« 一筋縄ではいかない生徒とつきあうには、どうすればよいか | トップページ | 職員室での同僚教師との豊かな人間関係は、心の支えになり、子どもの指導に生きる »

保護者から、子どもがいじめられていると相談を受けたとき、どうすればよいか

 保護者はわが子からいじめにあっていると打ち明けられると、とても動揺します。
 その根底には、わが子のダメージへの心配と不安、そして、教師の指導力に対する不信感があります。
 まず、保護者の心配や不安を軽減し、教師への信頼を回復させることが必要です。
 最初の段階で、きちんと時間をかけて、ていねいに対応しないと、保護者の不安感と不信感は、学校全体への強い非難につながってしまいます。
1 よくない対応
「保護者の切迫感にそった対応ができない」
 慎重になるあまり、状況の把握の必要性ばかりを強調し、保護者の切迫感への対応をおろそかにしがちです。たとえば
「承知しました。しかし、実態をきちんと確認しないことには、たしかなお答えできかねますので、当事者から話を聞いてみて、また報告させていただきます」
2 保護者の気持ちと反応
(1)
教師への不信感が高まる
 教師が十分に対応してくれないのは、教師が保護者の不安を理解していないからか、わが子へのいじめの事実を隠しているからだと感じ、教師に対する不信感が高まります。
(2)
教師や学校の説明や対応を疑い批判する
 教師の説明を疑うようになり、わが子はいじめの被害者に違いないと確信します。
 いじめの解決を教師や学校に任せておけないと感じ、どんな対応策にも批判的になります。
3 望ましい対応 
(1)
まずは、保護者の話を十分に聞いて、不安をやわらげる
 保護者の話を途中でさえぎらずに、最後までよく聞きます。
(2)
保護者の訴えを整理し、対応策を確認する
 保護者が動揺していて、話にまとまりがない場合があります。
 教師は話を聞きながら、事実と憶測を識別してメモし、保護者の訴えたいことを整理して確認します。
(3)
実態を調査し、確実に対応することを伝える
 確実に対応するためにも、まずは実態をしっかり調査します。
 その後、この問題にどのように取り組んでいくか、学校と保護者が一緒に考え、連携していく。
 今後の対応を共有した後は、具体的に連絡し合う時間や方法を確認します。
4 配慮すべきポイント
 いじめの問題の取り扱いには慎重さを要します。まずは保護者の不安や不信感を軽減させなければなりません。
 教師や学校が子どもを心配し、真剣に取り組もうとしていると保護者が感じられれば、保護者も冷静に話し合うことができ、問題解決の第一歩を踏み出すことができます。
(河村茂雄:1959年生まれ、早稲田大学総合科学学術院教授。15年間公立学校教諭・教育相談員を経験した。学級崩壊,学級経営など教育実践に生かせる研究成果を多数提供している)

|

« 一筋縄ではいかない生徒とつきあうには、どうすればよいか | トップページ | 職員室での同僚教師との豊かな人間関係は、心の支えになり、子どもの指導に生きる »

いじめの指導」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保護者から、子どもがいじめられていると相談を受けたとき、どうすればよいか:

« 一筋縄ではいかない生徒とつきあうには、どうすればよいか | トップページ | 職員室での同僚教師との豊かな人間関係は、心の支えになり、子どもの指導に生きる »