« 保護者ができないことをしてくれる教師は、保護者が味方をしてくれる | トップページ | 親から学習指導への不満が出たら、どのような対応をすればいいのでしょうか »

私は授業している教師がどの程度の技量があるか数分で分かる

 私は、目の前にいる教師がどの程度の技量があるかを、10分ほど話せば分かる。
 授業の場面なら3分もあれば、教師の技量の見当はつく。どこで見極めるか。
 たとえば、表情である。技量ある教師は、表情が豊かなのだ。
 子どもと視線が合うと、その瞬間に、表情が変化する。そのような教師は技量が高い。
 そして、基本の表情に戻ったときには、そこに安定して「相手を大切にする」という基調がある。
 その基調となる表情には「子どもたちが好きでたまらない」という感情が見て取れる。
 また「教壇に立つことが楽しくてしかたがない」との表情も、基調としてほしい。
 新任の教師で、教師の技量が乏しくても、これがあるのなら、間違いなく教師として着実に伸びていく。
 教育技術で賞をもらい続け続けるスーパーな教師から聞いた話がある。
 
「9種類の笑顔を使っていますよ」
 
「子どもを一度も叱ったことないけどね。子どもはしっかりしていきます」
と言う。
 この話を聞いて、教師ならおよその見当がつかなければいけない。
 自分に何種類の笑顔があるか自己評価をし、9種類を考えてみるのが普通だろう。
 力量のある教師は、9種類の笑顔を当然のことと思うはずである。
 もちろん、教師として必要な力量は、他にもいろいろとある。
 教師は、子どもや保護者と向き合ったときに、もっと現実的なところで悩む。
 どの教師も同じような問題を経験し、その中からスキルを身に付けていくのである。
(
小林正幸:1957年群馬県生まれ、東京都港区教育センター教育相談員、東京都立教育研究所相談部研究主事等を経て東京学芸大学教授。不登校を始め学校不適応、ソーシャルスキル教育、教育相談、教育技術を研究)

|

« 保護者ができないことをしてくれる教師は、保護者が味方をしてくれる | トップページ | 親から学習指導への不満が出たら、どのような対応をすればいいのでしょうか »

教育の技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私は授業している教師がどの程度の技量があるか数分で分かる:

« 保護者ができないことをしてくれる教師は、保護者が味方をしてくれる | トップページ | 親から学習指導への不満が出たら、どのような対応をすればいいのでしょうか »