学校づくりの取り組みである。
 この頃から「子どもを全員できるようにする」という信念のもと、実践に突き進んでいた。鈴木鎮一『愛に生きる 才能は生まれつきではない』(講談社)を読んで衝撃を受けたことにある。日本人は誰でも何の苦なしに日本語をしゃべっている。それは、生まれてから今まで教育を受けてきたからであり、正しい訓練を続ければ、すべての子どもが育つと述べられていた。自分はどの子も伸ばすと決意した。
 5年目に実践論文を4カ月で100本書き、東京青年塾の法則化夏合宿に持って行った。その合宿でサークルをやめた。子どもを伸ばすためではなく、名声や運動のために本・論文を書く方向にサークルが傾いていることに、賛同できなくなったためである。
 教師7年目に転勤になる。1年生担任で自閉症の子を受け持った。どうしたらいいかわからなかった。その子は集中力が長く続かず、授業中ふらっと教室を出てしまう。そこで、この子も他の子と一緒に学習できるシステムとして創り上げたのが「ユニット授業」である。
 授業を細かい単位に分け、組み合わせた。国語なら、漢字まじりの文章の復唱と高速読みを1分ずつ、漢字100問テストを5分、教科書音読を3分、「表現読み」を3分、「ごんぎつね」についての話し合いを20分、まとめを書く活動を10分というように、である。100マス計算も、10マス計算に変えた。
 このように学習内容を短時間で交換すると、自閉症の子も少しずつ学習するようになっていった。ただこの子には、これまで学んできた授業技術が通用しない。そこで、子ども全員の記録を毎日細かく取り、その子にどんな手を打ったらよいか考えるようになった。この作業を通して、子どもは一人ひとり違うこと、障害があってもその違いに応じた工夫をすれば、どの子も伸びることに気づいた。
 ある晩、ひらめきがあって「どの子も伸ばす」という問題意識やこれまでバラバラだった個々の実践を「基礎の時間」「追究学習」「表現」の三つを柱として、教科という枠を取り外し、この三つで一週間の時間割を構成するようにした。以下、三つの柱を紹介する。
(1)
「基礎の時間」では、毎朝30 分、計算と漢字、音読の習熟のための練習を行う。
(2)
「追究学習」では、まず、子どもが「見たこと」(興味あることを考え調べた)作文を家で毎日書いてくる。学校で「発表会」を毎日30分程行う。一人1 週間に1 回発表する。さらに、週5日の「追究学習」の時間には、全員が同じ題材について学習する。「発表会」で出た?で、「これはもっと時間をかけて話し合いたい」「みんなで追究したい」と決まったものが題材になる。
(3)
「表現」では、子どもたちが色々な形で自己表現する。描く、歌う、身体表現などである。子どもたちの歌声をもっときれいな声にしたいと鎌田典三郎の本やビデオに学びながら、「歌う声」の指導を始めた。学習発表会で声がきれいになったのを目の当たりにして、保護者の中には感動で泣く方もいた。
 こうして無我夢中に修行した7年間から、今の実践に受け継がれている、基礎と追究、表現という柱が生まれた。そこには、当時流行していた他の教師の実践を追試をするのではなく、優れた教師の精神を取り入れ、自分独自の実践を創り上げた。
 結婚し、子どもが生まれ、子育てに関わるようになると、子どもの見方が変わった。どの子どもも親にとって大事でかけがえのない子ということが、実感として理解できるようになった。子育てで時間がなくなり、仕事優先順位をつけて仕事するようになった。寝る前に頭の中で授業を映像として思い出すことを始めた。
 1993年には、サークルの合宿で、学級経営のプロである小学校教師の堰八正隆(芦田恵之助の弟子、斎藤喜博と全国を行脚)と出会い生涯の師匠となった。
 1994年からは「子どもが創る授業」を実践し始めた。日直と教科係のシステムを作った。日直は「これから○○を始めます」など号令を出したり、次の日の学習計画を立てたりする。教科係は授業を進める。ただし、子どもに完全に任せると大変な事態になる。そこで、まず子どもに授業を進めさせ、そのよい点を認め、不足している点についてはお手本を見せてイメージを持たせたり、ポイントやコツをアドバイスしたりして、またやらせる。その上で、個別支援もした。
 
「感化の教育」にも取り組んだ。鍵山秀三郎の『凡事徹底』を読み掃除を一層徹底した。全校児童の靴を揃えたり、ゴミを拾ったりを黙って毎日行う。「子どもたちが手伝うようにならないかな」という思いを押さえて続けていると、掃除自体が楽しくなってきた。靴が揃った時の空気、教室がきれいになった感じがたまらない。
 
「子どもをこうしてやろう」という意識がなくなった時、子どもたちのほとんどが進んで掃除するようになってきた。教師がひたむきに行動すれば、教師の楽しい、気持ちいいという思いが伝わり、子どもは活動したくなるのだと気づいた。
 ただこのようにずっと順風満帆であったわけではなく、失敗もした。5年生の女の子を叱ると、母親が「うちの子は傷ついています。学校に行かせません」という手紙が来た。その子は1週間程不登校になった。家に行ってみると、その子の写真が、壁一面、天井全部に貼ってある。この子の家庭状況を知っていれば、もっと優しく対処できたのに、と反省した。自分の強気な性格で、子どものことをわかっていないのにわかっているつもりになっていた。
 この頃、学校での人間関係もうまくいかず、学校づくりをするために、自分が徹底的に変わろうと決意する。正義感が強すぎて人に厳しくなりがちであり、他人の落ち度を指摘してその場の雰囲気が壊れてしまう。そこで、自分の人格を変えるべく、姿勢を正して瞑想する岡田虎二郎の静坐をしたり、一流と言われる人の話を聞いたりして、優しくなろうとした。しかしながら、性格を変えるのは難事業であった。原点に戻って学級づくりをするべく、転勤することを決める。性格改造にはこの後15年ほどかかることになる。
 1997年に神津島の小学校に赴任した。小学校は荒れており、机がいたずら書きで黒く、消してもまた書く。今までの教育技術が通用しなかった。まずは島を知り、地域の人に味方になってもらうことが肝心だと思った。男親の多くは漁師である。
 島で震度6の地震が起きた。自分以外の教師はみな、夏休みには本土に避難した。島の子がまだ50人くらい残っている。そこで、自分は家族とともに残り、復興の手伝いをした。こうして、地域の人が信頼してくれるようになった。
 2000年に阿部氏の支援を受けながら、ソーラン節の踊りの指導を始めた。地域で評判になった。三つの柱に「歌う声」やソーラン節、掃除が加わり、子どもたちは学力面だけではなく、海岸のごみを毎朝自主的に拾うなど、行動面でも伸びてきた。全校児童が週に1 回集って音読と歌を発表し合い、互いに刺激を受ける、全校授業というシステムも創ることができた。
 2002年に新河岸小学校に転勤する。そこでは基礎学力づくりの時間を学校全体で導入しようと提案し、校長先生が賛成してくれた。「子どもを伸ばす」という理念を教師全体で共有し、新河岸小の次の三つのシステムを構築することができた。
(1)
チャレンジタイム:毎朝15分、基礎学力づくりをする。
(2)
全校チャレンジ:月に1回15分間、全校児童の前で、各学級が音読や歌の発表をする。上級生の発表を聴いてあこがれを持ち、また下級生の発表を聴いて負けていられないと奮い立てるためのしかけである。
(3)
基礎・基本、振り返かえり時間:45分の授業の中に510分基礎・基本の時間を入れ、授業末には2~5分、授業の「振り返り」を書かせることである。基礎・基本の時間には、国語なら新出漢字や文法事項、ことわざ、慣用句などを、テンポよく学習する。
 このように基礎・基本を重視したのは、考えるためには前提として知識が必要であり、知識は何回も反復して初めて定着すると捉えていたためである。
 新河岸小のシステムは公立小学校の挑戦として注目を集め、2003年テレビ番組「ガイアの夜明け」で自分の実践が紹介された。2004年には、模擬授業を岸本氏が見てくれ「10マス計算は自分の100マスを発展させてすごい」と認めてくれ、うれしかった。
 このような基礎・基本の徹底、追究に向けた子ども主体の話し合い、歌や踊り、絵などの表現といった教育のスタイルはこの後も引き継がれる。しかしながら、2006 年頃から、ある変化が現れる。書かせてから発表させるのではなく、まず発表させてそれを書いてまとめさせるというスタイルに変容していく。
 指導の一手は、教科学習だけではなく、給食指導や健康診断などあらゆる場面で打ちこまれ続けている。例えば服を素早くエレガントに着替えさせることで、リズムを壊さないスピードの気持ちよさを体感させる。こうして身につけた瞬発力が、10マス計算や「指名なし発言」などでの思考の速さに波及するのである。
 班ごとに学び合うことにも取り組んでいる。漢字の復唱や書き取り、教科書の表現読み、発表する題材についての話し合い、音読と歌の練習などの様々な学習内容を、リズムよく班ごとに子どもたちが進めるというものである。班を導入したのは、全員できないと次に進めないので、自然と「学び合い」や「教え合い」ができるからである。
 
「どの子も伸ばす」という信念のもと、一人ひとりを見て、その子を伸ばすためにあらゆる一手を打ち、そのからみあいである日、子どもがふっと伸びる。これが子ども全員の成長に向けて教師が自己改革していく一つの道であると、杉渕先生は示してくれている。
 
「教師をやっていると、色んな発見があって、挫折もある。でもそういうのが一個一個刻み込まれていく中で、教師自身が成長していくみたいなところがありますよね。だから、教師って色んなことが楽しいんじゃないかと思うのですよ」と述べている。
(
細尾萌子:近畿大学教職教育部講師。日仏の授業や教育評価が専門。思考力や表現力を育むパフォーマンス評価について現場の教師とともに研究)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今の社会状況では叱ることが難しくなった、叱るには覚悟と戦略が必要だ、プロ教師としてどうすればよいか

 「叱って育てる教育」は非常に重要なことである。しかし、今の社会状況のなかでは非常に難しい。状況を正確に見すえたうえで、戦略をしっかりたて、覚悟してあたることが必要である。
 まず、世の中が大きく変わったことを確認する必要がある。世の中は個人を絶対視し、個性尊重、自由・人権第一という考え方が支配的になった。
 同時に人間は平等であるという考え方が、大人と子どもの境目をなくしてしまった。個人の欲望が肥大し、好きなことは何をやってもいいという雰囲気が支配的になった。
 家庭も社会の影響を受け、親も子も同じ人間という考え方から、しつけと呼ばれる生活の仕方や人とのつきあい方を教えることが家庭のなかから消えていって、子どもはわがままいっぱいに育つことになる。
 学校もまた「生徒におしつけたり、管理するのはまずい」と批判され、はげしくたたかれ続けてきた。こうして学校では、叱ることはおろか、生徒に強制することが非常に難しくなった。教師たちは後退するだけだった。
 教師のなかにも、自由、ノビノビが広まり、ほめる教育が強調されるようになってきた。そして、生徒は教師の言うことをきかなくなり、学校は混乱し、生徒は際限なくだらしなくなってしまったのだ。叱るなど、とてもできない状況なのである。
 人間は自由にノビノビさせておいて、自然に一人前になれるわけではない。この社会で生きていけるように、大人が文化をきちんとたたき込むことが必要なのだ。しかし、子どもにとってそれは、自らの欲求に根ざしたことでないから、いやがるのはあたりまえで、それにひるんでいては、子どもはいつまでたっても一人前にはなれないのだ。
 文化とは、生活の仕方、人とのつきあい方、基本的な知識などをさす。すると、教育とは、まずおしつけであると覚悟しなくてはならないのだ。だから大人と子どもが同じ人間である、などと言っていたら、とてもできやしないことなのだ。子どもがいやだといっても、断固おしつけることが基本的に必要なわけだ。これは人類に与えられた宿命といっていい。
 しかし、おしつけだけで子どもが育つわけはない。子どもが自由に遊ぶことを保障し、そのなかで、自分で考え、行動し、責任をとるという自治の訓練が行われる必要がある。しかし、この自治の訓練にしても、大人の考える大わくを超えたときは、叱って中に入れる必要があり、子どもを一人前にするには、叱ることが必要不可欠であるということなのだ。
 叱って育てる教育は必要不可欠であるにもかかわらず、日本の社会はそれを軽視し、欲望のみを肥大化させいる状況にある。状況は相当に深刻である。叱ることが大切だからといって、むやみに叱っても混乱するだけだ。叱るには、覚悟と戦略が必要なのだ。その戦略をたてるときの原則は
(1)
学校の大わくをしっかり固める
 まず、学校は家庭や社会と違うことを、生徒にはっきりと示す必要がある。学校は生徒に基礎的学力、生活の仕方、人とのつきあい方を身につけさせ、一人前の国民にするところで、生徒はそのために来ているのだ、ということを示すことである。
 自由、ノビノビ路線など論外である。おしつけるところと、生徒が大枠のなかで自由に活動するところをハッキリわけて生徒に示すことが大切なのだ。このことについて、教師の間に共通認識をつくることが出発点である。
 教師の間に共通認識をつくらなければ、教師が個人的にどんなに頑張って叱っても、トラブルになるだけで、ほとんど意味がない。
(2)
教師と生徒の関係をハッキリさせる
 学校は、基本的に生徒が教師の言うことをきき、教え教えられるという関係が成立しなければ何も始まらない。現在、この根本がくずれているのである。
 やさしい、ものわかりのよい教師など論外だ。生徒との距離をとり、クールに生徒に接することを基本とすべきだ。べたべたと生徒にくっついていたら、叱ることなどできはしない。
 教師自身が自分の仕事を誠実に行うことが必要だ。例えば、いつも時間にルーズな教師が、生徒のチャイム着席を叱ることはとても難しい。
(3)
みんなで同じように叱る
 家庭でもほとんど叱られたことがない子どもが相手である。教師たちが共通の原理をハッキリ示して、同じような場面で、教師がみんな同じように叱ることが大切だ。教師がバラバラでは叱ることなど無理である。
(4)
学校の役割や目的は学校生活では必要なことであることを生徒に訴え続ける
 学校を成立させる必要から、生徒におしつけることだ。例えば、学校の役割や目的である、授業をしっかり受ける。掃除をしっかりやる等である。クールに、ていねいな言葉でハッキリ叱ることが大切だ。
 それに違反したからといって、人間として悪いということではない。道徳的ではないからだ。生徒の内面には立ち入らず、外側だけを規制するということだ。言うことをきかない悪い生徒だと、ヒステリックに叱れば生徒と泥沼におちいる。だから、納得させようといろいろ説得すると混乱し、最もまずいことになる。教師はこの区別をきちんとしていない。ここが落とし穴である。
 守れない生徒がでてくるのは当然のことである。学校生活では必要なことであり、それを守らないと学校の目的が達成できないから努力してほしい、ということをしつこく言い続けることである。生徒との根くらべと考えていい。できれば全教師が一致して要求し続けるほうが効果が大きい。教師と生徒の力関係に左右されるので、時と場合によって戦術を立てる必要がある。
(5)
人間の生き方にかかわること(道徳的なこと)ついて叱る
 人と人とのつきあい方について、叱らねばならないことがでてくる。いじめについてもこの分野に関することである。
 しかし、これは教師が子どもと人間として向き合うことになり、かなり難しいことである。叱る教師の人間的な力量が試されるからである。つまり、権威がなければ無理なのだ。教師は自分の人間の大きさをじゅうぶんに自覚したうえで叱らねばならない。
(6)
すべての生徒を同じように差別をせずに叱る
 子どもはえこひきを最もいやがる。なかなか言うことをきかない子どももいる。すべての子どもに対して、同じように叱るのはエネルギーと根気がいる。仕事だと思って根気よくやることだ。ただし、力のある教師であれば、叱り方にバリエーションをつけるとよい。
(7)
叱るということと、言うことをきかせることは別
 これをゴッチャにしている教師が非常に多い。
 叱るとは、学校としてのサインをハッキリだすということである。サインをだし続けることに徹する必要がある。
 言うことをきかせるためには、ある種の力が必要なのだ。教師個人として生徒に言うことをきかせるには、権威というものが必要である。
(8)
権威をつくる
 子どもが教師を信頼することが権威のよりどころである。教師としての仕事をハッキリさせ、それを誠実に実行していくことが大切だ。難しいことだが、自分で権威をつくるしかないのである。
 生徒に言うことをきかせるためには、教師として生徒の前にしっかり立つ必要がある。生徒と距離をとり、ていねいな言葉づかいで、きちんと対し、要求することはハッキリ要求することが必要だ。生徒とベタベタして、ものわかりよく対応していたのでは、生徒におしつけることなどできはしない。
 権威は、親や地域社会の支持が不可欠である。子どもの危機的な現状を率直に親にぶっつけ、親と手を結んで子どもを育てるという方向が必要だ。
 以上の原則をもとに、学校の現状を冷静に把握し、自分としての戦略を立ててみよう。そのうえで、具体的な場面でどのような叱り方をすべきかを考えるのだが、これは個々の教師が、その場その場で生みだすしかなく、マニュアルに頼るなどできることではない。
(
河上亮一:1943年東京都生まれ、埼玉県公立中学校教諭、教育改革国民会議委員、日本教育大学院教授を経て、埼玉県鶴ケ島市教育委員会教育長、プロ教師の会主宰)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音読で学力が上がる、おもしろいと思わせる工夫をするとよい

 私は最初、子どもたちにはとても優しい先生として接します。そして、子どもたちとの関係づくりができたら、ビシバシと基礎づくりや、音読指導などを始めるのです。
 音読指導は厳しくやりますが、おもしろくやります。つまらなければ、子どもたちがついてこないからです。
 おもしろくする方法は、お笑い芸人のトーク技術と同じです。
 例えば「スイミー」の音読指導では、「ある日! 恐ろしい!!(ジャジャジャジャ・・・・・・・ジョーズの音楽のマネ)・・・えー、コマーシャルが入ります」と、「ある日」と「恐ろしい」で切って、恐ろしそうな顔と言葉で、しかもギャグを入れたりしています。「おっ! 見たこともない魚たちが!!」と、床面を見ながら言ったりします。
 常に、おもしろい読み方、笑わせる授業になるようにしています。同時に、その空間も感じるような音読です。私は「立体的な音読」と言っています。
 朗読の研究会に行くと「邪道」「淡々と読み、子どもたちに想像させなきゃいけない」と言われますが、私はおもしろくやって、実際に子どもを伸ばしているのだから、気にしません。
 逆に、読み聞かせの会の人たちから「教え方がわかりやすい」とほめられました。
 私は「一人の落ちこぼれも出さない」という信念を実現するために、教科書を音読する一斉指導で、子どもたち全体の学力の最低ラインを上げていきます。
 読めるというのはすべての教科の基礎・基本です。教科書をすらすら読めるというのは、どの科目もそこそこできる子です。教科書を音読させてみると、できる子、できない子が一度にわかります。
 私は国語だけでなく、全教科で教科書の音読をします。読めることはすべての基礎基本です。初めての文章は多くの子どもが読めません。これは、基礎・基本ができていないということです。なのに、もっと難しいことをやるのは無駄なのです。
 音読は理解の基本です。とにかくこれを続けると、クラスの平均点が驚くほど上がります。社会科のテストで、これまで勉強してこなかった子が100点を取りました。「がんばったな」と声をかけると「あれだけ教科書を読めば誰でも覚えますよ」と言いました。これぞ音読効果、自然に内容を覚えるのです。
 一回読んだら終わりとはしません。バリエーションをつけて、テンポよく繰り返し読ませます。例えば、全員で読ませる。一人ひとり短い文章で区切って次々全員に読ませる。班全員で声をそろえ読ませる。班の中で一人ひとりに順番に読ませる。班ごとに全員の前で読ませる。
 順番に一人が一文を読んだら、次に全員が復唱します。一つの班が読んで全員が復唱することもあります。そうすれば、ほかの子が遊ぶことがなくなります。
 今の子どもはイメージする力が弱いのです。私の学級では、大きな声で、強弱をつけたり、その場面をイメージさせながら表現する音読をさせています。例えば「このとき、『ごん』はくやしいと思ったのか、しかたがないと思ったのか」を何度も読み、何度もいろいろな読み方で読むことで、その場がイメージできるようになってきます。
 私の学級の音読授業を見て「まるで演劇のようだ」と言う人もいます。私は演劇のように音読する指導をしています。その登場人物になりきることで「その心情もわかるではないか」と思うからです。いろいろな視点で音読することで「さまざまなものの見方がある」ことに気づく子がいます。社会にでてからも役立つスキルだと思います。
 私が音読の良い見本を見せたり、子どもの中で上手にできた子がいたら、その子のやり方をみんなの前で見せたりします。上のレベルを見せて伸ばしたほうが全体的に伸びるのです。「どうして音読しなきゃいけないの?」と言う子がいますが、理屈ではなく、真似することが大事なのです。体で覚えたほうが、上達が早くなります。
 勉強ができない子というのは、まずスピードがありません。速くよめない。だから、ゲーム感覚で超高速読み競争をよくやっています。最初の一文を意識して速く読むのがコツです。その後の速度が規定されるからです。
 
「この範囲を10秒で読もう。ヨーイドン」と。繰り返してやることで遅い子も「ワー、読めた」となります。人間って速くやることが好きなんです。いろいろな面でスピードアップできます。
 もちろん、落ちこぼれそうな子は、個別に入念なケアが必要です。集団をレベルアップさせつつ、個別にも関わります。だから私は、授業の中で一斉指導と個別指導をミックスさせています。その子だけに関わっていたら他の子が騒いでしまいますので、個を指導しながら全体を、全体を指導しながら個を指導しています。
(
杉渕鉄良:1959年東京生まれ、東京都の小学校教師。「教育の鉄人」と呼ばれる実践家、子どもを伸ばす為に命をかける熱血教師。ユニット授業研究会代表。その実践スタイルは全国の教師、保護者から支持を受ける。2003年夏、日経スペシャル「ガイアの夜明け」に出演。PHP「VOICE」や、経済誌「プレジデント」での教育シリーズに取り上げられ、各方面からの注目も高い。ユニット授業、10マス計算、表現読み、指名なし発言など、子どもの可能性を引き出すため、さまざまな工夫を凝らした教育実践を行っている) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クレーム対応でまず大事なのが第一印象です、どうすればよいか

 クレーム対応にいちばん必要なスキルは、コミュニケーションスキルです。問題解決能力や話術は、あったほうがよいですが、まずはコミュニケーションスキルです。
 クレームを言う人の心理状態は、水のいっぱい入ったコップと同じで、怒りや悩みであふれているのです。まずは、怒りや悩みをすべて吐き出させて、そのコップを空にします。そのためには、まず聴くことです。
 クレーム対応で、まず大事なのが第一印象です。人の第一印象は最初の30秒で決まるといいます。視聴覚情報が判断基準の大部分を占めるのです。第一印象がよければ、クレーム対応に要する時間が大幅に減るのです。3分の1に短縮されたというデータがあります。まず目から、次に耳から入ってくるもの、最後に話の内容で、その人の印象がいいか悪いかが決まります。
 クレーム対応ではまず、やってはいけない表情は笑顔です。「何笑っているのよ。こっちは怒っているのよ」と、怒りを大きくしてしまいます。
 申し訳ないという表情を浮かべるようにします。「あなたを大切な方だと思っています。不快な気持ちにさせてしまい、本当に申しわけありません」という気持ちが伝わる表情をつくるようにする。
 次に大切なのが、目線です。目を凝視する人がいますが、これは間違いです。怒っているときに、目を凝視されたら「ケンカを売っているのか」と思われかねません。
 「目のあたりを見る」ようにします。できれば顔の中心あたりを見ましょう。そして、怒っている人に10秒以上見つめるのは禁物です。好戦的、威圧的にとられることが多いので、合わせすぎないようにしましょう。
 うなずいたり、考えるようにして、時々、目を縦向きに下へそらします。横にそらすと「目が泳ぐ」状態になるので、話を聞いていない、本当のことを言っていないかのような印象を与えてしまいます。目の動きは、些細なようで、とても大切です。
 次に、姿勢があります。よくないのは、腕を組む、足を組むことです。自己防衛本能による防衛の体勢なので、あまりいい印象をもちません。立っているときに腕を後ろで組んだり、腰に手を当てたりすることも避けましょう。また、話をしているときは、できるだけ手のひらを下にしてお腹の前で組みます。
 そして、軽く前傾姿勢をとると「お話をうかがいます」という姿勢になります。体を後ろにそらしていると、偉そうに見えるのでさけましょう。
 その他に、身だしなみがあります。カジュアルすぎる服装は避け、爪が伸び、靴がよごれているといったことがないようにします。清潔感が大事です。
 申し訳なさそうな表情をつくって「申し訳ございませんでした」と、あえて普段よりも高いトーンで声を出すことによって、気持ちが正しく伝わりやすくなります。声で誠意を伝えます。
 
「いきなりお詫びをしたら、こちらの非を認めることになるから、後々不利になるのではないか」と考えている人は結構います。しかし、それは誤解です。
 原因が何であれ、何らかの不快な気持ちをされているのです。そのことに対して、まずは言葉でお詫びをしてください。
 
「ご不快な思いをおかけしまして誠に申し訳ございません」と言いましょう。このお詫びは、あくまで不快な気持ちに対するもので、こちらが全面的に悪いとは、一言も言っていません。これを言ったから、その後不利になるようなことはありません。
 最初はクレームを言ってやろうと思っていても、はじめにきちんとお詫びをされると、かなりトーンダウンすることが多いのです。  
 声の大小は相手に合わせるようにします。相手の声が大きければ、こちらも声を大きくし、小さいようであれば、小声(相手に聞こえること)で話すようにします。
 電話の場合、目に見える情報がないため、声の重要性が高まります。相手は声しか聞こえない分、聴くことに集中しています。声だけで感情を伝えなければなりません。少しオーバーというくらいに感情を込めるようにします。対面よりも気をつけるくらいにしましょう。
(
津田卓也:1995年ブックオフコーポレーションに入社、年間MVP獲得。2005年人材マネッジメント会社「Cube Roots」設立し社長。主席講師として年間約200回登壇している)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

授業中「集中力がない、私語、キレる、忘れ物、ノートが遅い」子どもをどう指導すればよいか

1 集中力が続かない子ども
 ADHD(注意欠陥多動性障害)の疑いのある子や集中力が続かない子はどの学級にもいます。注意のしかたが大切です。ほめるときは「みんなの前で」、叱ったりするときは「個人的に」を基本とします。授業をつぎのように工夫します。
(1)
チーム・ティーチング
 1学級に2人の教師がつきます。補助教師がその子につきっきりで指導ができ、個に応じた指導が可能になります。
(2)
子どもたちの活動内容に変化をつける
 集中できる時間は、およそ15分くらいです。集中力がなくならないよう、授業の中に「聞く」「読む」「作業する」「考える」「発表する」「書く」などをバランスよく組み合わせます。活動内容に変化があると集中力を保ち続けることができます。
2 おしゃべりの多い子ども
 学習が苦手な子どもは、学習内容が少しでもわからなくなると、すぐあきらめてしまい、近くの子どもに話しかけ、おしゃべりをはじめます。教師が注意しても、またおしゃべりが始まります。
 おしゃべりする子には、簡単に答えることができる発問のときに、どんどん指名して答えさせ、やる気にさせ「よくできたね」とほめ、自信をもたせるようにします。
 教師は学習が苦手な子どもをていねいに支援します。それと、周りの子どもたちのあたたかい励ましが必要なので、励ましの声をかけさせるようにします。
3 すぐにキレる子ども
 気に入らないことがあると、すぐにキレて思いきりものを蹴飛ばしたり、たたいたりする子がいます。
 とつぜんキレる子がキレたときには、周りの子どもたちと少し距離をとるとよいでしょう。そして、落ち着きを取り戻したら、ふだんどおりに近い距離で接するように指導することがたいへん重要です。
 気持ちが安定しているときに「心のブレーキ」をかける、コントロールのしかたを教えることです。例えば、キレるときは、心臓の鼓動が早くなったり、顔がこわばり険しい表情になったりします。このような身体感覚に少しでも気づいたら、その場から離れ、落ち着きを取り戻すように教えます。
3 忘れ物をよくする子ども
 忘れ物をする原因を調べ、方針を立て、子ども自身が自覚的に取り組むようにします。
 忘れ物をよくする子に「何か深いわけがある」のです。そのわけは、子どもによってちがいます。一人ひとりの事情に合わせた指導が必要になります。
 例えば、学校の仕度は朝の出かけにあわててする子どもには、まず、学校から帰ったら、宿題をやり、明日の仕度をしてからあそぶ。簡単にできる教科書、ノート、筆箱のしたくを忘れないようにする。保護者に連絡して協力してもらうようにします。
 そして、忘れ物がゼロでなくても、少しでも減ったら、どんどんほめるようにして、子ども自身が自覚的に取り組むようにします。
4 ノートに書くのが遅い子ども
 学級のなかには、ノートをとるのが遅い子どもが必ずいます。
 一文字ずつていねいに書きすぎるために遅くなる子には「少しくらいきたない字になってもいいから、○分でノートをとりましょう」と、事前に具体的な時間を知らせておきます。時間に間に合わなくても、速くなっているはずです。「速くなったね」とほめてあげます。
 自分の考えをノートに書くときには、漢字にこだわらず、ひらがなで書いてもよいと指導します。また、帰りの会で、連絡事項を聴き取りながら書かせて、書くスピードが速くなるように鍛えるのもよいでしょう。
5 自己肯定感の低い子ども
 「どうせ、ぼくなんか・・・・・」と自己肯定感をもてない子には「がんばれば、できるよ」と声をかけても効果がありません。小さな成功体験を積み重ねて自信をもたせるようにする。周りの子どもたちが、それを認め励ますようにすることです。この2つは車の両輪のようなものです。どちらもなくてはならないものです。
 帰りの会で、今日一日を振りかえり、全員の前で、成功体験やがんばりを発表し、それを認め合うようにすることは、自己肯定感を高めます。
(
加藤辰雄:1951年愛知県に生まれ、元名古屋市立小学校教師。愛知教育大学等非常勤講師。「読み」の授業研究会運営委員)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教師に過失がないのに保護者が教師を批判し攻撃する場合、どうすればよいか

 他の保護者と同様に対応しても、マイナスに受けとる保護者、教育実践に対して批判的な保護者、攻撃的に苦情を言ってくる保護者がいます。
 教師に過失がないのに、このような対応してくる保護者の多くは、保護者自身に自分の問題を抱かえている可能性があります。性格や考え方に偏りがある、過去に受けた心の傷を引きずっている、さまざまな事情で冷静になれない心理状態にある、などです。
 したがって、そうした保護者と協同できるできるような関係を築くためには、プラスアルファの対応が教師に必要となります。
 まずは、教師が自分の教育実践や、子ども、保護者との対応に落ち度やマイナスの印象を与える行動がなかったかを再検討します。じっくり振りかえってもそういうことが思いあたらなかったら、保護者自身が問題を抱かえている可能性に配慮しながら対応していくことが求められます。
 こういう場合、教師はとても大きなストレスを抱かえ、ブルーな気分になってしまいます。ですが、保護者との関わりは教師と子どもの関わりに大きな影響を与えますから、冷静に対応していきたいものです。
 
そうした保護者の代表的なタイプと、配慮すべきポイントを次に示すと
1 被害者意識が強い保護者
 わが子が適切に扱われていないなどと、細かいことを取りあげて、連絡帳や電話で繰り返し教師に訴えてくる保護者です。 
 そのつど十分な対応をしないと「教師は何もしてくれなかった」と、不満を訴えたり「自分の子どもだけが被害者である」と、とらえて執拗に教師を非難してくる傾向があります。
(1)
心理状態
 被害者意識の強い人は、過去に人に傷つけられた、不当に扱われた体験を持っている。そのため、人を信じることができず、物事をネガティブにとらえ、自分への攻撃や侵害だと感じてしまいます。
 常時、不安感を持っている場合が多い。そうした不安感から身を守る手段が、侵害してきたと感じられる相手を非難する「攻撃」と、相手との関わり合いを避ける「逃避」です。不安にさいなまれた人は、冷静に問題を解決できなくなってしまいます。
(2)
対応のポイント
 不安が高まってくると、教師を非難する場合があります。保護者の不安から出た行動に「感情的に巻き込まれない」心構えが必要です。
 保護者の不安をやわらげるために、保護者に連絡する対応が必要です。例えば、定期的な連絡帳のやりとり、時間を決めて電話連絡する方法を確立しておき、日々の子どもの様子を定期的にまめに知らせ、安心させる。
 つまり、ふだんから、教師は味方なのだと感じられるような関係を形成しておくことが重要です。
2 子どもの非を絶対認めない保護者
 授業中に騒ぐ、子どもをいじめるなどのわが子の問題行動を、教師が説明しても、頑として認めない保護者がいます。教師が説明しても、保護者は冷静さを失い、教師を批判することも多く、建設的な話し合いができなくなってしまいます。
(1)
心理状態
 こうした保護者は、次のような3つのタイプがあります。
①子どもが家庭で見せる、いい子の顔と、学校の様子との落差が大きく、とても信じられないというタイプ
 親の期待に応えるいい子だった場合にだけ子どもを受容する、という傾向があります。子どもは親の期待に応えようと親の前でいい子になっている。
②親心として子どもを守ろう、信じることが親だという意識が強すぎて、わが子の非に薄々気づきながらも認めたくない、認められないというタイプ
③わが子の評価が保護者の評価のように感じてしまい、自分の立場を守るために、わが子の非を認めないタイプ
(2)
対応のポイント
 「教師がわが子を否定的に見ている」「子育てのあり方を非難している」と保護者が思っているうちは、教師に心を開いてきません。
 したがって、教師は「この子どもにために動いているのであって、親としての責任をとがめているのではない」というメッセージを、保護者に理解してもらえる対応上の配慮が求められます。
 話し合いのポイントは、「教師や他の子どもたちが困っているからではなく、その子の学習や学校適応に支障が生じる可能性があり、その対策を教師と保護者が協力して考えたい」というところから始めましょう。
 学校として、その子に効果的な対応をするために、家庭での保護者の工夫を教師が聞き、生かしていきたいという姿勢を見せることがまず必要です。
 その上で、具体的な行動について一つずつ話し合っていく。例えば「友だちに非を指摘されると冷静でいられなくなってしまうこと」について話し合う。
3 感情的に苦情を言ってくる
 自分の子どもが学芸会の主役になれなかったのはおかしい。うちの子が仲間はずれにされているのになぜ対応しないのか。という具合に、教師からすると突然苦情を言ってくるタイプの保護者がいます。
 かなり感情的になっていて、冷静に話し合うまで時間がかかってしまいます。
(1)
心理状態
 こうした保護者は、子どもから断片的に学校での出来事を聞き、自分の思い通りにならない出来事を悲観的に受け取り、感情が激して教師にぶつけてくるのです。
(2)
対応のポイント
 まず、その激した感情を静めてもらうため、十分話してもらいます。それをじっくり聞くことで、かなり激した感情も低下するものです。その上で、話の内容を順を追ってゆっくりと一つ一つ確認していきます。その際、話の内容の出来事と、保護者が推測したことをしっかり識別して整理します。
 例えば「Aくんたちとけんかしている」ということを子どもから聞いた(→事実)のですね。そのとき「うちの子どもはいじめられているのだと思った」(→推測)のですね、という具合です。
 こうした対応をすることで、保護者も次第に冷静になってきて、全体像が理解できるようになると、話し合いも建設的にできるようになります。
 保護者は、どこかで教師に話を聞いてほしいという側面もあるからです。結果として、激していたことも忘れたように納得して話も終わる、ということも多いものです。
(
河村茂雄:1959年生まれ、早稲田大学教育・総合科学学術院教授。15年間公立学校教諭を経験した。学級崩壊,学級経営など教育実践に生かせる研究成果を多数提供している)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミュニケーションの秘訣は、相手を心地よくさせること

 私がアナウンサーになったのは、たまたま大学にアナウンサーの募集要項が貼ってあったからでした。「なりたい」と思ってなったわけでなく、たまたま採用されたのがきっかけです。
 もともと私は人と会うことがとても苦手でした。「人からつまらないと思われている」と、いつも気になっていました。
 入社後、しばらくは「面白いことを言わなければ」という変な意気込みもあり、ミスを連発し、取材相手の人にも随分嫌な思いをさせたはずです。
 そんな私もアナウンサーになって20年がたちました。今では人に迷惑をかけることはなくなったと思います。私が変われた理由は、コミュニケーションに「ある気づき」があったからでした。
 それは、相手が心地よいと、自分も心地よいと、「相手の心地よさを第一に考えられるようになった」とき、コミュニケーションは楽しいものになりました。
 コミュニケーションをとることで「気分がラクになる、心地よくなる」ことが重要だとわかったからです。
 
「ぎこちなさや、気まずさといった壁を相手といっしょになくしていく作業がコミュニケーションだ」と、長年この仕事をやるなかで気づきました。
 相手といっしょにする共同作業がコミュニケーションだと考えるようになった私は、自分がしゃべるよりも相手に話してもらうことを重視しました。人間は誰しも、自分の話を聴いてもらえるとうれしいものです。
 とにかく「相手にしゃべらせる」こと。相手に楽しくしゃべってもらうために、自分がどう反応し、立ちまわるかで全てが決まります。
 コミュニケーションには、こう来たらこう受ける、こう受けたらこう出すという「型」がたくさんある。それはある種のパターンで、定石を駆使するだけで、いまこうなっているからこっちに振ってみようとか、相対的なコミュニケーションがとれるようになるのです。
 定石って意外とあるんです。誰しもたくさん身についている。例えば、相手に「ありがとう」って感謝されたら、「こちらこそ」って返すのも定石。「どうも」も「どういたしまして」も「そんな」も「いえいえ」も全部、定石です。
 そうやってずっとコミュニケーションをモニタリングしていたら、コミュニケーションをゲームと捉えると、その流れから「この質問だったらこう受けるのがベスト」とか、「この答えだったらこっちに話を振ったほうがいい」とか分析できるんです。
 面白いことを言う話術が自分になくても、相手を楽しくホッとさせられる人になれることを知ったのです。相手がホッとするときは、自分もラクでいられます。
 誰にでもふれられたくないコンプレックスがあります。それに触れられ、ネタにされても笑っていられるようになれば、自分も相手もとてもラクになれます。コミュニケーションの世界が全く変わってきます。
 相手に自分の欠点をツッコまれたとき、ヘコんだり、心が折れたりするんじゃなくて、喜べなきゃいけない。コミュニケーションをゲームだと考えたら、ゲームをプレーするうえでは、弱点があったらラッキーなんです。
 例えば、ハゲチビデブの人、それをネタにされても、平気な人になる。自分のコンプレックスをツッコまれても歓迎できる人になる。そうして自分を低く設定しておくと話しかけられやすくなるんです。サッカーで言えば、ボールがよく回ってくるようになるし、パスを出す足場もしっかりする。
 私は、ゴボウのように細いこと、オタクなことに触れられても平気な顔をしていると、周囲の人たちが面白がってくれ、今では私のキャラクターになっています。それで周りを楽しくしていると思えば、自分も相手もラクになれるはずです。
 コミュニケーションが苦手だと思い込んでいる人、そんな自分をどうにかしたいと考えている人は、自分を許した人こそが「話をすると楽になる人」になれる。そう思うんですね。
(
吉田尚記:1975年東京生まれ、ニッポン放送アナウンサー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教師への不信感による保護者のクレームをどうすれば防げるか

 今や、しっかりと実践さえしていれば、保護者がわかってくれる時代ではなくなりました。教師が実践していることを早めに保護者にしっかりと伝えて、理解を得て信頼してもらわねばならない時代になっています。
 教師が丁寧な実践をして保護者に伝えることが求められています。保護者のニーズを実践に生かすことも求められています。それも先手の対応が大事です。つまり、保護者の信頼を勝ちとりながら実践していく時代になったという教師の意識が必要でしょう。
 保護者がクレームを言ってくる場合、教師への不信感が伴い、感情的になっていることが多いものです。ここで最も重要なのは、保護者の怒りの感情に教師も巻き込まれ、教師も感情的に対応してしまうと、泥沼状態にり、教師への不信はさらに大きくなり、問題を解決すための話し合いにはならなくなってしまいます。
 そうならないようにするには、どうすればよいのでしょうか。
 保護者との話し合いを進めるためのポイントは、教師の正当性を保護者に伝えることではなく、保護者の不信感を払しょくし「子どものために教師と保護者が協同して対応していく」ことを確認する。そのために話し合うことを教師が意識して進めることです。
 保護者と建設的に問題の解決をする話し合いを進めるためには、つぎのような基本的なポイントがあります。話し合いの場に、教師と保護者の当事者だけでなく、第三者の立場の人がいてリードしてもらえると、より有効です。
(1)
保護者の怒り、不信の感情を「受け止める」
 保護者の言い分を一通り話してもらいます。保護者の話の内容が一方的であったり、誤解があっても、教師が反論するとケンカになるので反論しないようにします。
 その話を整理して「・・・・・・のように受け取られたならば、不信感をもたれるのはわかります」と、保護者の怒りの感情を受け止めます。
(2)
教師の行った対応を「説明する」
 今度は、教師が行った対応を、弁明にならないよう、時間を追って一つ一つ説明していきます。分析的に説明していくと、比較的冷静に話すことができます。
 ポイントは「子どもの○○という様子を、△△と判断したので、□□という対応をしました」と、解釈したこと、考えたこと、行動したことを識別して説明します。
(3)
どのような対応を教師に期待していたかを「質問する」
 教師の説明を聞いた後でも、納得できない保護者も多い。話し合いで教師が保護者を言い負かせたとしても、保護者の教師への不信感はますます高まってしまい、保護者の協力が得られなくなってしまいます。
 保護者と意見の食い違いなどがあった場合は、どちらが正しいのかの議論ではなく、今後、教師と保護者が連携して子どものために、よりよい対応をしていくためには何をすればよいのか、という視点で話し合うことが求められます。
 保護者に「どのような対応を期待していたのか」を教師が質問します。そうすることによって保護者の思いを理解することができます。
 もし、保護者の期待が学校にとって受け入れられない部分があれば「他の子どもたちの・・・・・という反発が想定されますが、それにはどう対応すればよいでしょうか」と謙虚に質問します。異なる考えや思いを持つ子どもや保護者がいることを、気づいてもらうようにします。
(4)
教師と保護者が連携していくことを「確認する」
 今後、教師と保護者が連携して対応する内容を、一つ一つ確認していきます。対応が行われたときの連絡方法も、保護者の希望を入れ、無理のない範囲で確認しておきます。
 後は、問題が解決されるまで続けていきます。一応の成果が見られたら、もう一度保護者と話し合って、しばらく見守っていくことを確認します。しばらくは月に一回程度、担任の方から連絡を取り、様子を聞くことが大事です。
 保護者のクレームへの対応は、その問題の解決を図るとともに、きちんとした丁寧な対応をすることで、保護者の信頼を回復するという目的もあることを忘れてはなりません。
(
河村茂雄:1959年生まれ、早稲田大学教育・総合科学学術院教授。15年間公立学校教諭を経験した。学級崩壊,学級経営など教育実践に生かせる研究成果を多数提供している)
(
「教師のための失敗しない保護者対応の鉄則」河村茂雄編著 学陽書房 2007)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

授業中に子どもが教師に反抗したとき、学級の雰囲気を悪化させない指導のポイントとは

 授業中にノートも出さず、机に伏している子どもがいました。教師は「ノートを出しなさい」「どうしてやらないの」と注意し始めました。教師としては当然の声かけです。子どもが従わないので、教師の声は怒気を帯びていきました。
 
「うるさいな」「やりたくない」と、その子は反抗的な態度を見せ始めたのです。子どもには負けられないという教師の思いから声で抑え込もうと、声がより強くなっていきます。
 その子は教師をにらみ付ける目つきは、より鋭くなってきい、授業の雰囲気は一気に崩れていきました。
 このように学級を崩壊させないためには、どのようにすればよいでしょうか。
 教師が感情的になっているときには指導を避けるべきです。子どもとの関係は悪化し、教師としての自信も奪われていきます。子どもが感情的になっているときにも教師は指導をさけるようにします。一度クールダウンして仕切り直しをしましょう。
 感情をコントロールすることは、教師にとって必要な力です。しかし、その力をつけていくことは難しいことです。私は感情的になりそうなときはその場面から遠ざかるようにしました。そんなときこそ冷静に、ゆっくり話すようにしました。
 授業中は個人よりも集団への指導を優先することを原則とします。大切にしたいのは、やろうとしない子どもよりも、真面目に学習に取り組んでいる子どもたちです。そして、授業中は、子どもと「力くらべ」は避けるようにします。
 人々が集団を構成した場合、自然発生的に2対6対2の内訳(「優れた人2割」対「普通の人6割」対「パッとしない人2割」)になるという法則があります。
 学級集団にあてはめると「自分から進んで学習に取り組もうとする2割の子どもたち」対「指示されたことはやろうとする中間層の6割の子どもたち」対「やる気がなく、ときには授業を妨害する2割の子どもたち」に分かれます。 
 授業中は学習に取り組んでいる8割の子どもたちをしっかり見てあげるようにしましょう。8割の子どもたちが教師を信頼し、指導を受け入れてくれれば学級は崩れません。残り2割の子どもたちがどんなに自分勝手な行動をしても2割の力では学級は崩れることはありません。
 だが、中間層の6割の子どもたちが、荒れている子どもたちの行動を認めたり、同調してしまうと、学級は一気に崩壊へと進んでいきます。この6割の子どもたちの信頼を得るためにも授業中に頑張ったことをしっかりと認めてあげることが大切です。
 教師の指導を拒否する子どもには、授業中は「できたら見るからね」と笑顔で話しかけ刺激しないようにします。
 そして、授業後に急がずゆっくりと対話しながら、その拒否の意味を探っていく必要があります。教師と子どもがつながるための第一歩は、おしゃべりができる関係をつくりだすことです。日常的な子どもたちへの声かけは「大切にしているよ」というメッセージです。
 子どものことについて教師が知らないことはたくさんあります。教師が子どもの世界に興味、関心を持つことは、子どもとつながるきっかけになります。子どもの話をじっくり聴くことは、指導に大いに役立ちます。
 子どものことをわかろうとする教師を子どもは信頼してくれます。完璧主義に陥らずに、ゆっくり深呼吸しながら、スモールステップで進んでいきましょう。
(
斎藤 修:1953年福島県生まれ、元千葉県公立小学校教師、全国生活指導研究協議会常任委員) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学校の数学教師の授業が崩壊し、保護者から担当変更と緊急保護者会の開催の要求があったとき、どうすればよいか

 中学校で授業崩壊している数学教師の担当変更と緊急保護者会の開催要求があった次のような事例がある。
 古い伝統校で保護者が教育熱心な中学校の3年A組の保護者から数学担当のB教師の授業について、
「教師が授業に遅れてくる。おしゃべりや立ち歩きしている生徒を注意しない。生徒のおしゃべりがうるさくて授業に集中できない。授業の説明がよくわからない。ときどき答えを間違える。授業の進度が他クラスからかなり遅れている。」
といった苦情が授業参観のあとの学年懇談会であった。PTAの学年委員長から数学教師の担当変更と緊急保護者会の開催要求があった。
 A組の学級担任は緊急保護者会に反対したが、A組のほとんどの保護者は緊急保護者会の開催に同意した。
 学級懇親会の終了後、A組保護者代表5名は校長に数学教師の変更を要求したが、校長はこれを拒否した。代わりに、校長はB教師への指導の指示と、校長が授業を巡回すると保護者を説得した。
 2日後、学年委員長から強硬的に緊急保護者会を開くと連絡があり、校長は承諾をせざるを得なくなった。すぐに校長は全教職員を招集しこれまでの経過を報告した。教師の意見を求めると大多数は緊急保護者会を開催しないほうがよいという意見だった。
 しかし、校長は緊急保護者会の開催が必要であると述べた。A組のほとんどの保護者が変更を希望していること、B教師の所信表明と学校としての考え方をきちんと説明して保護者を説得する機会が必要という理由からである。
 また、校長はPTA役員会で学校の方針を説明すること、B教師の数学担任を変更しないですむ条件について話し合うと述べた。
 緊急保護者会が開催され、3年(生徒数150)の保護者100名が出席した。PTA会長が司会者に教頭を指名した。まず校長がこれまでのいきさつと反省点を表明した。すなわち、B教師の授業崩壊を校長が把握していなかったこと、授業改善策や生徒指導法をB教師に指導していなかったと。
 さらに、今後、B教師へ全校支援体制を整えて授業改善策に取り組むことと、B教師の心境と決意をていねいに説明した。
 数学の教科主任は、担当教師全員による支援体制を具体的に説明した。B教師の授業がわかりやすくなるように、教材や指導方法、学習形態を変更する協力をして、ティームティーチングを取り入れると。
 保護者側から「教育のプロであるにもかかわらず、授業が成立しない事実を学校はどう考えているのか」という厳しい質問があった。学年委員長からは、B教師の心境と、担任変更についての校長の意思を問うた。
 B教師は、指導力不足を詫び、わかりやすい授業を心がける決意を表明した。遅れている箇所については補習授業をしたいことも説明した。
 校長は、担当変更の意思はないことをはっきりと伝えた。数学科の協力体制とB教師の決意を再度強調して、保護者の理解を求めた。
 本件からの教訓は、
(1)
管理職は、週案や年間指導計画、校内巡視をとおして、授業のようす、進度、指導方法などを日ごろからきちんと把握することが大切である。
(2)
B教師の指導については、問題点を分析するとともに、生徒理解や授業の進め方など具体的に指導・助言を行う必要があった。
(3)
授業崩壊は、教師の指導力不足が大きな原因のひとつである。「魅力ある授業、わかる授業」をめざして、研究授業や校内研修を充実し、「教師は授業で勝負」できる学校体制にしていくことが必要である。生徒に原因がある場合もある。その際には生徒のいい分を聞くことも大切である。
(4)
できるだけ保護者や地域の人々に授業を公開し、子どもたちのあるがままの姿を見ていただく機会を多くもつように努める。
(5)
教師としての使命感をしっかり持ち専門職としての研修意欲を高める。さらに、教師相互に励ましあい、協力しあう雰囲気を校内につくりあげることが大切である。
(
青田祥伸:1945年生まれ、東京都公立中学校教師、東京都教育庁指導主事、東京都公立中学校校長を歴任した)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いじめが起きたとき、担任は子どもたちや保護者にどう対応すればよいか

 つぎのようないじめがあったとき、担任は子どもたちや保護者にどう対応すればよいでしょうか。
 
「中学一年生の男子生徒が数人の生徒からからかわれたり、シューズで頭をたたかれたりされるなどのいじめを受けていました。気づいたときには、かなりの時間が経過していて、わが子からの訴えをしばしば聞いていた保護者は、学校やいじめた生徒の保護者に対して不信感を強くしていました」
 このような数人でひとりの生徒をいじめた場合、罪の意識が弱く、反省を求められても「自分だけではない」と言い逃れをすることがあります。
 いじめた子どもを強く叱責し、いじめられた子どもを単にかばうやり方だけでは、一時的な抑止にはなっても本当の解決にはなりません。いじめが陰湿さを増す結果さえまねきません。
 緊急にとるべき措置と、長期的な取り組みが考えられます。
1 緊急の対応
 まず、子どもたちへの指導を通して、保護者への働きかけを考えなければなりません。
(1)
学級の子どもたち全員に対する指導
 
「いじめは人間として許されない行為であり、絶対にあってはならないこと」ということを理解させます。これはじっくりと理解させる以外にありません。
 そのなかで、自分はどうだったのか、を十分に考えさせます。いじめていた子ども、見ていた子ども、それぞれに本音が出せるように、教師がしっかりと共感的に受けとめていくことが大切です。
(2)
いじめていた子どもたちへの指導
 
「先生はいじめは絶対に許さない」という毅然とした態度が必要です。いじめの行為は厳しく指導しても、人間性まで否定してはなりません。いじめられた子どもの苦しい気持ちを伝えながら、教師の素直な気持ちを示します。
(3)
いじめられた子どもへの対応
 いじめられた子どもは身も心も傷ついています。その心身の保護に努めます。「全校の教師で必ず守る」と約束し実行します。注意深く見守り、話を聞くなどして、かかわりを持ち続けることが大切です。
(4)
保護者への対応
 いじめられた子と保護者は、いじめた子と傍観者、気づいてくれなかった教師に不信感をつのらせています。教師はいじめを早く発見できなかったことを素直にわび、学校の指導体制と学級の子どもと保護者への働きかけの様子をしっかりと伝えます。
 傍観者もふくめ、いじめていた子どもの保護者に、いじめの全容と、どこがいけなかったのかをよく話し、いじめの本質をよく理解してもらいます。
 
「保護者の方々も教師の気持ちも、子どもたちみんなが健全に育ってほしいということで一致しています。いじめは悪いことです。間違ったことをしたとき力になってやるのが大人の責任ではないでしょうか」と、いじめられた子どもの苦しみ、痛みを教師の気持ちを交えて説きます。
2 長期的な取り組み
(1)
いじめられた子どもに対して
 家庭との連絡を密にしながら、本人にいろいろな活動の場をあたえ、そのなかの努力を認めることによって、自立への援助を行います。支え続けることによって、本人の意欲を引き出し、周囲の子どもたちが認める場へと導いていきます。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          
(2)
いじめをとりまく子どもたちに対して
 教師は子どもたちの人間関係をよくしていく努力を一層重ねていく必要があります。教師が子どもたちに思いやりのある接し方をすることによって、子どもたちの心のなかにも自然と思いやりの気持ちが生まれてきます。
 多くの活動の場を与えることによって、ストレスを発散させ、明るい雰囲気をつくり出すことに教師は努めます。
(3)
保護者に対して
 保護者とよく連携しながら、子どもたちの家庭での存在感や家族への貢献度を認めていく努力を続けてもらいます。学級懇談会など様々な機会に、教師から実例話を聞いたり、他の保護者と意見交換をしたりするなかで、子どもの成長段階に適した子どもたちへの接し方や、認める、ほめる、叱るなどを理解してもらうようにします。
(
松田素行:千葉県公立中学校校長,千葉県教育庁主幹,昭和学院短期大学教授を経て,文教大学教授)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保護者から学校に苦情の電話が入った場合、どう対応すればよいか

 保護者からの苦情を対面して受けると、相手の表情とその変化が目前で見え、感情の変化まで推察できるのが特徴です。声のトーンや言い方だけでも怒りの度合いは推測できます。最大の利点は、向き合って座っているので、不必要に騒ぐリスクが減るため、その場にいあわせる全員が理性を保とうとするところにあります。ポイントさえつかめば、解決に向けて進みやすくなります。
 一方、電話だと相手がみえません。見えないぶん、向き合っていては言えないことでも、相手の姿が見えないことで、強く出てしまいます。声だけでは視覚情報がないため、双方の理解が深まりにくくなり、どうしても解決への難易度は高くなります。
 電話の場合、相手の意図を聞きとることが難しく、こちらの意図を伝えることも難しい。教師と保護者の場合、そんな気がなくとも、非常に冷たく突き放したように聞こえてしまう、などということはよくあります。
 保護者の学校への苦情はどのように受け答えすればよいのでしょうか。
 最初に注意すべきこと、それは、周囲の教職員にも、苦情の電話がかかってきたことを知らせることです。苦情の電話を受けているとき、周りの雑談や笑い声などが聞こえてしまうと、関係のないことでも怒りが増してしまうものなのです。
 苦情を受ける電話は、少なくとも二人が同時に聴ける設定にしてあることが望ましい。ぜひ一台はセットしておくべきです。担任と学年主任、あるいは教頭などと同時に聴けるようにすると、会話の最中でも筆記で指示を出し、軌道修正できる。できれば録音機能もあれば、なおよいのではないでしょうか。
 話を聞くうえでの心得は、保護者が興奮していても、こちらは冷静さを保つことにあります。冷静といっても、事務的な話し方になってはマイナス。保護者の興奮度や声の大きさを踏まえて、やや近いトーンで対応しましょう。
 また、申し出にはいちいち同調しながらも、ポイントをしっかり書きとめ、こちらからの返事は、最後まで聞いてからにします。もちろん途中で判断を求められたら答えられるものは答え、すぐに判断できないものは「教頭に相談して、あらためてご連絡させていただきたく思います。よろしいでしょうか」などと伝えればいいでしょう。
 そして話が一段落し、保護者が落ち着いてきたら、こう切り出します。「せっかくの貴重なご意見ですし、お電話ではなく、直接お聞かせいただけないでしょうか。ご来校いただいても、訪問させていただくのでもかまいません」
 おそらく、この言葉を聞けば保護者は一瞬ためらう。電話の特性に引っ張られ、感情のままに発していたのなら「いずれ会わなければならない」という事態を想像し、これまでの態度や言葉を恥入るはずです。
 実際、こういったやり取りのあとに対面すれば、電話の向こうにいたはずの保護者とはまったく違う人物がそこにいる、などということもよくあります。そして相対したあとのほうが、冷静で建設的な意見を出せるに違いないのです。
 以上が、保護者対応で私がお勧めする、電話から対面へ切り替える話法です。いきり立つ保護者と対面することは気が重いかもしれません。それでも有効な解決法であることは過去の事例からも証明されていることです。
(
関根眞一:1950年埼玉県生まれ、苦情・クレーム対応アドバイザー。百貨店に34年間在職し、お客様相談室長を経て、メデュケーション()代表取締役。新学校保護者関係研究会委員) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

授業妨害する子どもが「きれた」とき、どう対応すればよいか

 授業中に「むかつく」「きれた」と、子どもに言われたとき、教師のなかには「ふざけたことを言うな、許せない」と思う人がいるでしょう。
 
「何がむかつくんだ」と、教師が言い返せばどうでしょう。子どもと同じ立場に立ってしまったことになります。そうすれば、けんか同然になってしまうと承知しておかなければなりません。教師が興奮すると、体罰など思わぬ事故はこうしたときに発生するものなのです。
 それでは、どうしたらいいのでしょうか。
 まず、深呼吸して冷静さを取り戻して対応します。興奮状態にある子どもを落ち着かせることです。教室内の動揺を、防ぐことも必要です。「どうした」「大丈夫か」などと、その場の状況をとっさに判断して言葉をかけてやります。興奮した子どもからは「うるさい」としか、答えは返ってこないかと思いますが。
 恐ろしくて声もかけられない状況が、教室に生じないとはかぎりません。教師だって動転する場面はいくつもあるのです。
 しかし、教師が動転する姿をみせれば、それにつけ込んで騒ぎが大きくなったり、荒れが激しくなったりすることだってあります。したがって、動転した姿を教師が見せることは、努めて避けたいと思います。
 こうした場合に、恐ろしくなって立ちすくんでしまっては、局面の打開もできません。「ちょっと待って」と言いながらなだめます。状況に応じて、近隣の教室の教師の助力を求めます。
 職員室まで走る間に、教室がどうなってしまうかと、立ちすくんでいたらどうなるでしょう。こうしたことを考えると、学校としての対応策をきちんと立てておくことが、とても大事なことに気づきます。
 この場合、詳しく説明するゆとりもないから、教師間の連絡用の合言葉を決めておいて伝えたり、連絡し合ったりして、協同体制を組むのです。それも、短時間で行います。
 ふだんから、生徒指導主任を中心に、最近の子どもの動向について分析したり、情報を交換したりして、策を立てる必要があります。最近は特定の子どもをマークするだけでは対処できなくなりつつあることに、注意しなければなりません。
 そして、数名の教師で「きれた」と騒ぐ子どもを落ち着かせるようにします。相談室に連れていってから、子どもの話を聞きます。言い分や気持ちをたずねる必要があるでしょう。暴れるおそれもありますから、テーブルをはさんで話し合う配慮だって大事なのです。
 相手の子どもが平静な心を失っているときは、それ相応の構えをこちらもしなければなりません。後日のトラブルを防ぐためにも、複数の教師が子どもの心をたずねる慎重さが望まれるでしょう。
 授業妨害を止めさせるにはどうすればよいでしょうか。
 一つは生徒指導主事や教頭などに預けます。子どもの話を聞きながらも、理と情の両面から訓戒しなければならないでしょう。言っても聞かないからなどと言って、訓戒を避ければこうした事態はますます続きかねません。
 無理に教室に戻せば授業妨害する場合、緊急対処としては、特別に設けた教室に入れ、指導することを考えることでしょう。その子に合わせた指導を考えなければならないし、根気と忍耐の続く仕事です。
 家庭との連携、必要に応じて関係機関と連絡をとり合って処置するなど、速やかな対処を学校として考えなければならないのです。
 授業規律の確立は一年生のときから、きちんと指導することなのです。このことについて学校は保護者に詳しく説明する必要があります。こうしたことに無理解な保護者が、いないわけではありませんから。
 また、校長は教師の構えや姿勢が不ぞろいにならないよう、校内を指導しておく必要があります。
(
飯田 稔:1933年生まれ。千葉大学附属小学校に28年勤務、同校副校長、千葉県浦安市立小学校校長を経て、千葉経済大学短期大学部名誉教授。学校現場の実践に根ざしたアドバイスには説得力がある)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

授業中に私語するなど「気になる子」は、どのように指導すればよいのでしょうか

 授業中に「気になる子」どもがいます。自分が思い描く理想の子ども像にこだわりすぎると、子どものちょっとした気になる行動が気になってしかたがないのです。
 例えば、ある教師は「子どもが悪ふざけばかりして困る」というのに対して、ほかの教師は「そうかなあ、男の子なら、あのくらい元気でいいんじゃないのかな」と、教師の子どもの見方、とらえ方がそれぞれちがいます。
 子どもを見るときには、教師の子ども観や経験、教師の性格なども反映されます。「気になる子」を指導する前に、まず教師自身が「なにかに強くとらわれていないか」を問いなおしてみましょう。
 教師同士、「気になり方」のちがいを情報交換し合うことによって、「そのような見方もあるんだ」と一面的な見方に陥らずにすみます。「気になる子」をとらえなおし、できるだけ肯定的に子どもをとらえるようにします。
 子どもは発展途上の人間です。完ぺきにしよう。徹底しようと思い込まないことです。だから、子どもが気になることをしても、教師は感情的になったりしないで、「やっぱり子どもなんだなあ」と余裕をもって、指導するようにしましょう。
 授業中に、おしゃべりをしたりする「気になる子」がいるとき、教師はつぎのような失敗のパターンに陥りがちです。
 
「静かにしなさい」と注意する。指示どおりにしないと、もう一度注意する。それでもうまくいかないと、大声で注意する、さらに「言うことが聞けないなら、廊下に出します」、「親に学校へ来てもらって、言いつけます」と、次々とおどすような厳しい言葉をつけ加えます。 
 しかし、腹をたてて注意したり、どなっても根本的な解決にはなりません。まずは、子どもが身を乗り出してくるようなわかる授業、変化のある授業になっているか、教師自身がふり返ることが大事です。
 子どもは気になる言動を無意識のうちにおこなっているものです。「気になる子」の取り組みには、その言動を引き出している「心」に迫る指導が求められます。
 
「困った子は困っている子なんだ」と心の中でつぶやいてみて、きっと「なにか深いわけがあるにちがいない」と思ってみましょう。「気になる子」は自分を理解してくれ、助けてくれる人を欲しています。
 では、どのように指導すればよいのでしょうか。
 「気になる子」の指導は、「近い見通し」(全面的に受けとめ、ふれあう機会を多くして仲よくする)と「遠い見通し」(言動をコントロールできるようにさせる)を持った指導方針を立てることが大切です。
 「気になる子」を指導するときに、とても大切なことがあります。それは、周りの子どもたちを巻き込んで取り組むことです。「気になる子」に「おしゃべりをやめなさいよ」という声かけが自然に言い出せるような、学級の中に人間関係をつくりあげていくことが大事なのです。
 休み時間にみんなでいっしょに遊んだり、授業中にグループで話し合いや学び合いをしたりして、「気になる子」との人間関係をつくり出し、深めるようにします。気になる子に対して、子どもたちの共感を育てることが指導の原則です。
 「やめなさいよ」という声かけがあったとき、みんなの前でほめます。こうしたはたらきかけを積み重ねていくうちに、やがて学級の子どもは、「気になる子」に共感をいだきながら、悪いことは悪いと言えるようになっていくのです。
 「気になる子」を指導するときは、教師と気になる子の一対一の関係だけでなく、周りの子どもたちをまき込むことが大切だと思います。
(
加藤辰雄:1951年愛知県に生まれ、元名古屋市立小学校教師。愛知教育大学等非常勤講師。「読み」の授業研究会運営委員)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教師が保護者を訴訟せざるを得ない背景には何があるのか

 2010年、埼玉県の公立小学校で、保護者が連絡帳に教師への誹謗・中傷を数十行にわたって8度も繰り返し、その後に保護者が教育委員会、文科省などにも口頭や文書で教師を批判し続けた。ほぼ決定的な行為は、給食の後片付けの際に注意喚起のために教師が子どもの肩を叩いた行為を暴行罪として警察に被害届を出したため「もはや許せない」と決意し、保護者を名誉棄損で損害賠償請求をした。
 2013年裁判所は、教師の心情はわかるが、名誉棄損の構成要件を満たさないとして損害賠償請求を退ける判決をした。
 判決を受けて埼玉新聞(2013.3.1付)は次のように述べている。
「両親の行動は、ふつうは担任が2,3人変わるか、休職か自殺まで追い込まれるケース。訴えることもやむを得ないと思う。ただ弁護士は訴え方を間違った。社会的信用の失墜が争点になっているが、精神的な被害を前面に訴えれば良かった。判決文で『被告らの行為を問題にすることはできる』とあり、訴え方を変えれば結果は違ったのではないか。この判決で、訴えることもありなんだという、一つの方向性が提示されたと思う」
 教師が極限まで追い詰められた末に、最後の砦として、自らが弁護士事務所に駆け込むのは、攻撃に耐えかね、恐怖のるつぼの中でギリギリのところでの行動である。
 相手が教え子たちの保護者であるとしても、それでも教師が訴えざるをえなかったのは、上司や監督者が適切に機能しておらず、むしろ「保護者に教師の方が謝ればいい」とか「教師の方が我慢すれば、嵐は過ぎていくのだから」と説得するモードで迫ってくることが最も辛いからである。
 そこに無力感と打ちひしがれた思いが交錯し、恐怖の中で「なぜ?」という自問自答の中で孤立感を深めていく。
 全国各地で私は、同じような事案に遭遇した、辛い境遇に置かれた教師たちの話を聞かされてきた。その中で何人もの教師たちが、心折れ精神疾患を患い休職するほどのキズを負い、ときには退職という残念な結果で、そして稀ではあるが自死という悲しい出来事へと至っているという事実を見てきた。
 埼玉のケースでは、心傷ついて鬱や不眠症になっているが、相当に強い意志を持った教師だと推察する。「自分にはとがめられる非はない」との気持ちを持ち続けられる理性と強さであっただろう。置かれた困難な状況を弁護士事務所に駆け込み、打開する行動力と知識があった。
 やはり誰であろうと、人権を侵害することは許されない。阻止し反省してもらう必要がある。人権侵害の行為を受けた場合に、その救済を求めて訴訟を起こす権利がある以上、その行為を批判することはできない。
 多くの学校-保護者間トラブル事案を分析してきて、埼玉の事案では、保護者が振り上げた怒りの「こぶし」の背景事情や狙いが相当に違っていると私は判断している。
 同じように思うのは、学校の管理職や教育委員会が、事案がこじれ始めたときに、問題全体を整理して、必要に応じて当事者の教師を「徹底的に守る」姿勢と具体的な行動をとっていれば、こうまでいかなかっただろうということだ。
 管理職や教委のことなかれ主義、後手後手に回ってから事態の収拾を図ろうとする姿勢、やがては火中の栗を拾った教師を逆に責める態度は卑劣でもある。
 事実、そこまでいかずに、保護者のパワーの乱用を止める行為を行うこと、時として毅然とした姿勢をチームとしてとることで、問題の解決まではいかないけれども、長期にわたるトラブルの中で消耗する教職員(あるいは保護者、子ども)が救われている。
 トラブルに誰も向き合ってくれないという孤立感と、保護者からの相次ぐ行動による不安と恐怖感を、さまざまな方法を用いながら軽減していくことが大切である。
 もちろん管理職を助ける必要がある。全国に100近い教育委員会で「学校問題解決支援チーム」(精神科医、心理・福祉・教育の専門家、弁護士等)が設けられているし、法律相談などの体制も、不十分ではあるが整備されつつある。
(
小野田正利:1955年生まれ、大阪大学教授。専門は教育制度学、学校経営学。「学校現場に元気と活力を!」をスローガンとして、現場に密着した研究活動を展開。学校現場で深刻な問題を取り上げ、多くの共感を呼んでいる)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

授業を成功させる授業技術の原則とはなにか

 教師は教えるのが仕事である。授業の目的は、子どもに知識や技能を習得させることであったり、学習意欲を高めるためだったりする。授業技術とは目標を達成するための手段である。
 授業技術は先人たちの知恵である。より効果的な技術があるなら、それを使えばいいのである。
 授業の技術が優れているとは、何をもって判断すればよいのか。それは、授業後の「子どもの事実」で判断できる。すなわち、教師が意図した目的が、より効果的になされる方が、よい授業技術なのである。
 授業の教え方の技術の原則とはどのようなものがあるのでしょうか。
1「見本を示し、やり方を説明し、させてみて、助言する」
 子どもは授業で知識と技能を学んでいく。学ぶうえで大切なのは「真似をすること」である。まず、教師がお手本を見せる。次にやり方を説明する。そして、教師が教えた通りに、子どもに真似をさせる。最後に、子どもの出来を見て、助言していく。
 助言は、できるだけ個別に行うのが望ましい。
 子どもに創造力を発揮させたいなら、教える内容は、真似させて教える。そして創造力を発揮させる内容は、子どもに任せるようにする。
2 一つずつ教える
 コメニュウスは大教授学で「いちどきには一つしか教えない」と述べている。「一度に複数のことをさせない」ことは、昔から伝わる大切な原則である。
3 教える内容を絞り込む
 あれもこれもと授業で扱うと、子どもは混乱する。混乱して、指導内容が理解されないことになる。大切な内容に限定して教え、活動させるのである。
 教える価値がある、その教材のポイントに絞り込んで授業するようにすると、子どもの意識がその内容に集中し、理解が深まっていく。
 例えば、4年生の理科で「人の全身の骨格」を教える学習がある。「全身の骨格図を予想して描かせる活動」がよく行われている。これを、あえて「腕だけ」に限定して「腕を触ってごらん。骨がありますね、腕の骨を予想して描いてごらん」
 骨が一本と考える子もいる。関節で分かれて、骨は二本だと考える子もいる。腕だけに限定されるから、違いが明確になり盛り上がるというわけである。話し合いをさせた後に、答えを示す。関節で骨がわかれていることを教える。そして、全身の骨格図に進めばいい。限定するから子どもの頭が働くのである。
4 指導内容を細かく分けて、簡単なものから難しい内容へと教える
 知識と技能は易しい内容から、「だんだん」難しい内容へ、少しずつレベルを上げて教えるのがよい。指導内容を細かく分け、簡単なものと難しいものを判断し、一つずつ段階をふんで教えていけばよい。
 例えば、ダンスを習得させるとしよう。いきなり複雑な動きをおしえると、子どもはバラバラの動きになってしまう。子どものやる気もなくなる。まずは、簡単な動きから練習させる。例えば、足のステップだけを練習させる。足だけなら簡単にできる。できたところで、すかさずほめる。すると、子どものやる気が出てくる。
 調子が出てきたところで、難しい手の動きを教える。やる気になっているので、その勢いのまま習得できるのである。
5 反復して学習する
 知識を確実に習得するために、反復して学習するようにする。
 子どもたちは学習しても、しばらくすると忘れてしまう。事あるごとに繰り返し教えることが必要なのである。
 例えば、算数では、授業の最初に、必ず復習から入るようにする。時間は5分。短いが、かなりの効果を発揮する。単元の最後に必ず復習問題を出す。教科書のまとめの問題を解くだけでいい。
 反復するときに、「少し変化をつけて反復する」と飽きがこないで楽しく学習できる。
6 最終的なゴール(目標)を示してから活動させる
 授業では、様々な活動を子どもにさせていく。活動には目標があるはずである。その目標(ゴール)を示してから活動に入るのが原則である。
 そうしないと、子どもたちは、不安に感じるし、見通しももてない。その結果、やる気がなくなっていく。
 例えば、写真資料を読み取らせる際、「前の写真と比べて、3つの違いを見つけられたら、合格です」と言う。「3つの違いがある」というゴールを示されるだけで、子どもたちの集中力が増す。ゴールが明確になるから、やる気が出てくるのである。
7 学習者に合った課題を選択する
 教室には、一人ひとり違う子どもが集まっている。学習者に合った課題を設定するためには、子どもの実態をつかまなくてはならない。学習に対する準備が整っているかをつかむ必要がある。
 実態をつかんだうえで、子どもに少し難しい課題を与え、成長を促していく。課題の与え方は
(1)
習熟度別に別の課題を用意する。
 例えば、水泳指導で、25mを泳げる子には、フォームを整える練習メニューを与える。息つぎなどの基本ができている子は、25mをめざすメニューを与える。そして、息つぎなどの基本ができていない子は、顔付け、伏し浮きなどの基本メニューで練習させる。
(2)
全員にとって発展した課題を与える。
 例えば、算数で基礎を教えた後で、応用問題や発展問題を考えさせてもいいだろう。全員にとって発展した問題を解かせると、学力差があまり影響しなくなる。ひらめきが必要だからである。できる子もできない子も頭を悩ます課題を設定できれば、全員にとって成長できる課題となる。
(
大前暁政:1977年生まれ、岡山市立小学校教師を経て、京都文教大学の准教授(理科教育)。理科の授業研究が認められ「ソニー子ども科学教育プログラム」に入賞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

統率力のない教師は学級をまとめることができない、どうすれば統率力がつけられるか

 集団があるところ、必ず指導者の統率力がとわれる。統率力のない教師が、クラスを上手にまとめられるわけがない。人をひきつけ、人をひっぱっていく力があってこそ、集団はまとまる。
 統率力のある教師は、上手に自然に人を引きつけるし、統率力のない教師は、ぎくしゃくとひっぱっていって、時々、ボロがでる。
 動物の世界でも、群れのあるところは「ボス」ができる。ボスは、自分の体力で、他のサルを従える。人間の集団も放っておけば、弱肉強食の世界になる。その中で「力の強いもの」が、集団を支配するようになる。
 学級崩壊のうしろには、このような力の支配が存在する。弱肉強食の「力の支配」が作用している。だから「いじめ」も起こるし、「不登校」も起こる。
 これを防ぐには、教師が「力の支配」をすればいい。つまり、教師が「ガキ大将」になればいい。
 おとなしくて、まじめで、小学校のときから、ずっと優等生という人が教師になると、クラスはどうなるかというと、まずクラスは荒れる。学級崩壊になる。なぜ、駄目だというと、クラスをまとめられなかったからである。
 教師には「ガキ大将」になれない人も多い。今さら、これまでの生き方を変えられないわけだ。
 しかし、子どもの中にも「教師のガキ大将」に反発する子も出てくる。人間は知的な生き物だ。体力だけでは従わない人間も出てくる。「知的な権威」なら従うという立場だ。
 知的な権威は、いろいろあるが、まず第一は「授業が楽しく分かりやすい」ことだろう。子どもが学級ですごす大半の時間は授業である。「楽しく、分かりやすい」授業をする教師なら、子どもはついていく。逆に「つまらなくて、分かりにくい」授業をする教師には反発する。
 どうすれば「楽しく、分かりやすい」授業ができるでしょうか。それには
(1)
授業がシンプルなこと。
 指示が明確である。文字にして「10文字」ぐらいで指示が出せる教師ならよい。言っていることにブレがない。15秒以上の指示や説明はグドクドして分かりにくいのである。だから子どもは聞かなくなる。いつか反発するようになる。
(2)
リズム
 流れるように授業が進むことだ。全員がやり終わるまで待つ授業はグチャグチャだ。
(3)
テンポ
 授業にスピード感があるということである。小さなステップをポンポンやっていくと、スピードがあるのに、ゆったりとしているという感じになる。
(4)
授業の内容が知的である
 本が好きで、本を買って読んでいる教師でなくては、授業は知的にならない。本を読み、授業の研究をすることである。すばらしい教師は、自分からすすんで研究授業をやってみせる。
 以上のような授業をできれば、知的権威があり、子どもを統率することができる。
 すぐれた統率者はすぐれた教師であるといえる。孫子を参考にすると、つぎの五つが必要である。
(1)
知的な授業ができること。できなければ統率する力は弱い。(知恵)
(2)
正直でウソをつかない。約束を守り信用できる。()
(3)
思いやり深く、子どもを包み込むようなあたたかさがある。()
(4)
必要とあらば、ひるまないで、進んでいく勇気がある。()
(5)
時には、けじめをはっきりつけ、叱責する厳しさがある。()
 これは、歴史が始まった頃から明らかにされている統率の原則である。自分自身を反省してみるとよい。
さらに現代で明らかにされている統率の行為は
(1)
進むべき方向を持つ
 目的、進むべき方向、理想の姿をはっきりさせる。これがないと、集団はあっちこっちを向いて、グチャグチャになる。
 教師は、自分の心の中に、追い求める豊かな教育を描かなければならない。このために教師は多くの教師に出会って学ぶ必要がある。
(2)
集団を運営していく「ルール」と「しくみ」をつくり、上手に作用させなければならない。
 どのような授業のシステム、毎日の生活のシステム、ルールをつくるかは、極めて大事である。
(3)
非常時に、すぐ対応しなければならない。
 解決の方法を決断し、即座に実行することである。悪いのは、決断しないこと。遅い決断、間違った決断である。教師は決断できない人が多い。
(
向山洋一:1943年生まれ、元東京都公立小学校教師、教育技術法則化運動代表を務めてきた。教師を退職後、TOSSインターネットランドの運営に力を注いでいる)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

授業崩壊に陥る原因と、陥らないためにはどのような教師になればよいのでしょうか

 授業崩壊に陥った教師には、私の体験から、つぎのような傾向があるように思われる。
1 教師としての指導力
(1)
指導方法に更新がなく、授業が分かりにくく、退屈である。
(2)
子どもたちの反応や関心に無頓着で、意見の取り上げやまとめ方に温かみや指導技術が感じられない。
(3)
一人ひとりに応じた指導ができず、学級をまとめることができない。
 子どもの実態に応じて、指導の仕方を変えなければならないのに、どの子どもに対しても、いつも、どこでも同じ指導を繰り返している。
 教育とは何か、教師の仕事とは何かが曖昧でプロ意識が希薄である。教師の使命である授業を成立させる「水準以上の教育技術」を求めて磨き、更新する研修をほとんどせず、自己向上の努力を怠っている。
(4)
配慮を要する子どもの指導や対応に追われ、学級や他の子どもの指導がおろそかになる。
2 子どもとの関係
(1)
カウンセリング・マインドに欠け、子どもの心を傷つけたりして、子どもとの信頼関係が崩れている。
(2)
力で子どもを押さえつけ、規律を保とうとする。
(3)
子どもへの愛情が不足し、一人ひとりに対する温かいかかわりがあまりみられない。
 子どもとのコミュニケーションを大切にし、かかわりを持つことにこだわってほしい。
 子どもには無条件に愛情を持ってほしい。子どもも人間であり幸せを求めている。それを受けとめ、よくありたいと生きれるように援助できる温かい教師でありたい。
 社会が変化すれば、当然子どもも変化する。そのことを冷静にとらえ、子どもを肯定的にとらえ、対応できるようにしたいものである。
(4)
「子どもの欠点」を優先して授業をしている
 子どものよさに着目することの多い教師は子どもたちに好かれ、子どもの欠点に目がむきがちな教師は嫌われる。
 例えば、ベネッセ教育研究所の調査では、90%以上子どもから支持されている教師の特徴は「先生からほめられた。がんばったねと言われた。感激するような話をしてくれた。授業中、冗談を言って笑わせる。休み時間遊んでくれた」
 逆に、子どもの支持が半数以下の教師は「遅刻に厳しい。先生の言うことを聞かないと強く叱る。忘れ物をすると厳しく叱る」ことをあげている。「子どもの欠点」を優先して授業をしているといえそうである。
 子どもから支持されない授業は、保護者からも支持されず、反省すべきことを含んでいる授業なのである。
3 教師の個人的な面
(1)
頑固で人の忠告を素直に聞かず、授業や学級運営について他から学びとろうとしない。
(2)
自分の指導に自信がなく、明るさ、活気があまりない。
(3)
判断に時間がかかり、その判断が曖昧で主張が弱い。
 授業崩壊に陥らないようにするには、どのような教師になればよいのでしょうか。
 教師は、人間である子どもを対象としている。だから、まず教師は人間として輝いてほしい。前向きで、元気で、明るく自分らしく生きつづける存在であってほしい。
 私が尊敬する先輩教師は、子どもに対する愛情と、明るさ、元気さ、プラス志向がこれからの教師には必要だと説いている。愛情の溢れる教室、温かい教師と友だちのいる教室は、安定した授業の基盤になる。先輩教師のいう教師に求められる教師像とは
(1)
子どもへの愛情
 子どもが好きで好きでたまらない教師だけが、子どもの授業にかかわる資格がある。
(2)
明るい、元気、プラス志向、プラス思考
 生活を楽しみ、物事に創造的にかかわる中から、いろいろなことが分かり、解決し、楽しくなっていく。
(3)
パフォーマンス
 表現力のある教師でありたい。子どもと語り合い、かかわり合い、自由に屈託なくつきあえる教師でありたい。
(4)
レクレーション・遊び・ゲーム
 がき大将にならない程度に子どもと遊べる教師でありたい。
(5)
ユーモア
 子どもの冗談が分かり、ときには子どもに通ずる冗談の一つも言えるようでありたい。
(6)
ゆとり・柔軟性・度量
 原則を承知していて、柔軟な、実際的な、子どもの心にしみ入る判断や対応がとれるようになりたい。それを決断し実施する尺度は「子どもへの愛情」と「子どもためになる」という確信であろう。
(7)
カウンセリング・マインド
 子どもを分かり、子どもの心と立場が分かり、そして焦らず、その子の歩みに沿いながら援助してあげられる教師でありたい。授業のなかで、遊びや生活のなかで相談的手法を大いに活用したい。
(8)
生涯、学び続ける
 学ぼうとする教師の息づかいに子どもは感化されるのである。
(9)
知恵を伝える
 教師は子どもの人生の先輩である。いろいろな場面で、子どもに知恵を見せる存在でありたい。
(10)
集団を統率・調整する力をもつ
 学級集団をまとめ、子どもたちを居心地のよいものにすることは、きわめて大切なことである。
(11)
実践的指導力
 教師は、なんといっても、子どもに楽しく、分かりやすく、意味あるものとして授業を展開したり、生活指導をしたりする技術が身についていなければならない。そういう技術を持っていない教師は、教師としての役割を果していないのである。
(
小島 宏:1942年東京生まれ、東京の国公立小学校教師、指導主事、小学校長を経て教育調査研究所研究部長。文部科学省「小学校学習指導要領」作成協力者などを歴任)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »