« 授業中に問題を起こす子どもにかかわりすぎるな | トップページ | 子どもが問題行動をしたとき、子どもを理解して叱るためにはどうすればよいのでしょうか »

教師に反抗的な態度をとる子に、どう対応すればよいのでしょうか

 教師の揚げ足をとったり、指示をわざと聞き流したりするような子がいる場合、他の子どもたちもその雰囲気にのまれないよう、教師は毅然とした態度をとることが必要です。
 教師に反抗的な態度をとる子は、教師がイライラするような言動をあえてとります。
 教師が感情的に対処すると、その子との関係が悪くなり、周囲の子どもたちも「振り回されている教師のせいで、学級の雰囲気が悪くなる」と感じています。
 どう対応すればよいのでしょうか。
(1)
学級のルールを明確にする
 反抗的な子どもに対しては「なんだ、その態度は!」と言うのではなく
 
「みんなでこのルールを守ろうと決めました。だから、これは認められません」
と言えるように、おりに触れ、ルールを学級全体で確認したり、教師の考えを学級全員に伝えたりする時間を設けます。
 それと、子どもが教師に反抗的な態度をとったとき、教師とその子との一対一の対立構造にせず「これは正しいことですか?」と、みんなでルールを確かめるようにします。
 多くの子どもたちが同じように判断する中では、教師に対して無茶なことを言いづらくなります。
(2)
教師は子どもたちに対する言葉づかいに気をつける 
 教師が子どもたちに言った言葉に
 
「さっきは、こう言ったくせに」
 
「あの子にはこう言ったのに」
 などと、反抗のきっかけにします。
 教師は、ていねいな言葉づかいを心がけます。話す速さもゆっくりと
「○○さん、それはこういうことですね」
と、落ち着いた口調で、その都度違うことを言わないように気をつけながら話します。
(3)
ながながと説教しない
 その場で、態度を改めさせ「ごめんなさい」と言わせようとすると、話が長くなり、雰囲気も悪くなります。待たされている子どもたちもうんざりします。
 それが反抗的な態度を助長します。さらに、周囲の子どもたちまで同調してしまうと、指示が通らなくなってしまいます。
 深追いをせず、いけないことを「いけない」と伝えたら、すっと切り替えて授業を進めます。時には反抗的な言動をあえて取り上げないようにします。
 周囲の子どもたちを意識することが、実は、反抗的な態度を取る子どもへのアプローチになるのです。
(4)
一対一でゆっくり話せる場を設ける
 まずはその場で「どうしてそう思うの?」などと、子どもの話を聞く姿勢を見せます。時間をとり、一対一でゆっくり話せる場を設けます。
 その子が安心して自分の思いを話せるようにします。マイナスの感情を言っても、一度は「わかるなぁ」と共感的に受けとめます。内容によっては「悪かった」と謝ることも必要です。
 教師とその子との関係だけでなく、いろいろな面から原因を考えていきます。
 たとえば、教師の言動に不満を持っている、強く見せたいと思っている、どこまで許されるのか探っている、自分を認めてもらえなかった経験が多い、もっと注目して欲しいと思っている、ことなどが考えられます。
(5)
その子が認められる場を作る
 その子のよさが認められる場面を意識的に作ります。また、休み時間に、その子の興味あることを、他愛なくおしゃべりすることもその子にとって嬉しいことです。受けとめてもらえ安心感にもつながります。
(6)
周囲の子どもたちの受けとめる力を育てる
 「みんなもイライラすることってない?」と問い、本音を子ども同士で聞き合う場をつくると、行動の背景を想像しようとする子が育ち、共感的な温かい声かけを子ども同士でもできるようになります。
(
横田陽子:北海道公立小学校教師)

|

« 授業中に問題を起こす子どもにかかわりすぎるな | トップページ | 子どもが問題行動をしたとき、子どもを理解して叱るためにはどうすればよいのでしょうか »

子どもの指導の方法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教師に反抗的な態度をとる子に、どう対応すればよいのでしょうか:

« 授業中に問題を起こす子どもにかかわりすぎるな | トップページ | 子どもが問題行動をしたとき、子どもを理解して叱るためにはどうすればよいのでしょうか »