« 若い教師が「ほどほど」に教師をやっていたら、ベテランになったとき、自信を失って周りに迷惑をかけるようになるかもしれない | トップページ | 保護者に授業のレベルが塾より低すぎると、指導内容にダメ出しをされたときどうすればよいか »

子どもに慕われているが授業がへたな教師と、授業がじょうずだがやや人間性に欠ける教師とではどちらが教師としてよいと思いますか

 教師の資質とは何んなのか。何が重要なのか、優先順位がつかないのが教育現場なのです。
 昨今の優先順位は、教育技術の向上や学力重視でしょうが、これだけで教育問題が解決するとは思えないのです。
 ただ、はっきり言えることは「教師として」というより「人間として」どうか、という視点で教師の資質を考えたほうが妥当である、という現実です。
 多発する教師の不祥事の根底もここにありますから、教師の人間性の向上にこそ優先順位を置きたいのです。
 また、子どもが教師を好きになれば、少々授業がうまくなくても、成績は向上するものですから、これこそが真理でしょう。教師こそ「ゆとり」が必要なのです。
 教師の力量は、ある意味、天分的なスキルの面が多いのですが、それをいくら言葉で説明し、マニュアルに沿って研修しても、習得は難しいものです。
 しかし、そういった「暗黙知」のスキルを知っている先輩教師が、後輩教師と一緒に実践しながら、言葉でない部分を伝えていくことが大切です。それがいま必要なのです。
 この「伝える環境づくり」こそ、教師の資質向上につながると信じています。そして、これには「ゆとり」が必要なのです。
(
阪根健二:1954年神戸生まれ、香川県公立中学校教師、指導主事、教頭、香川大学助教授を経て鳴門教育大学教授。専門は学校危機管理,生徒指導) 

|

« 若い教師が「ほどほど」に教師をやっていたら、ベテランになったとき、自信を失って周りに迷惑をかけるようになるかもしれない | トップページ | 保護者に授業のレベルが塾より低すぎると、指導内容にダメ出しをされたときどうすればよいか »

教師に必要とされる能力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもに慕われているが授業がへたな教師と、授業がじょうずだがやや人間性に欠ける教師とではどちらが教師としてよいと思いますか:

« 若い教師が「ほどほど」に教師をやっていたら、ベテランになったとき、自信を失って周りに迷惑をかけるようになるかもしれない | トップページ | 保護者に授業のレベルが塾より低すぎると、指導内容にダメ出しをされたときどうすればよいか »