« 子どもへの話しかたは今の時代の教師としてどのようにすればよいか | トップページ | 授業中、子どもが突然教室を飛び出したとき、どう対応すればよいか »

学級崩壊・学年崩壊し、子どもの願いから再出発して落ち着きを取り戻した

 子どもたちが急に荒れ始め、家庭科室より包丁を取り出す事件も起きました。小学校高学年の全クラスが同時に崩壊し、運動会の予行も成立しないほどの荒れようで本当に大変でした。
 絶え間ない私語、奇声。騒ぐ、はしゃぐ。些細なことでトラブルが起きる。いやがらせ、いたずら。机の中やロッカーに物が溢れ散乱している。時間にルーズ。机に落書きといった状態です。
 子どもたちのなかには、朝食も満足に食べさせてもらえない子、洗濯もしてもらえない子、お金だけを握らされ、夜まで一人ですごす子、全く手をかけてもらえず愛情に飢えている子など、様々な生活を背負いながら「荒れる、すさむ」という表現で、私たち教師に訴えていたのです。
 学校も教師も親も否定し、生きていることへも絶望した子どもたちや、配慮が必要な子どもを相手に、毎日が闘いで心身ともクタクタでした。
 学校の研究テーマを「子ども研究」に切りかえ、「子どもが安心感のもてる学校、ゆったりとした学校、子どもの願い・思いから出発する学校」を、めざしました。
 そのなかで、指導方針を「楽しい学級、わかる学習、豊かな人間関係をめざす」とし、
(1)
生活リズム・生活習慣の確立、身辺の自立を早期にめざす。
(2)
多様な体験やとりくみを組織し、手先の器用さ、物事を見通す力、段取り能力を育てる。
(3)
楽しくわかる学習素材、できる喜び、達成感のもてる教材の活用。
(4)
科学的系統に基づく大胆な教材の精選とスモールステップ学習。
(5)
「焦らず、慌てず、怒鳴らず」(3つの「ず」)じっくりと、わかるまで、できるまで、待ち寄り添う姿勢をこころがける。
(6)
失敗やつまずきを学級の宝とし、どの子も「安心感、信頼感」が持てるように、こころがける。
(7)
「助け合い、励まし合い、認め合い、教え合い」(4つの「い」)を、取り組みの中で力を育てる。
(8)
子どもの「願い、思い」に寄り添い「共感と共同」を育てる。
(9)
「民主的、自治的」で、みんなが活躍するクラスづくりをめざす。
 全国のレポートを読み合い、子どもの声を聞き、全校の子どもからアンケートをとりながら、何度も全教職員で議論を重ねました。
 何よりも困難だったのは、教師集団の意思統一、まとまりづくりです。全教職員でつくりあげることは大変なことでした。担任は自分の弱さを知られたくないので出さない。かくそうとする。プライドが許さない等、いろいろの課題をもっています。
 それを乗り越えるのが大変なのです。いたわり、励まし、癒しのない学校職場では荒れたクラスの担任は生きていけません。
 さらに、保護者の力を借りながら、ようやく落ち着きを取り戻したのです。
 でも、子どもたちの苦悩の根底にある心の声を聞いたとき、涙が出てきました。子どもたちに共感できたとき、叱るより健気に生きる子どもたちに、いとおしさを感じられるようになりました。
(
樋口清隆:東京都公立小学校教師)


|

« 子どもへの話しかたは今の時代の教師としてどのようにすればよいか | トップページ | 授業中、子どもが突然教室を飛び出したとき、どう対応すればよいか »

学級崩壊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学級崩壊・学年崩壊し、子どもの願いから再出発して落ち着きを取り戻した:

« 子どもへの話しかたは今の時代の教師としてどのようにすればよいか | トップページ | 授業中、子どもが突然教室を飛び出したとき、どう対応すればよいか »