« 子どもたちに「わかりやすい説明」をするためのポイントとはなにか | トップページ | 「子どもが納得していないな」と教師が感じたらすぐに保護者へ連絡を »

教師は被害者意識を持つと、身構え、実践意欲への意欲も湧きにくくなる

 「教師は何をしているのか」「教師がもっとしっかりしないと」などと、教師批判はこれでもか、これでもかと続きます。
 こうした批判を聞くと、不満、反発の声が教師間で交わされます。「どうして教師だけ責められるのか」「保護者の責任はどうなっているの」と、日頃の思いがどっと吐き出されます。この時ばかりは、校長から若い教師まで思いが一致するのです。
 教師ばかりが責められるのは、健全な時代といえないでしょう。保護者が子育てについてもっと考えなければならないし、世の中の在り方だって改めていく必要はあるでしょう。
 教師は仕事に、もっと誇りをもたなければならないし、広い視野から学校や教師の仕事考えなければならないでしょう。できること、手がけられることから、実践や子どもへの接し方を、改めたり工夫したりするとよい。
 教師は、被害者意識の虜(とりこ)になってしまわないことです。そうなってしまえば、実践への意欲も湧きにくくなるし、心意気も高まらないでしょう。そして、防具に身を固めて、外部に対して、身構える姿勢ばかりが強くなってしまいます。
 教師が誠実に日々の仕事を果していれば、だれに何を言われようと卑屈になることなどありません。被害者意識など、もたなくてもいいのです。
 それと、どのような職業であれ、どれほど誠実に仕事をしていても、批判や注文はあるものだと承知しておくことも必要だと思います。
 外部の人の声に耳を傾ける、謙虚さもとても大切です。両者のバランスをとれる教師が、これからの教職の世界に必要だと思われます。
 教師が被害者意識を持つと、ついつい感情的になって「そんなことはできません」「教師を何だと思っているのですか」などと口にしてしまえば、保護者との関係修復は困難でしょう。
 教師の仕事は、相手が子どもであれ、保護者であれ、長期戦の構えが必要なことがしばしばです。もちろん、短期決戦ですぐに手をうたなければならないこともあります。教師には、それを判断する力が重要です。
(飯田 稔:1933年生まれ。千葉大学附属小学校に28年勤務、同校副校長を経て、千葉県浦安市立浦安小学校校長。千葉経済大学短期大学部名誉教授。学校現場の実践に根ざしたアドバイスには説得力がある)

|

« 子どもたちに「わかりやすい説明」をするためのポイントとはなにか | トップページ | 「子どもが納得していないな」と教師が感じたらすぐに保護者へ連絡を »

先生の実態」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教師は被害者意識を持つと、身構え、実践意欲への意欲も湧きにくくなる:

« 子どもたちに「わかりやすい説明」をするためのポイントとはなにか | トップページ | 「子どもが納得していないな」と教師が感じたらすぐに保護者へ連絡を »