« 目の前の子どもを救ってあげたいという一心が日本の教育を変える | トップページ | いくら注意しても教師の言うことをまったく聞かない子は、どうすればよいのでしょうか »

子どもたちは厳しい先生が嫌いではない、信頼されるには父性、母性、子性の全てが必要だ

 子どもたちに気に入られるためには、厳しさも必要である。
 たとえば、学級崩壊である。誰も学級崩壊を望んではいない。
 そこで、子どもたちは見ている。「この先生は、一部のやんちゃくんたちが、授業妨害を始めた時、厳しく叱って妨害を止めてくれるかどうか」を。
 教師のリーダーシップのもとで教室を安定させてもらい、安心して暮らしたいと思っているのだ。
 学級が国だとしたら、まず必要なのはお笑い芸人ではない。警察である。治安を守る警察こそが必要なのだ。教師は一人で警察の役を担当しなければならない。
 それなのに、子どもを厳しく叱れない若手教師が多い。厳しく叱れば、子どもたちに嫌われると思っている。しかし、逆である。
 きちんと叱らない教師は子どもに嫌われ、背を向けられる。リーダーとして信用されない。
 では、厳しいだけでいいのか。厳しいだけのリーダーに子どもたちは、そっぽを向いてしまう。
 今どきの子どもは秩序を守るだけでは納得しない。それにプラスして、自分たちを楽しませて欲しいと要求する。
 子どもたちは、厳しい指導で秩序を守り、なおかつ、楽しさを保障してくれる教師を信頼する。
 これからの教師は、厳しさとユーモアが必要だ。
 授業も同じである。子どもたちは分かりやすい授業を求めている。しかし、それだけでは満足しない。同時に楽しさ、面白さを求めている。
 バラエティ番組に慣れている今どきの子どもたちには、授業には分かりやすさと面白さが必要だ。
 子どもたちに人気がある教師は「怖いけど、面白い先生。厳しいけど、楽しい先生」なのである。
 教師ひとりが、この両方を使い分けるのは至難の技だ。
 しかし、この両方の役を演じられない教師は、これからの子どもたちに受け入れてもらうことは難しいだろう。
 ちなみに、学級担任は一人で「父性」「母性」「子性」の全てを担当できなければならない。父のような厳しさを持ち、母のような優しさを持ち、友だちのように一緒に遊ぶということだ。
 教師は一人で何役もこなさなければならない。これからの教師は本当に大変だ。
(
中村健一:1970年山口県生まれ、山口県岩国市立小学校教師。授業づくりネットワーク、お笑い教師同盟などに所属。笑いとフォローをいかした教育実践は各方面で高い評価を受けている。 また、若手教師を育てることに力を入れ講演も行っている)

|

« 目の前の子どもを救ってあげたいという一心が日本の教育を変える | トップページ | いくら注意しても教師の言うことをまったく聞かない子は、どうすればよいのでしょうか »

教師に必要とされる能力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもたちは厳しい先生が嫌いではない、信頼されるには父性、母性、子性の全てが必要だ:

« 目の前の子どもを救ってあげたいという一心が日本の教育を変える | トップページ | いくら注意しても教師の言うことをまったく聞かない子は、どうすればよいのでしょうか »