« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月に作成された記事

指導力のある教師になるためには、指導技術をどのように磨けばよいか

 教師の指導力のあるなしによって、まったく異なったクラスになる。やはり問題は教師の指導力があるかということにつきる。
 教師の指導技術にはありとあらゆるものがある。しかし、すべてを語ることができないので、いくつかにしぼって述べることにする。
 子どもを生かし、本気になって追求させるには、子どもに「おもしろい! というはてな?」をもたせなくてはならない。
 それには、第一に「発問・指示」をきちんとすることである。授業の上手な教師、子どもを引きつけて離さない教師は、本当にうまい「発問・指示」をする。例えば「東京23区に牧場があるだろうか?」という発問は子どもの意表をつき、子どもたちは必至で調べ出した。
 授業の中心は「発問・指示」といってよいだろう。
 発問・指示を行うと、子どもは反応する。この子どもの反応を「集約・焦点化」しなければ、考える学習にならないし、深まっていかない。
 この「集約・焦点化」するのに役立つ技術が「板書」であり「資料活用」である。子どもたちの発言や調べたことなどを集約し、焦点化しながら板書していくのである。
 書かないと子どもにはわからない。視覚と聴覚をフルに使うことである。板書は「五感に訴えるもの」だといえるのである。
 次の「資料活用」は、情報収集、資料作成、資料提示の三つをまとめていっている用語である。資料作成の技術は、教材研究の技術といってもよいくらい深くかかわっている。
 なぜなら、教材研究をし、情報を収集したエキスを、「子どもが見たくなるような資料」の形に作成するからである。よい資料は子どもを熱中させる。子どもを「追求の鬼」にする。
 授業の上手な教師は、資料作成もうまい。資料作成のしかたがよいから、よい授業ができるのである。
 授業を進めるには、教師の「話術」「表情」「パフォーマンス」などの技術もなければならない。
 教師が子どもに話すときは「短く、おもしろく」必ず笑い話を入れるように努力するようにする。
 これらの技術を生かしてよい授業を行うには「学級づくり」がきちんとできていなければならない。これは基盤である。一人ひとりの子どもをきっちり生かすには学級が大切である。
 学級というのは「助け合い、みがき合い、けん制し合い」の三つのことが機能していなければならない。
 今一番弱いのは「けん制し合い」である。友だちが悪いことをしていても、注意しない。友だちが困っているのに助けようとしない。これでは学級とはいえない。
 教師は、きちんとした授業をつくりながら、きちんとした学級をつくって子どもを育てなければならないのである。
(有田和正:19352014年、福岡教育大学附属小倉小学校、筑波大学付属小学校,愛知教育大学教授、東北福祉大学教授、同特任教授を歴任した。教材づくりを中心とした授業づくりを研究し、数百の教材を開発、授業の名人といわれた)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教師が子どもを見るときの大原則とはなにか

 教師が子どもを見る目は減点主義であってはならない。
 人間は不足と欠陥の動物ですから、あら探しをすれば、いくらでも欠点が見つかります。
 しかし、そんな刑事のような目でばかり見ていては子どもとの信頼関係は築けません。
 教える人である教師が持つべきは「裁く目」ではなく「育てる目」であるべきなのです。
 だから、悪いところがあっても極力それを見ない。
 一方で、いいところには大いに着目する。
 そんなふうに視点のスイッチを切り替えていれば、しだいに悪いところが目に入らなくなり、目に入っても忘れられるようになります。
 悪いところを見つけようとする刑事の目ではなく、いいところだけを見出そうとする仏さまの目であれ。
 これが子どもを見るとき、評価するときの大原則であるべきなのです。
(有田和正:19352014年、福岡教育大学附属小倉小学校、筑波大学付属小学校,愛知教育大学教授、東北福祉大学教授、同特任教授を歴任した。教材づくりを中心とした授業づくりを研究し、数百の教材を開発、授業の名人といわれた)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今の若い教師はけなすとすぐ意欲をなくす

 私は、幸か不幸か、教育大学附属小学校に25年間勤務した。その間、「ほめられたことは一度もない」のである。けなされる一方であった。これが「普通」であった。
 今の若い教師はけなすとすぐ意欲をなくす。ほめられることになれすぎている。このくせを直さないと伸びない。
 私にとって、実力がないからけなされるのが普通であって、もし、ほめられたら気持ちが悪かったはずである。
 授業を見てもらって、もっとけなしてもらうことである。授業を見せないようでは、伸びるわけがない。
 教育大学附属小学校の教師でさえ、ちょっとけなすと「頭にきた」「むかむかした」などと言う。自分の実力は棚に上げて・・・・・。
 とにかく、指導案を書いて、授業を見てもらって率直に意見を言ってもらうことだ。
 うまくいかなかった授業からは「なぜうまくいかなかったか」という原因が学べる。
 うまくいった授業からは「これはいい教材だ」とか「この発問がよかったのだ」、「これだけは何としても教えたいという強い願いがある」・・・・ということが学べる。
 意欲ある教師にみえるのに、雑誌一冊もとっていない教師がいる。これにはあきれる。
 伸びている教師をみていると、雑誌をよく読んでいるし、本をよく買っている。そして、よく内容を覚えている。
 進歩の時計の針を一度止めると、なかなか動かない。毎日コツコツと、一歩一歩努力を積み重ねるしかない。私も今、時計を止めないように修業中である。
(
有田和正:19352014年、福岡教育大学附属小倉小学校、筑波大学付属小学校,愛知教育大学教授、東北福祉大学教授、同特任教授を歴任した。教材づくりを中心とした授業づくりを研究し、数百の教材を開発、授業の名人といわれた)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生をやる気にするには、どうすればよいか

 中学生をやる気にするコツがある。それは
「教師が、一人の例外もなく、どの子も見捨てない」ことだ。そのためのアクションを起こし続けることだ。
 教師があきらめず、どんな生徒にもかかわり続ける覚悟を持つことだ。どんな生徒も必ず変わることができる。
 教師があきらめず、かかわり続ければ、生徒は必ず変わる。そしてやる気になる。
 私は面と向かって生徒に一対一で話をするのが苦手だった。一人の生徒を目の前にすると言葉に詰まることがたくさんあった。力のない教師だった。
 それでも、生徒にとって価値のある教師になりたいと願い、生徒へ「言葉」を送り続けることを徹底的にやろうと考えた。生徒を見て、そのときに必要な言葉(考え方)を伝え続けた。
 教師は語るほどの体験がないと思っている人が多い。人の人生はみなドラマだから、そんなことはない。人の数だけドラマがある。これまでの人生の出来事を描写し、伝える能力が鍛えられていないだけだ。
 私の場合は、はじめは学級通信で「描写」を意識して伝える訓練を意識して行ったが、 生徒は教師の生の言葉によってやる気になることのほうが多いように思う。
 生徒は教師の説教をきかない。生徒は教師の語り(エピソード)を求めている。生徒が場面や人物をイメージできるように、そのときの思いや考えを話すのがよい。
 初恋や失恋の話、進路決定や失敗談など中学生は本当にあった教師の体験談を待っている。十八番を作っておくとよい。信頼する教師のエピソードなら、中学生は必ず聞く耳を持っている。
 生徒から信頼される教師になるには、真面目で格好の良い、生徒があこがれるような姿を見せることだ。
 それは特別なことではない。進んで挨拶を行う。掃除をする。給食の配膳を一緒に行う。生徒に声をかけて、一緒にやらせる。ダメなことはダメだと言う。このようなことを毎日積み重ねるのだ。そういう姿を生徒は見ている。
 生徒がやる気を出すには、学級の生徒一人ひとりと関係を作ることが重要だ。それしか道はない。毎日、目の前の一人の生徒に声をかけ成長させ、一人の生徒をやる気にするのだ。
 はじめは、たった一人の生徒と確かな関係を作り、やる気にすることだ。一人また一人と繰り返し確かな関係をつくっていくことだ。
 毎日の教師の仕事とは「励まし」である。どの子も一人の例外もなく励まし続けることである。
 どんなに手のかかる生徒でも、教師がかかわり続け、励まし続ければ、生徒は必ず変わっていく。自分で動き出す、やる気を持つようになる。
 中学生をやる気にするのは教師の言葉だけではない。教師の表情、態度、反応などの次のようなことを、子どもたちは見ている。
 そういった教師の姿を見ながら、自分と教師との距離を測り、関係を築いていこうとする。
(1)
生徒を見つめてコメントする 
 教師が生徒に話をするとき、教師と生徒の目があうと生徒がやる気になる。一人ひとりの生徒を見つめながら話をすると、聞いている生徒はやる気になるのだ。
(2)
教師は笑顔で
 中学校の教師は、笑顔でいるとなめられると思っている。しかし、それは違う。笑顔で自分のことを迎えてくれる大人に中学生は安心する。にらみをきかせ、抑えつける教師に生徒は心を開かない。
 生徒から「この先生は」と一目置かれるには、教師は笑顔で生徒と接し、日常、生徒とのかかわりを大事にすることだ。誰よりも生徒に声をかけ、掃除をし、一緒に過ごす。そして、授業の腕を磨き、生徒をできるようにするとよい。
(3)
生徒に声をかける
 教師に声をかけられることによって、生徒は「先生に大切にしてもらっている」と感じる。「声をかけない」ということは「お前に関心がない」というメッセージだ。
 中学生は自分に「関心もってくれる」「理解しようとしてくれる」教師のためにやる気を出す。
(4)
生徒を一度は受け入れる
 やんちゃな子の言っていることを一度は受け入れてみることだ。これで、私はやんちゃな子と人間関係を少しずつ作ることできた。
 教師は自分の言っていることが正しいと考えている。間違いではないが、生徒に言うことをきかせるだけの教師を生徒は認めない。そこに必要なのは、生徒の「理解と納得」である。
 生徒はなかなか自分を変えられない。ならば、教師が生徒の考えや行為の意味を受け入れ、対応を考えることだ。
(5)
言って聞かせて、やってみる
 一回や二回やって見せて終わりにしてしまう教師が多いがそれではダメだ。やり続けることだ。教師がやってみせることが、実は「言ってきかせる」ことでもあるのだ。どのようにやるのか、どれだけやるのかを示しているのだ。
(6)
わかる授業、できる授業
 わかる授業、できる授業は難しい。だから、本を読み、セミナーに出かけ、人と会うことを続けることだ。生徒はできなかったことを、できるようにしてくれる教師の言うことをよくきくようになるのだ。
(7)
ほめて、ほめて、ほめる
 ほめて生徒を動かせるようになるには、やはり教師の勉強が必要だ。生徒をほめて動かす技量はかなり高いレベルなのだ。ほめられて生徒が動くようになるには、生徒に一目置かれる教師になることが必要だ。
 生徒から信頼され、生徒をやる気にしようと思ったら自分の技量を上げるしかない。「ほめる」ことは、それだけ難しいのだ。
(8)
教師のあきらめない姿を生徒に見せる
 教師が生徒のことをあきらめたらダメだ。どんな生徒にもあきらめない姿が周りの生徒をやる気にする。
 教師のあきらめない姿を周りの生徒も見ている。教師がやっかいな生徒でもなんとかしようとしているから、生徒も一緒になんとかしようと考えるようになるのだ。
(
垣内秀明:1965年長野県生まれ、長野県公立中学校教師。教育サークルTOSS中学信州代表)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保護者のタイプによってどのように対応すればよいのでしょうか

 保護者と言っても、性格や考え方、年齢はさまざまです。家族関係や経済状況、肉体的、精神的に悩みを抱かえる人もいます。
 その人に応じたやり方で対応する必要があります。どのように対応すればよいのでしょうか。
(1)
被害妄想的な保護者
 教師が子どものために助言しても、保護者は「先生はわが子が嫌いなのだ」と、悪い方にばかり考え人がいます。
 このような人には、遠慮した態度で接するのを避け、できる限り明確に、要望や協力要請をズバリ伝えるようにしましょう。子どもの良い面も必ず伝えます。
 
「悪いことは悪い。良いことは良い」と、はっきり伝えることで「先生は裏のない人だ」と理解してもらえると、相手は余計な詮索をしなくなります。
(2)
感情爆発する保護者
 穏やかに会話していたと思ったら、急に感情を爆発させる保護者がいます。会話しているうちに、徐々に感情が高ぶり爆発するといった具合です。
 このようなタイプだと気付いたら、心づもりをしておきます。言葉づかいや態度には十分心がけ、言葉を選びながら 真摯な姿勢で接するようにします。
(3)
怒鳴る保護者
 電話で怒鳴りちらしたり、学校に怒鳴り込んできて苦情や要望をまくし立てる保護者がいます。
 このタイプの人は、一通り言いたいことを言った後は、落ち着く場合がほとんどです。
 圧倒され、委縮しそうになりますが、まずは話を合わせて受け流しながら、相手の感情がおさまるのを待つことに専念します。
 対応に本腰をいれるのは、冷静になった後です。
(4)
教師を見下す保護者
 人を見下す態度をとる保護者がいます。なかには教師というだけで見下す高学歴・高収入の人もいます。
 このタイプは「相手に認められたい」という気持ちを強くもっています。ですから、知識をひけらしたとき「勉強になります」というひと言が効果的です。
 認められることによって、自然に心を許し、教師の言い分にも耳を傾けてくれるようになります。決して、相手と張り合わないようにしましょう。
(5)
溺愛型の保護者
 子どもは親の前では「良い子」を演じているので、トラブルが起こると「悪いのはすべて周り」となってしまいます。
 ですから、本来の子どもの姿を認識してもらうために、些細なトラブルであっても必ず伝え、いざ大きなトラブルが起きたときに「うちの子に限って」とならないようにしておくことが大切です。
(6)
年配の保護者
 年配の保護者を前にすると、引け目を感じてしまいますが「任せて大丈夫」と感じてもらえるようにします。
 子どもをよく観察し、子どもと活動を共にして、若い教師にしかできない指導、学級経営を行います。情熱的で一生懸命な教師を応援してくれるものです。
(7)
シングルマザー
 一人で子どもを育てることは、たいへんなことです。余裕がない場合がほとんどです。
「お母さんに感謝していると思います」
「お母さんの気持ちを分かっていると思います」
といった、親の苦労やがんばりを認めるひと言が必要です。
(
中嶋郁雄:1965年鳥取県生まれ、奈良県公立小学校教頭。子どもを伸ばすためには、叱り方が大切と「叱り方研究会」を立ち上げる。教育関係者主宰の講演会や専門誌での発表が主な活動だったが、最近では、一般向けのセミナーでの講演や、新聞や経済誌にも意見を求められるようになる)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の学校では学習できない問題児を再生する教師はどのような人か

 私は米国のネヴァダ州でも最低と呼ばれる高校で「日本文化」の講師を勤めた。モラルのかけらもない生徒と接しながら、米国社会のひずみを見た。
 生徒たちが常識を身につけていないのは「しつけ」てくれる大人がいないからだ。生徒たちは崩壊した家庭に育ち、貧困にあえいでいた。親が不法労働者であったり、刑務所に入っていたり、ドラッグに溺れていたりしていた。
 私なりに全力で生徒たちと向き合ったが、限られた時間では手に負えず、諦めた生徒もいた。私が教室を去った後、受け持った生徒たちのほとんどが高校を中退していた。
 その後、私は問題児と呼ばれる小学生を、大人が支えるボランティア活動に参加した。活動の一環として、普通の学校では学習できない、問題を起こした子どもを預かる特別な学校を訪ねた。
 この学校では特別授業をする。30日から45日ごとにサイクルを決め、段階に応じた「しつけ」を施す。「通常の生活が可能」と判断された子どもは、それぞれ市内の別の学校で再スタートする。
 小学部の責任者のテイラー・ハーパーは
「この学校に送られてくる子どもの98%は家庭が崩壊しています。それも、かなり深刻な状態で」と彼女は言った。
 彼女の部屋には、教室が見える特殊ミラーがある。彼女は教室の最後部席に座る5年生くらいの男の子を凝視した。彼は身体を左右に揺らし、何かの曲を口ずさんでいる。動きが激しくなり、机を叩きながらラップを歌い始めた。
 彼女は彼の元へ走り、話かけた。
「随分、ご機嫌ね。どうしたの?」「えっ、ああ」
「今、何をする時間か知っているわよね」「あ、うん」 
「じゃあ、決められたことをやりましょうよ」
 彼が戸惑った顔をすると、ハーパーは
「ちょっと、校庭を一周しようか?」
と、彼をうながし、教室の外へ連れ出した。
「今日はいい天気ね。さぁ、大きく深呼吸をして!」
と、ハーパーは大きな声で呼びかけ、彼と一緒に小走りで校舎の周りを駆け始めた。
 この学校には、いじめを受けて、いじめっ子に銃口を向けた子(我慢の限界を超えて、お祖父さんの机から拳銃を持ち出したのだ)。水道がない、使えなくなったトレーラー車で生活している子。同性愛者に犯されてしまった子。など、絶望的な生活環境のなかで生きている子どもたちである。
 子どもたちが置かれた現状を聞かされると、悲惨な生活環境で気持ちが暗くなる。しかし、教室からはネガティブな空気は感じられない。その理由は教師であるハーパーがエネルギッシュでバイタリティに満ちているからである。
 ハーパーは「子どもを再生させるカギは、常に子どもをポジティブな気持ちにさせてあげること。だから、私がはつらつとした姿をみせることだ」と、述べています。
 ハーパーは大学を卒業し教師になった時、荒れた小学校を希望した。9年間務めた小学校では、9割以上の保護者がトレーラー車内で生活し、ドラッグに溺れていた。だから、小学生でドラッグを覚えてしまう。
 
「私が自分に約束したのは、絶対に子どもたちから逃げないということ。それから、どんな子どもにも同じように接することを心がけています」とハーパー言う。 
 ハーパーが勤務する学校の代表のフリーマン(他の高校の校長を8年間務めた経験がある)
「私はタフですよ。自分の限界に挑むつもりで仕事をこなしています。絶対にあきらめたりしません」
「子どもたち一人ひとりの特色を見きわめて、最善の方法を探すことこそ教育者の務めだと思う。ハートとハートで付き合っていくことが第一です。信頼関係を築くことがカギです」
と述べています。
 二人に共通するのは、陽気さとみなぎるエネルギーである。
(
林 壮一:1969年埼玉県生まれ、プロボクサーを断念し、週刊誌記者を経てノンフィクションライター。渡米し弱者の目線から米国の問題児の姿を追い続けた)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャイムが鳴っても授業に遅れてくる子どもをなくすには、どうすればよいのでしょうか

 チャイムが鳴っても席に着かず、しばらくしてから教室に入ってくる子どもがいます。チャイムが鳴っても、みんなが揃わないので教師は授業を始められません。
 クラスが荒れてくると、悪びれずに教室に入ってきます。授業が始まっていることを承知で、遅れて教室に入ってくるのです。こんな光景が当たり前になってきます。
 注意をしても反抗的な態度を取り、なかなか改善されません。そればかりか、ちゃんと席に着いていた子どもたちの心も教師の指導力のなさに失望し、教師から離れていきます。
 どうすればよいのでしょうか。
 授業の始まりに「楽しい仕掛け」をつくります。
 例えば、社会科の「地図当て」です。班になって、一人が地名を出題します。誰が一番早く見つけられるかを競います。これなら全員が揃っていなくても始めることができます。
 子どもにとって「地図当て」は「遊び」です。教室からは楽しそうな声が聞こえてきます。遅れて教室に入ってくるとそれに参加できないので、急いでチャイム着席をしようとします。
 こういった楽しい仕掛けを施すと、それをやりたくてチャイム着席をしようとします。
 その他の仕掛けとして、国語の授業の始めに7分間の読書をします。
 授業が始まったらすぐに読書をします。教室は静寂に包まれます。遅れてきた子どもはその雰囲気を察して、バツの悪そうな顔をしてそっと席につきます。
 こういった仕掛けをすると、ちゃんと着席した子どもたちは、遅れてきた友だちのことが気にならず、教師も遅れてきた子どもに「お説教」をしなくてすみます。
 教師は子どもたちがチャイム着席できるようになると、ほめます。すると、自分たちが変容していることに気づき、教師にほめられる快さを味わえます。遅れることが恥ずかしくなります。
(
城ケ﨑滋雄:1957年鹿児島県生まれ、千葉県公立小学校教師、教育委員会、不登校対策教員として不登校児童と関わる。荒れた学級の立て直し、小学校教師として教育情報誌・子育て情報誌などを通して、若い先生や保護者にアドバイスも行っている)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学級経営で大切な、たった一つの秘訣とはなんでしょうか

 退職する先輩が別れのときに、
「いいか。学級経営の秘訣はたった一つだ。子どもを好きになることだ。それだけだ」
という言葉を贈ってくれました。
 その先輩は子どもたちから、たいへん人気がありました。
 いつも子どもたちが群がっていました。子どもたちはうれしそうに先生と話したり、遊んだりしていました。
 その先輩も子どもたちといることを心の底から楽しんでいるようでした。
 この言葉をいただいたときは「そんなのあたりまえのことでしょう」と思っていました。
 あるとき、この言葉の大切さがわかるようになりました。
 私自身、うまくいかなかったクラスがありました。
 そのときは、クラスの子どもたちを好きにはなれませんでした。
 担任として、やるべきことはやっていたけれど、どこか冷めている自分がいました。
「この子たちが好きだ。自分のことも好きになってほしい」というふうには、とても思えませんでした。
「好かれようが、好かれまいが関係ない。教師として、この子たちに必要な教育をするだけだ」と思っていました。
 女子のグループ化、やんちゃな男の子の傍若無人な振る舞い、教師を避ける子どもたち、などの問題に、冷めた態度で接する自分がいました。
 本気で子どもたちに向き合えなかったのです。誰一人泣く子がいなかった卒業式が、その一年を象徴していました。
 その一年を振り返ったとき、何がいけなかったのかを考えました。そのときに「子どものことを好きになること」という先輩の言葉を思い出しました。
 その失敗以来、「子どもを好きになる」ことを大事にしてきました。
 学級にはいろいろな子がいます。自己中心的な子、友だちに意地悪な子、無気力な子、自分の権利ばかりを主張する子、教師に悪態をついてくる子・・・・と、実にいろいろな子がいます。
 個人的には私自身も好きになるのが難しい子もいます。しかし、それでもプロの教師として、目の前の子どもを好きになる努力をしてほしいと思います。
 好きになれば、当然、相手を喜ばせたい、力をつけてあげたい。好きになってもらいたい。喜んでもらいたい。幸せになってもらいたい。楽しく勉強をしてもらいたい、と思うようになります。
 好きになるのなら、熱く思えるほど好きになってほしい。実践するときの原動力となります。子どものことを好きになればなるほど、やる気がわいてきます。だから、どうか、子どものことを好きになってください。
(
飯村友和:1977年千葉県生まれ、千葉県公立小学校教師。教育サークル「明日の学級づくりを語る会」代表)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新任一年目に担任になって、子どもを自由させて空回りし荒れ、学級づくりで大失敗した

 教師になって新任一年目で四年生の担任になりました。子どもたちに
「先生は頭が悪い、わかってくれない、教え方がへただ、こんな先生のクラスになりたくなかった、替わってほしい」
と言われ、ショックを受けた。しかし的を射ていた。
 私は教師になりたかった。念願の教師になり、あふれんばかりの希望と理想でいっぱいだった。
「自由で生き生きと子どもたちが活動している授業」をイメージして、自分のクラスの子どもたちは自由にさせた。子どもたちに、窮屈さのない自由な気持ちを味わってほしかった。
 しかし、その結果「この先生は怖くない」と、子どもたちは好き勝手、やりたい放題になり、私の話を聞かなくなり、クラスはめちゃくちゃになってしまった。教室から出て行く子、乱暴な子、無気力、いじめが激しくなったこともあった。
 何度となく先輩の先生に相談をした。みんな親切にアドバイスしてくれた。言われたことを全部やったのに、何も変わらない。
「こんなに一生懸命やっているのに、子どもたちは、なぜわかってくれないのだろう」そんな気持ちばかりが大きくなっていった。
 一学期の通知表を一目見たB男は、私の目の前で破った。そのとき「先生は僕のことを理解してくれない。僕の話を三回も聞いてくれなかった」と言った。
 雷に打たれたようだった。私は自分のことで精一杯で子どもの話を聞いてあげていなかったのだ。自分を認められないほど悲しいことはないだろう。子どもの話を聞いて喜んだり、悲しんだりすることをB男の事件で教えてくれた。
 また、一学期に先輩に教えていただいて、行ったドッジボールも、子どもたちがやりたいと思わなかったために盛り上がらなかった。
 五年生からドッジボールの挑戦状をたたきつけられるかたちで提案してもらった。子どもたちは練習に励んだ。私はびっくりした。子どもたちは正直だ。
 新任の一年を振り返ると「自由で生き生きした子ども」の姿をはき違えていた自分が見えてくる。子どもに媚びていただけの自分であったのではないか。子どもは、すぐにそんなつまらない大人を見抜く。
 子どもたちはいつも「今の自分よりもすごい自分に成りたがっている」存在である。
 子どもたちは、息が詰まるほど真剣に話し合ったり、悩みながら考えを書いたり、問題を解決したり、できるように何回も練習したり・・・・。自分が知りたい、解決したい、やってみたいと思って取り組んでいるときが、精神的に自由なのだ。
 子どもたちは、そんな場や機会を待っているし、欲しがっているのに、私は自分がやりたいことばかりを提案して、子どもの気持ちや考えから始めようとしなかった。
 子どもの考えが生まれてくるのを待ったり、考えが生まれる手助けをうまくしたりしてあげることができなかった。
 子どもたちは、さぞ、窮屈だっただろう。山のように課題を残した一年であったが、私にとって宝の山となった一年でもあった。
 一年の終わりには、子どもたちが「先生なかなか頑張ったじゃん」と言われ、手紙と色紙をもらった。私は涙が止まらなかった。
 今でも、初任のときの経験は私の教職生活の中でのバイブルとなっていることが多い。私の一番の先生は子どもたち。いいことも悪いこともすべてにおいて、いつも子どもたちと本気で向い合うこと。そこからしか何も見えてこない。
(
山崎準二編著。K小学校教師、女性、教職歴13)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもたちは、なぜ教師に反抗するモンスターチルドレンとなるのでしょうか

 子どもたちはなぜモンスターチルドレンとなるのでしょうか。モンスターチルドレンとは、学校や教師に対して、狡猾に反抗する子どものことです。
 子どもたちがモンスターチルドレンとなる原因は、子どもを「小さな大人」として扱い、私たち大人と対等な存在と見なしてしまうことにあります。
 そうすることによって、子どもはかえって絶えず過大な要求をするようになってしまいます。
 私の知っている幼稚園のほとんどは、子どもを大人と対等なパートナーとして教育活動をしています。子どもたちは2~6歳という、人格がほとんどできていない年齢で、もう独自の人格として扱われ、それを伸ばしてやるべきだというのです。
 もし、このような神経医学上の重要な認識に反した考え方が教育の基盤になってしまうと、子どもたちはわがまま放題のモンスターチルドレンになってしまいます。
 ドイツのテレビ番組で、崩壊した家庭で、手のつけられない子どもたちに、金切り声をあげて叫ぶ親の様子が放映されています。こうした番組が高い視聴率を上げているのは、社会にひそむ感情を表現し、家庭崩壊が身近なことととらえられているからです。
 私は診療所で児童精神科医として毎日、子どもや青少年を見ています。問題をおこしている大部分の青少年は精神の成長が6歳以下の精神年齢で止まってしまっています。そのため彼らは、自分たちの周囲の人たちとスムーズな関係を築くことができません。
 子どもたちが精神的に成長するには、けじめある親や教師に囲まれて生活し、社会で生きていくために不可欠な精神の働きが最もよく育つように、基本的なふるまい方をたえず訓練し、誤った行動があれば反省させる指導をしなければなりません。
 子どもの精神を成長させる見込みは、学校の方が大きいということになります。崩壊した家庭では親と子どもとの関係が混乱してしまっているからです。
 したがって、小学校の教師にとって、学ぶことができるようになるための土台を子どもの中に育てる責任があります。学校で子どもの精神を育てることが重要だということです。
(
ミヒャエル・ヴィンターホフ:1955年ドイツ生まれ、医学博士、1988年から児童精神科と精神療法(心理療法)の診療所を開く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学級経営の基本である、子どもを理解し実態を把握するには、どのようにすればよいか

 子どもを理解するときに教師が陥りやすい問題点がある。
 学習の成績など優れた点があると、それだけで子どもを一方的によく見てしまい、その子の問題点が見えなくなってしまう。
 第一印象や他の子どもとの比較で判断したり、この子はこうだと決めつけてしまうこともある。
 そうしたことを防ぐためには、子どもを見る目を養い、子どもとできるだけ多くふれあうようにするとよい。
 日頃からいろいろな場面で子どもと接し、子どもの動きを見守り、子どもの話に耳を傾けることが大切になってくる。
 日々変容する子どもを見つめ、子どもの側に立って考え、一人ひとりの子どものよさを見つけ励ますようにしたい。
 その上で、学級が抱かえる問題点とその原因や背景をしっかり把握し、どのように学級経営を進めていけばよいかを考えることが重要である。
 子どもを理解し実態を把握するためには
(1)
学習指導
 学習への関心や意欲、態度のほかに、ものの見方・考え方や知識・技能の定着の様子も大切な視点になる。
 また、学習の仕方や発言の様子、ノートの取り方など、多面的に見ていくことが大切である。
(2)
生徒指導や健康
 身体や健康の状態、言葉づかいや行動の様子、家庭環境や生育歴など本人自身のことや、友だち関係や遊びの様子、集団生活の様子など、本人と周囲の子とのかかわりが視点となる。
(3)
子どもとのふれあいを大切にする
 子どもと一緒に遊ぶ、授業中一緒に活動する。グループ日誌や日記を書くなど、子どもとの会話やふれあいを通して、子どもの姿や友人関係を理解する。
 アンケートなどによって、個人や集団の実態を把握することもできる。
(4)
子どもの個人カルテをつくる
 学校での様子とともに、保護者の話から家庭での様子も把握する。情報を集め、個人カルテをつくる。
 名簿や座席表、個人カルテなどに一人ひとりの様子を継続的に記録していくようにする。
 学級経営を進めていく上で基本となる子ども理解は、一人ひとりの子どもの特徴や性格などを的確に把握することである。
 そのためには、ありのままに子どもの姿を受け止める姿勢をもつことである。
 子どもに関する情報や資料を集めたり、日頃から継続的に観察したりして、子どもと教師がよりよい人間関係を築くことが重要となる。
(
中山正一:元埼玉県公立小学校校長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今どきの子は安定感に欠ける、「フォロー」すれば安心感を得て本来の力を発揮するようになる

 私は真面目に教室に「お笑い」を取り入れようとがんばってきました。そして、分かったことがあります。それは「お笑い」と教育がとってもよく似ているということです。
 
「お笑い」も教育も、「フリ、オチ、フォロー」から成ります。
 教育の「フリ」は、発問や指示、「オチ」は、子どもたちの取り組みの様子、「フォロー」は、教師が子どもたちを評価し、ほめる、叱るなどの対応です。
 私は、発問や指示、面白ネタやしかけ、などの「フリ」については、これまでにも一生懸命に勉強し、工夫してきました。しかし、子どもたちを「フォロー」することについては意識すらしていなかったのです。
 今どきの子どもたちは「安定感」に欠けています。これからの子どもたちを動かすのは「フォロー」だと私は確信しています。
 
「フォロー」で子どもたちに「安心感」を与えれば、子どもたちが持っている本来の力を十分に発揮させることができると思うのです。
 子どもたちを「フォロー」するための基本的な考え方は
(1)
「子どもを見る目」を鍛えることが必要
 子どもたちを「フォロー」するためには、子どもの様子を見ることが欠かせない。
 気が散ると目が散る。姿勢が崩れると背中が曲がる。落ち着きを失うと手が動く。足が動き出せば立ち上がる。このように「フォロー」するためには、まず、子どもを見る方法をたくさん知っていることが必要である。
 その子の気持ちを察する、雰囲気を察する力がなければ、今どきの子どもたちには対応できない。
(2)
「フォロー」の基本は「ほめる」こと
 教師の一番の仕事は「ほめる」ことである。何を言っても先生が必ず認め、ほめてくれると、子どもたちは「安心」して何事にも取り組めるはずだ。
 教師は、ほめることが苦手な人が多いようだ。どうしても口先だけのほめ方になってしまう。実は私もそうである。
 そこで意識しているのが「驚く」という「フォロー」である。
 例えば、計算問題10題をやり終えて、持ってきたとき「えっ、もうできたの! 早すぎ!」と驚いてみせる。驚いてみせると、わざとらしくならない。
 結果だけでなく、発想や過程をほめるのもいい。驚くという「フォロー」は、おすすめである。
(3)
間違った答えのときは、救ってあげて「フォロー」する
 子どもが間違った答えを言ったときは「素晴らしい間違いだね。みんなの勉強になるなあ。おかげで、みんな賢くなった。すばらしい間違いをしてくれた○○さんに拍手!」と、救う方法もある。
 また「こういう間違いする子、可愛くて先生は好きだなあ」と、救う方法もある。
 ほめることができない場合は「救う」ことが必要である。教師は一生懸命やった子を絶対に見捨ててはならない。
(4)
ハードルを下げ「安心感」を与える「フォロー」を
 今どきの子どもたちは「失敗したら嫌だなあ」「失敗して笑われないかなあ」と不安を持っている。だから、答えが見え見えのクイズに喜んで取り組む。間違える心配がないから「安心」してできるのだろう。
 ハードルを下げ「安心感」を与える「フォロー」が必要である。子どもたちは「安心」して自分の力を発揮できる。
(5)
叱ることも大切な「フォロー」
 「フォロー」というと、何か「甘い」というイメージがある。しかし「フォロー」は甘いだけではない。
 ほめるだけで学級が成り立つなら、こんな楽な仕事はない。学級を成り立たせるなら「厳しく叱る」という「フォロー」は欠かせない。
 例えば、掃除。私は掃除を真面目にやらない子は厳しく叱る。ほめるだけで、真面目にやらない子が、掃除をするようにならない。
 特に若い教師は叱り方がゆるい。叱るときには「作戦」も必要だが「ダメなものは、ダメ!」と全身全霊を込めて叱りつけることが大切である。
(6)
ほめるために叱る
 叱ることは大切である。しかし、叱りっぱなしにしないほうがいい。やはりほめることが欠かせない。
 例えば、算数の授業で、Nくんがかけ算のやり方を全く聞いていなかった。問題を黒板に書き、Nくんを黒板の前にこさせる。問題を解くことができない。
「どうしたの?説明したばっかりでしょ?」「子どもだから失敗は仕方ない。けど、絶対にくり返すなよ! 成長しなさい」
 授業の最後に練習問題を数問させ、Nくんは解けている。そこで、Nくんを前に出し、問題を解かせる。
 
「正解! 素晴らしい! できるようになった、成長したね、Nくんに拍手!」
 こんな「フォロー」を続けると、子どもたちは真剣に授業に取り組むようになる。要は叱りっぱなしにしないということだ。
 感情的に叱るのは素人だ。「ほめるために叱る」という作戦を持って叱りたい。
(
中村健一:1970年山口県生まれ、山口県岩国市立小学校教師。授業づくりネットワーク、お笑い教師同盟などに所属)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学級づくりの失敗から得た学級づくりのヒントとは

 初任者として中学校で学んだことは、力で子どもたちを押さえこむことだった。そのような指導で子どもたちを方向づけするのが教師だと、勘違いしたまま小学校の教師となったことが、失敗につながった。
 小学校経験が15年をこえた頃であった。学級づくりは教師がするもので、授業さえやっていればクラスはできると考えていた。そして、正義にもとづく価値観とルールを押しつけていたのである。
 そんなある日、やんちゃな子どもとついに衝突したのである。担任を試すかのように、級友をからかい、次第にエスカレートし、いじめに近い言動を見せた。
 私はその瞬間、彼をつかんで壁に押しつけ、厳しい口調で怒鳴ったのである。これをきっかけに、やんちゃとその仲間たちは、担任と決定的に反目するようになったのである。もはや修復不能の事態となってしまった。
 「教師は子どもの悪いところを直すのが仕事だ」と思い込み、信じて疑わなかった「古い教育哲学」が崩壊したのである。
 私は、自問自責の毎日を送り、病休をも考えつつ、何とか年度末を迎え、傷心のまま異動となってしまったのである。
 どんな問題でも解決するのが教師だと思い込み過ぎていた。「子どもに寄り添う」ことを忘れていたのである。
 そんなとき聞いた赤坂真二先生の「解決しようとするのではなく、『子どもに寄り添う』ようにする」という言葉が、ストンとふに落ちたのである。
 私の失敗から学んだことは、次の5つである。
(1)
個人の経験だけでは、子どもは育てられない。
(2)
正義を振りかざすだけでは、子どもはついてこない。
(3)
「学級づくり」を子どものものにしなければ、子どもたちは育たない。
(4)
教師が手本とならなければ、子どもは自ら育つ子にはならない。
(5)
「子どもを育てる」という視点をもたなければ教師とは言えない。
 自分だけの経験だけでは通用しなくなっていることは、大きな問題であった。身近な人に相談しても対症療法にしかならず、その場しのぎにしかならなかった。
 そこで、八方ふさがりの苦しさから抜け出すために、考えることもなかった「有料の研修会」に参加することにした。
 そこでは、自分の何十年の経験をもっても思いつかない実践や、本を読むだけでは分からない魅力的な講師に出会うことができたのである。
 それからは毎週のように、各種セミナーや講演会に参加した。毎回、目が覚める思いで「私ができることは何か?」と自問するようになった。
 同時に、次のような課題解決の具体的なヒントを得ることにもなった。
(1)
つねに、子ども(個人)と子どもたち(集団)を「育てるという視点」を持つ。
(2)
今の瞬間を変えることだけを考えるのではなく、年度末や「将来を見通した指導」を考える。
(3)
厳しい中の楽しさより「楽しい中に厳しさ」を織り込んでいく。
(4)
「教師が学びを楽しむ」ことを教育の原点とする。
 そして、これらの課題は別々に解決するのではなく「同時進行の形で解決に向かうものである」ということも学んだ。
(
大谷雅昭:1959年群馬県生まれ、群馬県公立中学校理科教師を経て小学校教師。環境省環境カウンセラー)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

保護者がわが子のことで気になることはなんでしょうか、保護者が安心するにはどうすればよいか

 保護者がわが子のことで、すごく気になることが2つあります。
1「授業についていけているか」ということです
 細かくみると、
(1)
学習内容を理解しているか
(2)
技能が身についているか
(3)
先生の話をちゃんと聞いているか
(4)
ふざけていないか
(5)
進んで発表しているか
この中で、保護者が最も気にするのは(1)(2)です。
 特に小学校の低学年、中学年は学習内容も比較的易しいことから、易しい内容も理解できていないのは心配だという思いも混じります。
 具体的には、テストの点数が予想以上に悪かったとき、宿題がなかなか終わらなかったり、授業で的を射た答えが返ってこないときなどに、心配になるようです。
 その心配が高じると、連絡帳や電話で不安を訴えるようになります。保護者の中には、わが子が学習内容を理解できないのは教師の教え方が悪いからだと、一方的に考える人もいます。
2「仲のいい友だちがいるか」ということです 
 わが子のことですごく気になることももう一つは、友だち関係です。仲のいい友だちがいるか、ということです。勉強以上に気になる保護者も多いと思います。
(1)
休み時間に遊ぶ子はいるだろうか
(2)
一人ぼっちでいないだろうか
(3)
いじわるをされていないだろうか
(4)
いじわるをしていないだろうか
 子どもが家に帰って、学校で誰とどんなことをして遊んだのかを親に話します。そのときに「一人で遊んでいた」などと聞くと、悲しくなるものです。
 そうして、友だちと遊べるように何か工夫をしてほしいと連絡帳にその不安を書いてきます。
 このようなとき、教師はどのようにすればよいのでしょうか。
 勉強が苦手な子や、休み時間に友だちと関わることが苦手な子には、教師がなるべく「たくさん関わる」とよいでしょう。保護者は安心します。
 
「今日は先生と勉強したよ」「今日は先生と遊んだよ」と、家に帰って子どもが親に笑顔で話すと、保護者も安心します。
 教師がわが子をちゃんと見ていてくれると分かって安心するのです。
(山中伸之:1958年生まれ。栃木県公立小・中学校教師。実感道徳研究会会長 日本群読教育の会常任委員)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

保護者に子どものよいことを伝える「電話感謝デー」で、教師と保護者の信頼関係をつくる

 子どものよいことを電話で保護者に伝える「電話感謝日」をはじめた。
 2週間に一回、木曜日に私は名簿を見ながら保護者に電話をかけている。つけた名前は「電話感謝デー」です。
 
「もしもし、溝部です。今日はいい電話ですよ」と言って話し始める。
 
「ええっ、そんなことがあったんですか」と、お母さんの喜ぶ声がうれしい。
 1軒目、2軒目、3軒目と進む。だいたい5軒目あたりが本命だ。はじめはウォーミングアップをかねて軽やかにかけるものの、5軒目あたりが近づくとちょっぴり手に汗がにじむ。
 あれは、たしか11月頃のことだった。電話感謝デーも4周目くらいになった時、いつものように、子どもの「よい出来事」をお話しし、電話を切ろうとした。
 すると、お母さんから「本当にそれだけですか?」と、聞き返された。
 
「そうですよ。今日は電話感謝デーといって、よいことを連絡する日なんですよ」と言うと、
 
「そんなことはないでしょ。それだけで学校の先生が連絡してきますか」と、きつい調子で問い詰められた。
 ああ、本当はこれが言いたかったんだ。それを半年もがまんしていたのか。
 それでも、お母さんが本心を話してくれたことがうれしかった。
 
「お母さん、本当によいことをしたから電話したんですよ。悪いこともお知らせします。でも、それと同じくらい、よいお知らせもしたいんですよ」と、私も本心を話した。
 大人同士が信頼の糸をつなぐには時間がかかる。けれど、思いが通じるとうれしいもの。
 6軒目、7軒目。これでおしまいだ。最後のほうには、いい夢が見られそうな保護者を入れる。これくらいのクールダウンは、許してくださいね。
 これを続けていると、
 
「うちにも、電話感謝デーの日がきましたか。待っていました」と、そう言って、喜んでくれる保護者も出てきた。
 電話で保護者が少しでも喜んでくれるのなら、やってみようじゃありませんか。
(
溝部清彦:1958年大分県生まれ、小学校教師。全国生活指導研究協議会指名全国委員)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教師と学校に文句を言っていた親が協力するようになった、どのように対応したか

 学校に文句を言ってくる保護者は「困った親」として、クレーマーとかモンスターペアレントとして敬遠されます。
 教師は親の様子を嘆き、親は教師の状況を嘆き、お互い批判的な眼差しを強めます。学校と保護者との関係は実によそよそしいものになってしまいます。
 「困った親」を「困っている親」として見るという見方に立てるかどうかが肝心なことではないか。
 「困った子」「困った親」といった見方から、保護者と教師、子どもと教師とのすれ違いが生じてきてしまうのです。荒れる、暴れる、ものを壊す、人を傷つけるなど、問題を起こす「困った子」は、実は本人が困っているのだという認識が必要です。
 私は、親と共同して子どもを育てるために「対話」を大事にしました。対話は、直接会って話をする方法と、連絡帳を使って文章で対話する方法とがあります。
 対話による会話は、消えていってしまうという点が利点でもあり、欠点でもあります。おしゃべりは、やがて忘れられます。都合のいいことだけが頭に残ります。
 気持ちや考えが試行錯誤の状況であるときは、会話による意思疎通が大事です。新しい発見があったりするでしょう。
 連絡帳は、文章で確実に思いを伝えていくことができます。くり返し読み返すので、忘れないどころか、読むたびに印象が深まっていきます。
 私が対話を大事にして「困った親」を解決していった実践例を紹介します。
 私はクレーマーの保護者A(以降A)がいる小学校の二年生の担任になりました。
 前年の一年生のとき、つぎのような出来事がありました。
 Aさんの子ども(以降a)が自己中心的で他の子どもの気持ちを考えない言動に、まわりの子どもたちから言葉による攻撃がありました。
 Aさんから「aがいじめられて、学校に行きたくないと言っているので休ませる」と、電話があり、その後、aさんは学校を休み、Aさんから担任への抗議の電話が続きました。
 担任が家庭訪問しても、一方的な担任批判となり、登校させる話にはなりません。学校に来て校長にも抗議するようになりました。
 やがて、Aさんはわが子がB子にいじめられたと弁護士を立てて、B子の親を相手に損害賠償請求したのです。B子の親は子どもを裁判に巻き込ませたくないので金銭的な和解に応じました。
 年度末の三学期になり、Aさんは「B子を転校させろ」と言ってきました。それで異例の学級編成替えをすることになりました。
 私は二年生を担任するにあたって、aさんが四か月におよぶ長期欠席の後、登校できるのだろうか。親と学校の間に生じた不信感をどのように乗り越えていったらよいのか考えました。
 
「困っ子」は「困っている子」、「困った親」は「困っている親」だという思いを強く胸に抱いて指導する準備を始めたのです。
 親とのていねいな対話が大事なので、連絡帳を預かり、翌日応答するようにしました。aさんのよい言動を連絡帳に書くようにしました。また「子どもたちは、子ども同士のトラブルから学ぶ」ということも連絡帳に書きました。
 友だちづくりを中心にした集団づくりの成果が表れて、aさんは成長してきました。aさんの学校での様子のよいことを中心にAさんに具体的に伝えました。問題点も伝えましたが、こみいったことは会って話したり、電話をしたりしました。
 7月になって、Aさんの問題点が表れました。子どものトラブルを、わが子のいい分だけ聞いて客観的に判断しないのです。Aさんから私に電話があり「Cくんのわが子に対する不愉快な言動が変わらないなら、私は何らかの方法を考えざるを得ません」と、前年と同じ脅しをしてきました。
 私と会いたくないということから、電話でのやり取りとなりました。私は、Aさんのわが子の言い分だけで判断している客観性のなさと、Cくんへの偏見について考えを改めるように迫りました。Aさんも言いたいことを言いました。
 十分聞いたので「aさんの成長をだいなしにしないように」と言って、こちらから電話を切りました。
 やはり、子どもは子どもの中で育つものです。aさんの場合もそうでした。朝の会、帰りの会を大事にして、苦情を出させ、不満を家に持って帰らさないようにしました。
 子どもたちの中で起きたトラブルは、話しい合いを通して解決させていくようにしました。そのうち、1日を振り返って、友だちを認めたり、感謝することが増え、認められる喜びを知ることになったのです。
 二学期の合同誕生日会で、aさんは班の出し物で、ナレーター役をして、ひょうきんさを見せ、みんなを笑わせました。aさんがいると学校が楽しいという声がでるようになりました。aさんはCくんとも仲よくなっていきました。
 12月の生活科のイベントで、誘いを受けてAさんも他の保護者と共に生き生きとお手伝いをするようになり、保護者同士の輪づくりが実ってきました。
(
大和久 勝:1945年東京都生まれ、元東京都公立小学校教師。大学講師、全国生活指導研究協議会常任委員、『生活指導』隔月刊編集長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

規律のある学級にするために、すぐできる方法とはなにか

 荒れた学級では、教師の指示が通らない。学級を荒らさないためには、規律を打ち立てる必要がある。
 規律を打ち立てるためには「しつけを一つずつ徹底して教えていく」と、効果的である。まずは、一つを徹底するのである。
 しつけで有名な三原則(哲学者森信三が示した)は、
(1)
あいさつをしっかりする
 あいさつがきちんとできるようになるだけで、学級の雰囲気がピリッと引き締まったものになる。
 そして、教師の指示があったら、さっと動ける子どもになっていくのである。
 例えば、朝のあいさつで、隣の子とおしゃべりをして、声を出していない子どもがいたら
「とってもいい声で、あいさつできている人がいました。が、残念。三人は声を出していませんでした。朝のあいさつを気持ちよくすることから、一日が始まります。もう一度しましょう」
 教師が、あいさつができているかどうかを鋭く見て、できていない子どもの数まで言うから、子どもたちはドキッとする。「この先生には、ごまかしがきかない」と思うようになる。
(2)
返事をする
(3)
後始末をする
である。
 あいさつ、返事、後始末にこだわってみる。これが学級経営の急所である。
 あいさつ、返事、後始末を一つずつ教え、だんだんとできるようになってくれば、学級の雰囲気がガラリと変わる。規律ある学級に変化してくる。
 この三つのしつけ以外にも、私がこだわっているしつけがある。それは、
(1)
目の前に落ちているゴミを拾う
 できていない事実をとらえ、全員に指導する機会をもちたい。
 例えば、図工の授業の後で、ゴミが落ちていたとする。誰もそれを拾わずにほうっておいたら、指導のチャンスである。
「大変残念なことがありました。教室にゴミが散らかっているのに、誰も拾おうとしないのです。そんなみんなの姿を見て、残念に思ったのです」
「そんな人に、何か大きな目標が達成できると思いますか」
「小さなことにすら気づけない。気づいてもめんどうだと思ってやらない。そんなことで、自分の夢をかなえるための努力ができると思いますか」
「今日は残念でしたが、次は、みんなならきっと拾えると思います。先生が拾って片づけるようではダメなのです」
 そして、拾っている子やゴミを落とさずに片づけている子をほめる。こうして、小さなことを大切にする子に育てていく。
(2)
提出物の向きをそろえて出す
 宿題やプリント、ノートなどの提出物を、教師の方に向けて出すことができるようにしたい。目上の人への最低限の礼儀だけは教えておきたい。
(3)
机をそろえる
 座席を離れるときや、授業が始まる前、帰る時などに、さっと机の向きを整えるようにする。
 すぐに机の位置と向きがそろえられるように、机の下にマーカーで印をつけておくとよい。
 これらは、たいへん小さなことである。だが、こういった小さなことができるようになると、大きな変化が子どもに訪れる。
 やることが、だんだんと丁寧になり、不思議と落ち着いてくる。
 教師が大切にしたいしつけを、一つずつ教えていくことで、規律あるクラスへと変わっていく。
(
大前暁政:1977年生まれ、岡山市立小学校教師を経て、京都文教大学の准教授(理科教育)。理科の授業研究が認められ「ソニー子ども科学教育プログラム」に入賞)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

若い教師が、難しい場面も苦しくならずに乗り切るためのコツとは

 若い教師は、まず、子どもたちと接するのと同じように、保護者とも早めにつながることを意識するとよいでしょう。
 懇談会が苦手であれば、学校の子どもたちの様子を写真をスライドにして流すなどして、伝えるとよい。保護者とつながるよい方法は「よいことで電話をする」ことです。教師のことを信じてくれる保護者は増えると思います。
 子どもたちはキレたり、暴れたり、泣いたり様々なことをします。子どもたちは、うまくいかなかったことがあったり、苦しんだりしながら成長していきます。
 子どもたちが何か問題を起こしても「よし、子どもが成長できるチャンスだ」と思って指導できるくらいの気持ちで臨んでいきたいものです。
 クラスで気になる子どもは必ずいます。その子しか意識できなくなり、叱ってばかりいると、クラスはどんどん悪い方向へすすんでいきます。こうしたときほど、一人の子に固執しないことが大切です。私は叱らないで関わる時間を増やすようにしています。
 そんなときほど、周りの子を見るという意識を持つ必要があります。クラス全体に指導していくことが大切です。指導の仕方を工夫し、ほめたり、促したり、誘ったりしながら、子どもたちが納得できる方法で行いましょう。
 休み時間は様々な方法で子どもたちと関わってみましょう。遊んだり、子どもたちの興味関心のあることをおしゃべりしたりすると、子どもたちとのつながりも強くなります。
 保護者でも同僚でも、自分の応援してくれる人を増やしていくようにします。とにかく、報告・連絡・相談をして、いろいろな人に聞いて学ぼうとする姿勢を大切にしてください。謙虚に一生懸命に頑張っていれば、応援してくれる人は増えていきます。
 学ぶ姿勢がなくなったら、教師としては失格だと私は考えています。勉強だけでなく、あらゆることを学びたいという気持ちがかかせないのです。
 授業には様々な方法や考え方があります。その方法や考え方にしたがって取り組んでいくと、必ず成果が出てきます。しかし、気をつけなくてはいけないのが「子どもたちが見えているか」です。
 どんな素晴らしい方法でも、「いつもそうやってきたから」と疑問をもたず、その方法のために子どもたちを動かしてしまってはいけません。
 大切なことは、子どもを第一に考え「子どもたちのために方法や考え方がある」ということです。
(
長瀬拓也:1981年岐阜県生まれ、横浜市立小学校教師、岐阜県公立小学校・中学校教師を経て京都市私立小学校教師。2004年に「第40回わたしの教育記録」(主催/日本児童教育振興財団)新採・新人賞を受賞。授業づくりネットワーク理事、教育サークル「未来の扉」代表代行、『教師になるには』編集代表、クラス・マネジメント研究会代表)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒れた子どもや学級を立て直すためには、どのようにすればよいのでしょうか

 キレやすい子どもたちは、動物的な勘のような鋭さで、自分に迫ってくる危機を感じとり、自分が傷つくまえに「ウルセエ、むかつくんだよ。くそババア」と攻撃的な姿勢をとるような気がします。
 自分に迫るものをつねに危機として感じとるというのは、他者に対する不信、自分の存在に不安をかかえているように思います。
 教師にその思いはなくても、子どもがくり返し傷つけられ、自分の存在にたいする肯定的な感情を育んでこなかったからでしょうか。。
 正義感をふりかざした顔でだれかが近づいてくると、「もうぼくを傷つけるのはやめてくれ」と鋭く反応し、正しいことであっても、人間的な感情で受けとめきれず、反発してしまうのではないでしょうか。
 私は、この子どもたちとともに生きていくにあたって、命令や怒声、罰などをふりかざす「力による教育」はいっさいやめようと思いました。
 それが子どもたちの心を傷つけ、人間への信頼や連帯から遠ざけ、攻撃性をいっそう助長してしまうであろうことが予測できるからです。
 まず、「あなたが、あなたでいることを、私はそのまま受け入れるよ」。そういう気持ちで子どもたちと生きていこうと思いました。
 特に学級の指導で気をつけていたのは、子どもたちの攻撃的な感情を助長するような雰囲気をつくらないこと。ゆっくりとした時間の流れのなかで対応することをこころがけていました。
 朝の会で一人ひとり名前を呼んで、「守るくん、ねこのチャトラは元気ですか」と、ふと思いついたことを語りかけます。それから、心にのこったことを一つ二つ話します。
 そして、一日の予定について話します。子どもたちのいらだちや攻撃性は、この一日の予定を知ることでかなり弱められるようです。見とおしをもつことが人間らしい努力を生みだす力になっていきます。
 体育の授業は、おにごっこ、手つなぎおに、「網投げた」などの遊びを全員で楽しみました。笑顔がこぼれてきます。
 とくに「網投げた」のあそびを子どもたちは好みました。遊び方は簡単です。最初わたしが漁師になってあと全員魚になります。体育館の一方の端に魚となった子どもたちが並び、漁師となった私がもう一方の端に立ちます。
 
「網投げた!」と大声をあげて、子どもと私は体育館を交差するように駆け抜けていきます。そのとき、漁師である私にタッチされたらアウトです。捕まったらこんどは反対に漁師に加わります。
 横にステップを踏んでタッチをかいくぐることは許されますが、後ろに逃げることは許されません。スピードとフェイントの勝負です。
 漁師の数がどんどん増えてきて、そのなかを逃げきるのはスリルがあって楽しいのです。どんなすばしっこい子も最後は、クラスみんなにワーッととり囲まれて捕まってしまいます。汗びっしょりで。
 こうして、からだを動かすことをめんどうくさがっていた子どもたちが、マットなどに全力を出しはじめました。
 子どもたちの気分や感情とていねいにつきあっていくのですが、普通のクラスからみれば荒れているように見えます。しかし、一概にそれが悪いとは言えない気がします。
 感情の処理をていねいにしきれない子どもたちが、お互いの要求をぶつけあいながら学び学校生活を送るということで、教師から命令されるのではなく、自分から自覚していく時間が必要だろうということです。
 教室で、体育で、遊びやゲームをよくしました。「無人島」とか「人数づくり」とか「ジャンケンゲーム」とか「シェーハ」とか。短い時間をちょっとつかって楽しみました。
 学校にはこういうゆったりとした時間が流れることが必要ではないかと、思いました。
 いらだちやむかつきを表現し、傷つけあうことばが飛びかっていた教室に、授業への集中や読書への集中の快さを創りだすことはとても大切なことだと思いました。
 一週間に一度だけど、図書室でみんな静かに本を読むようになりました。文字を読み、イメージを広げ、夢中になって心躍らせる体験は、子どもたちの内面を充実させていくでしょう。
 絵本の読み聞かせをしました。右手の指できつねの”コンちゃん”をつくって一人芝居をしました。
 
「やあ、みんな、こんにちは。ぼく、コンちゃん。先生、本読んでよ」
 「よし、じゃあ、読むとしよう。『三びきのやぎのガラガラどん』、始まり、始まり」
 心をこめて小さな声で読みつづけていきました。シンとして聴いてくれます。「おもしろかったあ」読み終わると、みんな、ほうっと肩の力を抜いて笑っていました。六年生の教室であることがうそのようです。
 子どもたちがわたしに信頼をよせ、心を開きすっかり身をゆだねてくれているのです。こんな瞬間、子どもたちがとてもいとおしくなります。子どもたちは、人間として一人ひとり尊敬され、ていねいにあつかわなければならない。そんなふうに強く想うのでした。
 教室に何冊もの本を持ち込んで紹介しました。「1年1くみ1ばんワル」「キャプテンがんばる」「それゆけズッコケ三人組」など。
 子どもたちは、少年や少女の時代を輝いて生きたいと願っているように見えます。荒れているように見えて、じつは少年たちの生きることへの願いのようにも思えます。
 しかし、荒れている状況を放置するわけにはいきません。荒れの向こうに見える子どもの要求を聞きとりながら、人間的に生きることへの喜びに結びつけていかなければなりません。
 子どもたちは希望をもつことではじめて人間的な生き方に心をよせ、みずからを変えることに挑戦しはじめるのですから。 
 こんにちの子どもと教育の危機のなかで、希望と未来が一度に切り拓かれるような指導のマニュアルはありません。
 私たちにできることは、子どもに徹底して寄り添い彼らの深い要求を聴きとること、そして自己の停滞を打ち破り教師としての新しい一歩を踏み出すことではないかと思います。
 誰もが歩いたことのない未知の草原や荒野を、道草を楽しみながら子どもとともに歩み、希望を創りだしていくのです。
(
山崎隆夫:1950年静岡県生まれ、元東京都公立小学校教諭。都留文科大学非常勤講師、「学びをつくる会」「教育科学研究会」会員)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保護者からのクレームがなく、保護者の信頼を得る対応をするにはどうすればよいか

 私は保護者からのクレームをほとんどもらったことがない。なぜ、クレームが出なかったのだろうか。それは「子どもが頑張っている」「子どもが伸びている」という事実があったからである。
 子どもが成長している事実があればクレームは出ない。これがクレームを未然に防ぐ第一条件である。
 子どもが伸びたという事実を一つ一つつくっていれば、クレームはでないものである。教師として「子どもを伸ばしているのだ」という筋を通せばよいのである。
 年度始めのクレームを未然に防ぐには、先回りして、教師の意図を説明しておくとよい。学級通信などで説明しておけばすむことである。
 担任のことがよくわかっていないので「宿題はもっとださないのですか」といった「よくわからなくて不安だ」という気持ちから保護者のクレームがでるのである。
 担任していると、子どものトラブルのことでクレームがくることがある。もしもクレームが出た場合、私が必ず心がけていることがある。
 それは「迅速に」「誠意をもって」「解決に徹する」である。大切なのはスピードである。クレームを聞いたその場で、すぐに解決のための行動を始めるのである。
 ポイントは「保護者が納得するまで、細かな点まで配慮して解決にあたる」ことである。
 例えば「子どもがけんかをして、本人がとても気にしている差別的なことを言われた」といったとき、差別的な発言を許すような雰囲気の学級経営をしていることに保護者が怒っているのだ。
 だとしたら、誠意ある解決のための教師の行動は、
(1)
けんかの理由を聞き、悪かったところを、お互いに謝らせる。
(2)
差別的な発言は、理由があろうと許されないことを話す。
(3)
クラスの子ども全員に差別的な発言をしていないか、振り返る機会をとる。
 こうした対処を、その日のうちにとったうえで、保護者に連絡する。担任の誠意が伝わるよう連絡帳でなく、電話か直接会うのがよい。
 
「このように対応しました。ご心配をおかけし、大変申し訳ございませんでした。以後、差別的な発言が出ないよう、担任として注意してまいります」と。
 迅速、かつ誠意ある対応に、保護者は担任に対する信頼を増すことになる。クレームがきても落ち込まないことだ。それよりも、クレームを、信頼を勝ち取る機会にしてしまえばよいのである。
((
大前暁政:1977年生まれ、岡山市立小学校教師を経て、京都文教大学の准教授(理科教育)。理科の授業研究が認められ「ソニー子ども科学教育プログラム」に入賞)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

百ます計算などの陰山式学習法は、どのようなものだったのか

 陰山英男が兵庫県朝来町立(現在は合併により朝来市立)山口小学校在職当時、同僚教師や保護者なども巻き込んで基礎学力向上のためのメソッドの開発を進め、岸本裕史先生が提唱した百ます計算やインターネットの活用、科学実験、そして日常の生活を見直すチェックシートの活用など、さまざまな工夫を重ねて、成果を上げる。
 陰山学級の国語と算数の偏差値が全国平均を大きく上回った。山口小学校を卒業した陰山学級で学んだ50人ほどの子どもたちが、1999年高校を卒業し、その2割が国公立大学に合格した。NHKのクローズアップ現代に取り上げられた。
 百ます計算は足し算、引き算、かけ算、割り算の四種類があり、低学年用には、25ます計算や64ます計算もある。
 任意に記された縦・横10個の数字を、ます目にそって左から右へ、全部で100個の計算を解く。そして同じ数字が配列された問題を二週間、学校と家庭で行い、計算速度を記録する。
 目標タイムの基本は二週間で初日の半分に縮めること。もしくは、2分(割り算の場合は5分)にすること。できた子どもの所要時間を告げる。
 
「まだまだ君たちのタイムは伸びる」と子どもたちに言う。早くできた子どもは、プリントを裏返し、同じ数字を10回足したり、引いたりする「エレベータ計算」を始める。
 数字は百ます計算を始める前に黒板に書いておく。百ます計算で得られることは、計算力アップで子どもに自信をつけさせること。集中力をやしなうこと。
 特に勉強ができない、行動に問題のある子どもたちは元となる計算力が弱いぶん、成長するときは格段の伸び方を示す。百ます計算は、陰山は岸本裕史先生より学んだ。学年ごとに段階的に百ます計算を進展させる。
 新しいクラスを担任すると、陰山は子どもたちに
「これから、この百ます計算のプリント(同じ数字の並びを毎日やることが大事)を、時間を測ってやってもらいます。先生は予言します。2週間後にあなたたちのタイムは半分になっています」
と言うと、子どもたちは半信半疑で取り組みますが、陰山は経験的にそうなることを知っています。
 百ます計算の時間が短くなっていくと子どもたちをほめます。ほめると子どもたちはやる気になってまた伸びます。子どもたちは自信ができると、意欲的になり、飛躍的に成長します。百ます計算によって鍛えられた集中力によって思考力も伸び、文章題も解けるようになります。
 百ます計算を実践しても効果がでないのは、百ます計算の本質を知らないまま使っているからだと陰山は言います。
 学力をつけるには、まず子どもたちの生活習慣を健全(早寝・早起き・朝ごはんを食べる)にして、そのうえで基礎基本の学習と読み書き計算のトレーニングを行い、さらに多様な学習をするようにする。そのことをしっかり理解してほしいと述べています。
 百ます計算さえさせればよいと、早寝・早起き・朝ごはんの正しい生活習慣なしに、寝不足のまま、朝ごはんも食べないで百ます計算をさせたらキレる子どもがでてきても不思議ではありません。
 百ます計算を行うことで子どもが伸び始めると、それを見て保護者も変化し、学校の言うことを信じて子どもの生活習慣を正してみようと協力的になると陰山は言います。
(
陰山英男1958年生まれ、元兵庫県公立小学校教師、広島県公立小学校長を経て、立命館小学校副校長、立命館大学教育開発推進機構教授。元大阪府教育委員委員長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもに主役意識を持たせることが大切、そのために教師の主役意識が育っているかが問題である

 よほど気をつけないと、授業ではよく挙手する子を中心に進め、どんどんやれる子に活躍の場を与えてしまいます。その方が効果があがると思うからです。
 教育の効果は、まだよく育っていない子が、よく育つことです。
 学習などの場面で出番を与えられなかった子は、教師の目の届かぬ場面で主役になって、学級や学校を崩壊させていきます。そんなことになったら大変です。
 どの子も、一人ひとりがかけがえのない役を負っているのだということを教え、それを実感できるように、子どもに主役意識を持たせることは大事です。
 子どもに「あなたも主役なのよ」と担任が励まし、少しでも勉強に成果が見えると「なかなかやるじゃない」と、ほめます。ほめることの教育的な効果はてきめんです。
 そのためには、子どもよりも先に、教師に主役意識が育っているかが問題です。ただ一度きりの人生の主たる舞台である職場に、生き甲斐に満ちていなかったら、人生はつまらないものになってしまいます。
 他校から転任して日の浅い人は、校長の言うことが前任校と違う、学年の人と親しみにくい、子どもの気風が肌に合わない。そのたびに「前の学校はよかった」と思う。よくあることです。
 でも、一日も早く「この学校は私の学校、この子どもたちは私の子ども、私こそ、この学校の主役」と、心からそう思う修業が大事です。
 どこを探しても、完ぺきな理想の職場など、まずありません。出来のよくない子ども。肌の合わない同僚、方針の明確でない管理職。不足だらけの施設・設備。こなしきれないほど多い仕事など。
 赴任しての第一印象をそう語る人もいます。主役意識の育っていない人はそれでもう、やる気を失ってしまいます。
 そして心の中で「ひどい所に来たもんだ。この学校はこれまでいったい何をやってきたんだろう」と、次の日から職場生活は味気ないものになってしまいます。
 ところが、主役意識の育っている教師は違います。「これまでの人たちはここまでやったんだ。今度はいよいよ私の出番だ」と、次の日から張り切って出勤してきます。
 教師の仕事のほとんどは、教師と子どもが触れ合う場で行われるのです。主役とは、教育という仕事の主役です。教育の仕事の対象は子どもです。
 子どもは教育という仕事の最も権威のある評価者です。ほかの誰からもほめられなくても、子どもからほめられるのが教師の仕事の醍醐味です。
 子どもから「うまい!」「よくやる」「先生、大好き!」と言われることをこそ目ざすべきです。教師の主役意識はそうして育ちます。
 主役意識の育った教師のもとでは、必ず子どもの主役意識が育ちます。
(
船越準蔵:19262015年 秋田県生まれ、秋田大学附属中学校教師、秋田県教育庁指導主事、教育次長、中学校長、秋田県中学校会長を務めた)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学級崩壊を立て直すには、教師として何が求められるのでしょうか

 学級崩壊や授業崩壊を克服した教師は例外なく「学び続ける」人である。原理原則を学ぶのみならず、常に新たな情報を求めて動いている。その蓄積の中で知的に磨かれ実力も高まっていく。
 私も学級崩壊の「立て直し請負人」ともいうべき教師たちを知っているが、どの教師も例外なく魅力にあふれている。自らを高めることで周囲を幸せにしている。それが彼らの魅力を形作っているのだ。
 学ばない教師は教える資格がない。学ばないことは「ゼロ」ではなく「マイナス」の結果さえ生み出すことになるからだ。
 新採教師で激しい学級崩壊を立て直した鈴木恒太小学校教師を私なりに整理した。
激しい学級崩壊を立て直す教師の三つの条件は
1 芯の強さがある
 学級崩壊した学級を担任すると精神的に疲弊する。それは半端なものではない。神経を擦り減らす。
 毎日、ギリギリの緊張感を経験しながら、子どもたちに変容をうながす指導をしていくには、圧倒的な心の芯の強さがないと、まず無理だ。
 その芯の強さは、激しく荒ぶる子どもの事実を目の前にして「絶対にこの子どもを育てる」という「強烈な信念」から生まれる。
 使命感を持って仕事をしている人間は、よくない結果を人や環境のせいにはしない。あくまで自分自身の責任であると決め、改善の努力をする。
2 人間として魅力的で知的で格好よさがある 
 子どもたちは教師に知性を求めている。発する言葉の一つひとつが知的であるか。対応はスマートであるか。知的好奇心を満足させてくれる教師を求めている。知性のきらめきは見た目にも表れる。自信となって、である。自信のある人は魅力的だ。
 人間としての明るさ、清潔感は絶対条件だ。単にイケメンや美人であればよいとうことではない。イケメンや美人でも学級崩壊する。
 荒れた子どもたちは感受性が鋭い。教師に対する感性も人並み以上である。教師を見る目は厳しい。
 学級崩壊を立て直す教師は、この絶対条件を持っている。この条件をそなえていない教師には、荒ぶる子どもたちの前で語る土俵にさえ立てない。
3 子どもに対する対応力、教師自身への対応力がある
(1)
子どもに対する対応力がある
 激しく荒れた子どもたちは、「・・・・しなくてもいいか?」など、無数のアドバルーンを教師に叩きつけてくる。かれらは、教師に対する喧嘩のプロである。
 巧妙に教師を挑発する暴言や問題行動を繰り返す。かれらは教師の心を深くえぐり、傷つけるコツをよく知っている。
 これらに、いかにイライラせずに、子どもの言動を叱りつけるだけでなく、手を変え品を変えて指導の手を入れ続けられるか。
 対応力の具体的なスキルがなければ、激しい荒れには対応できない。対応力は当意即妙な「語り」や、一瞬のしぐさや返事でなされることもある。今までどれだけ嫌な思いや人生経験をしたかにかかっているところもある。
 基本的な授業力や楽しい授業ができるというのは、当たり前の条件である。
(2)
教師自身への対応力がある
 
教師は悩む時期、苦しい時期が必ず来る。その時、自分自身を許すことが大切だ。学んだからすぐにできるわけではない。努力が形に表れるまでには時間がかかる。
 それまで、「がんばっているが結果がでない自分を許す」のだ。「大丈夫。きっとよくなると唱える」のである。それで笑顔が戻る。私にもそういう時期があった。
(
長谷川博之:1977年生まれ、埼玉県公立中学校教師、埼玉教育技術研究所代表理事、TOSS埼玉志士舞代表。全国各地のセミナーや学校で講演や授業を行っている)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私語で騒がしい教室を変えるには、どのようにすればよいのでしょうか

 まず考えられるのが、最低限のルールについて、その善し悪しを明示して毅然たる態度で叱ることです。学級崩壊が広く知られるようになった現在でも、教室の秩序維持に貢献しています。
 ただし、叱ることが効力を発揮するのは、教師の言葉に十分な説得力がある場合に限られています。
 例えば、ザワザワしている子どもたちに「静かにしなさい」をくり返しますが、「なぜ静かにする必要があるのか」を子どもたちが納得できるように説明できる教師は案外少ないのです。
 そういう言葉の力の弱い教師が、いくら「毅然とした態度」で子どもたちを叱っても、逆効果になることが多いのです。
 叱ることだけが「騒がしい教室」をなくす方法ではありせん。
 例えば、子どもたちがザワザワし始めた教室で教師が、子どもたちが楽しくなるような「つかみネタ」をぶっつけてみて、子どもの関心を教師に向かせます。
 国語の授業であれば、授業の冒頭でちょっとした漢字遊びをします。「3分間で木のつく漢字をできだけたくさん集めましょう」というような遊びです。ちょっとした漢字遊びが子どもたちの気持ちを授業に誘導します。
 あるいは、黒板にクイズ型の問題を板書して「夏目漱石の作品として間違っているのはどれ?①吾輩は猫である②舞姫③坊ちゃん」というように、こんな三択なら、だれでも参加できます。
 面白い学習クイズをしてみたりして、教室のザワザワを学習に向けた集中へと導く空気づくりをすることは十分に可能です。
 さらに「騒がしさの中で学ぶ」方法があります。
 従来の「静かに」「座って」学ぶスタイルから「明るく」「アクティブ」な学び合いに変えるのです。
 例えば、合法的な立ち歩き活動です。「何かを見て、短い感想文を書く」「賛成・反対の理由の文を書く」「ふり返りの文を書く」ときです。
 教師が教える授業も必要です。しかし、子ども同士が学び合うグループ学習も必要です。グループが苦手な子も慣れると楽しく学べます。
(上條晴夫:1957年山梨県生まれ、小学校教師(10年)、作家、教育ライターを経て東北福祉大学教授。NPO法人「授業づくりネットワーク」理事長、お笑い教師同盟代表、専門は教育方法学・表現教育)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教師になって三年、「前の担任と比べて授業がへただ、担任を代えてほしい」と言われた、どうすればよいのでしょうか

 私は教師になって三年目です。小学校四年の担任をしています。少し教師の仕事に慣れ、保護者との関係づくりのコツも身についてきたと、自信も持てるようになっていました。
 しかし、二学期末の保護者会でA子の保護者から「前の担任と比べて、あなたは授業がうまくありませんね」と言われたのです。
 
「えっ」と思い、とまどっている私に、前の担任と私を比較し始めました。
「理科の授業は、前の担任は実験もしっかりやらせてくれ、子どもも興味深く授業を楽しみにしていました」
「先生は説明してドリルをやらせるだけなので、子どもも理解しないまま教科書が進んでいくようですね」
「前の担任は、学級通信も毎日出してくれましたが、今は週に一度だけですね」
などと言われ、私の気持ちは沈んでいきました。
 その後、学校に来て、校長に「担任を代えてほしい」と訴えました。保護者の間で私の力のなさが噂になっているかと思うと、私はますます自信がなくなりました。子どもたちの顔を見ていても、その後ろに親の非難する姿が見えてきて、私は神経がまいってしまいました。
 先輩教師からアドバイスをもらい、三学期は授業の準備を今まで以上にしっかり行ったり、学級通信も毎日出したりして、がんばってみました。学級通信には担任への要望を書く欄を設けて、親の声を聞くようにも努めました。
 三学期末の保護者会は個別懇談ではなく、学級懇談で、この一年間の子どもたちの成長や学級の様子を伝えました。
 けれども、意見交換のときにA子の保護者に「先生の努力はわかりますが、私は学校に期待していませんから、学力は塾の先生につけてもらっています」と言われました。
 全体の場で言われたことで、私は教師を続ける気も失せ「いったい、この私にどうしろと言うのですか」と捨てゼリフの一つも言いたくなりました。
 このような場合、どのように対応したらよいのでしょうか。
 以前でしたら、このような発言は、公の場ではまずありませんでした。もちろん教師の未熟さもありますが「学校に期待していませんから」は、その人の考えであり、それを全体の場で公言するのは、人をおとしめるのが目的のクレーマーです。
 無理な抗弁をせず、先輩に相談したり、カウンセリングを受けたりして、新年度からの再起を期して準備をととのえ、再挑戦してください。
(
諏訪耕一編:1937年愛知県生まれ、元愛知県公立中学校教師。長野県に不登校の子どもの回復施設「浪合こころの塾」、「浪合こころの相談室」を開設した)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教え上手な教師はモデルとなる子どもを想定して授業をする 

 クラスを、できのいい人、中ぐらいの人、思わしくない人の三つのグループに分け、それぞれのグループで一人ずつ典型的な人を想定します。すぐれた教師はこういうモデル抽出を活用しています。
 上中下に分布したうちの、上ランクの子しか授業内容が理解できていないようであれば、もう少し掘り下げて、中ランクの子まで届くようにし、下のランクの子どもへの手当ては授業の後半に集中させようといった策をとるのです。
 今日の授業のねらいを達成するためには、Aくんのやる気を刺激してみようとか、B子ちゃんにわからせたらこの授業は成功だなどと、特定の一人を選んで、その子の意欲を引き出し、理解を深めるよう授業を行うのです。
 教材を発掘するときにも、ある特定の子どもを思い浮かべて「あの子を熱中させるのに、このネタは適切だろうか」などと考える。
 また、授業中にモデルの子に質問を集めて
「そんなことまで知っているのか、キミはすごいなあ」
「でも、あとでもう一回質問するぞ。もうちょっとむずかしいことを聞くからな」
などと、その子を中心にして進めていく。そうすることで、理解をほかの子どもに広げていくのです。
 こうしたやり方は、授業を一人の子どもだけに偏らせはしないかと思う人がいるかもしれません。しかし、代表的な「個人」を通じて全体は見えてくるものです。
 モデルの子どもを基準にすることで、ほかの子どもの理解度などもよくわかってくる。だから、グループ全体への理解を図りたいときこそ、全体を代表する個人への浸透を心がけなくてはなりません。
 むろんモデルにすべき一人は、いつも特定されているわけではない。ケースバイケースでそのつど選択します。
 私の経験からいうと、最大公約数的な平均的な子どもをモデルに選んだときは、授業が無難なものになり、おもしろみに欠けることが多い。全体の理解度も中程度で終わってしまいがちです。
 もっとも大きな成果が望めるのは、やはり意欲が薄い、ノリが悪いといった子どもをターゲットにして
「この子の心をつかむにはどうしたらいいだろう」
と、工夫する場合のようです。
 それは失敗するリスクも大きいのですが、うまくいったときの全体への波及効果は最大となり、教師の技量向上にも通じていくからです。
(
有田和正:19352014年、福岡教育大学附属小倉小学校、筑波大学付属小学校,愛知教育大学教授、東北福祉大学教授、同特任教授を歴任した。教材づくりを中心とした授業づくりを研究し、数百の教材を開発、授業の名人といわれた)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新任の教師が追いつめられるのは、どのようなときでしょうか

 新任の教師が追いつめられるときには、つぎの二つのことが関係しているようです。
(1)
子どもとの関係がうまくいかないとき
 新任の教師は、子どもを愛しながら日々を送るのですが、子どもたちは、だれもが素直に教師のいうことを聞いてくれるわけではありません。
 それに、困難な事情を抱かえる子どもがいると、教室は落ち着きを失っていきます。このことが「みんな、私が悪いのだ」と、若い教師の心をさいなみます。
(2)
子どもの指導に、保護者や管理職から批判されるとき
 新任の教師なら、子どもの指導をめぐって誰もが悩みを抱かえるものです。学級が落ち着かないと、管理職から指導の弱点や問題点の指摘、責任の追及がはじまります。
 これに、保護者の批判の声が重なると、若い教師には、それが心を病むほどの鋭い痛みや傷となります。
 例えば、授業参観で、子どもの笑顔があったのに、参観の後、保護者から「いったいあの授業は何ですか」という感想があると、深い挫折感でいっぱいになります。
 こうした、日頃の指導に対する意見には、心がつながる仲間の教師にグチを言ったりしながら、それなりに乗り越えていくことができます。
 しかし、モンスターペアレントと思われる保護者からの執拗なクレームがあると「もう、辞めたいな」と思うことがあります。
 例えば「うちの子がいじめられているのでないか」「先生は、わが子の言い分をちゃんと聞いてくれているのですか」といった内容の連絡帳や電話が毎日のように続くと、電話の音を聴いただけで、身の縮む思いがして、暗い淵に落ちこんでいくような気がします。
 このような問題は一日や二日で解決できないことが多くあります。数か月かけて子どもの納得や笑顔をとおしながら信頼を得るように、教師が精神的に苦しみながら打開しなければならないことがあります。
 だからこそ、学校の責任者である管理職は「クレーム」を寄せられている教師たちの声を聞きとり、支えていかなければならないのです。
 必要なときは、管理職が担任に代わって保護者の前に立ち、保護者の子育ての悩みを聞き取りながら、学校と保護者が共同して歩むようにしていかねばならないと思います。
((
山﨑隆夫:1950年静岡県生まれ。元東京都公立小学校教師。学びをつくる会世話人、教育科学研究会常任委員、都留文科大学非常勤講師)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »