« 多忙感の克服には、上手にスローダウンするコツを覚えることが大切 | トップページ | 学級崩壊を体験して学んだこととは何か »

発達障がいの子どもをどう理解し支援すればよいか

 子どもの困っている状況を把握するには、発達障がいについての理解が欠かせない。
(1)
LD(学習障がい)
 LDの子どもたちは、さまざまな感覚器官をとおして入ってくる情報を受け止め、整理し、関係づけ、表出するという脳の情報処理に、十分機能しないところがあると考えられている。
 そのため、特定の学習活動に困難があり、教科や単元に対する取り組みにばらつきが見られる。
 支援の方法としては、得意なところの能力を使って、苦手なところを補う方法を見つけることだと言われている。
 たとえば「書く」ことに困難がある場合は、漢字を読めることを優先する、書く分量を減らす、書きやすいマス目のノートを用意する、作文はパソコンの使用を認めるなどの支援が有効である。
 また、板書事項をプリントで渡したり、大事なところだけを示して、書く量を減らしてノートに写させたりすることも支援になる。
(2)
ADHD(注意欠陥多動性障害)
 不注意、多動性、衝動性などを中心的な特徴としている。
 ADHDの子どもたちには、環境を調整することが有効だと言われている。
 たとえば、教室では前面の掲示物を減らす、座席を前にする、などして視覚的な刺激を減らすことで落ち着いて学習できることが増えてくる。
 個別指導や少人数指導の時間を取り入れることで、行動を調整し、教室で過ごせる子どももいる。
 また、衝動的な行動や多動が、問題行動として捉えられ、叱られることが多くなりがちなので、叱ることを減らし、ほめることを増やすと、子どもを安定させることにつながる。
 ごく当たり前のことでも、できたことをほめることで、子どもの意欲を高めることができる。
 症状を抑えるための投薬を行っている場合があるので、配慮すべきことについては保護者と相談する必要がある。
(3)
自閉症
 自閉症とは、他人との社会的関係の形成の困難さ、言葉の発達の遅れ、興味や関心が狭く特定のものにこだわることを特徴とする行動障害がある。
 子ども一人ひとりには多様な特性がある。得意なことと不得意なことの差が一般の子どもたちより大きいのが特徴でもある。
 得意なことをいかして活動できるよう配慮すると学習活動に参加しやすくなる。
 決まった場所で決まった活動を行う、はじめと終わりを明確にしたり、次にやるべきことを提示したり、学習や作業工程を写真などの視覚的手がかりで明示し見通しをもって行動できるようにすることなど考えられる。
 行動を観察し、本人と相談して、どういう状況であると学習がしやすいのか、どういう状況で問題を起こしやすいのか、などを踏まえて、指導の手だてを工夫する必要がある。
(4)
高機能自閉症、アスペルガー症候群 
 どちらも知的発達の遅れは伴わないとされているが、コミュニケーションや社会性について自閉症の子どもたちと同様に課題がある。
 相手の気持ちや周囲の状況、雰囲気を読みとることが苦手なため、対人関係をうまく結ぶことができず、集団への不適応を示すことが多い。
 その日の予定や授業の予定など、見通しが持てると安心して取り組める。遠足など日常生活と違う場面では、見通しが持ちにくく、不安が高くなる場合があるので、事前に子どもや保護者と話し合い、不安を軽減することが大切である。
 また、聴覚、味覚、触覚などの過敏さのある子どももいる。
 たとえば、小さな音が気になって集中できない、特定の音が苦手、味や食感でどうしても食べられないものがある。決まった服しか着られないことがある。
 そういった子どもたちには、特性を理解しながら、少しずつ経験を広げたり、刺激を調整したりするなど適切な支援を行うことが必要である。
(
浜崎美保:神奈川県総合教育センター 教育相談課長)

|

« 多忙感の克服には、上手にスローダウンするコツを覚えることが大切 | トップページ | 学級崩壊を体験して学んだこととは何か »

子どもの実態」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 発達障がいの子どもをどう理解し支援すればよいか:

« 多忙感の克服には、上手にスローダウンするコツを覚えることが大切 | トップページ | 学級崩壊を体験して学んだこととは何か »