« 保護者との個人面談でよい関係をつくるにはどのようにすればよいでしょうか | トップページ | 荒れている学級を担任して、どのようにして立て直していったか »

授業中に暴言を浴びせられたときどう対応すればよいか、予防するにはどうすればよいでしょうか

 かなり言葉づかいの荒い子どもがいます。教師を挑発することに快感を覚える子もいます。「クソジジィ」「クソババァ」といった罵声を浴びせられたことがある教師もいると思います。
 あまりにひどいので大声で叱ることがあります。大声で叱っても本人は平気なので、何度も叱っていると、その度に授業が中断し、学級が荒れてしまうおそれがあります。どうすればいいのでしょうか。
 教師も人間です。子どもの暴言にカーッとなることもあるでしょう。しかし、そこが勝負どころ。感情のままにまくしたてるのはやめて、ゆっくり深呼吸しましょう。   
 子どもの挑発に乗ってはいけません。相手のペースにはまって、ケンカを買わないことが重要です。
 なぜなら、教師がカーッとなって子どもと売り言葉に買い言葉のようになってしまうと、学級が一気に荒れてくるからです。
 学級を荒れさせる原因のひとつに「授業の中断」があります。子どもの挑発に教師が乗ってしまうと、授業が中断してしまいます。
 荒れる学級は、ヒートアップしやすく、熱気を帯びやすい。どうやってクールダウンさせるかがポイントです。
 まず、教師自身が子どもの挑発に乗らず、カーッとしないようにすること、自分自身をクールダウンさせることが大切です。
 子どもの挑発に乗らずに、一瞬、間をあけて、一呼吸置くことです。心の中で「1,,,・・・・・」と数えて、頭にのぼった血が下がっていくのを確認しましょう。
 そして、少し低めの穏やかな声で話かけます。例えば「○○さん、私はクソババァではありませんよぉ」と穏やかにたしかめるのもよいと思います。ヒートアップしている学級の雰囲気をスローダウンさせていきます。
 子どもを注意する時も、できる限り、授業を中断させない工夫が必要です。一斉授業の形をとらず、グループ学習や個別学習の時間を多くとるようにするのも一案です。
 荒れない学級をつくるには、ふだんから学級をクールダウンさせておくことが大切です。
 そのためには、たとえば、子どもの言葉づかいが荒くても、教師は一貫して、子どもを「○○さん」と「さん」をつけます。
 教師は子どもに「です、ます」調で話すようにするなど、ていねいな言葉づかいを保つことで、穏やかな雰囲気づくりを心がけたいものです。
 言葉づかいの荒い子どもが、どんな気持ちでそのような行動に出ているか、その背景にある「気持ち」を確かめてみるのもよいと思います。
 気持ちを確かめてもらうと、その子は「先生は自分を信じてくれているんだな」と感じて、教師の言葉を素直に受け取りやすくなります。「ああ、悪いことしたな、オレ」と思うかもしれません。
(
諸富祥彦:1963年生まれ、明治大学教授,臨床心理学、カウンセリング心理学、現場教師の作戦参謀としてアドバイスを教師に与えている)

|

« 保護者との個人面談でよい関係をつくるにはどのようにすればよいでしょうか | トップページ | 荒れている学級を担任して、どのようにして立て直していったか »

授業中の生活指導」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173207/65361368

この記事へのトラックバック一覧です: 授業中に暴言を浴びせられたときどう対応すればよいか、予防するにはどうすればよいでしょうか:

« 保護者との個人面談でよい関係をつくるにはどのようにすればよいでしょうか | トップページ | 荒れている学級を担任して、どのようにして立て直していったか »