« 保護者会で保護者の心をつかむにはどうすればよいか | トップページ | ストレスに強くなるにはどうすればよいか »

子どもを注意したとき、反発されないためには、どうすればよいのでしょうか

 教師の注意や叱責が子どもに受け入れられず反発され、教師が子どもと感情的にやりあってしまうことがあります。
 その子どもに対して失敗であるばかりでなく、周りの子どもたちにもマイナスの内容を学ばさせていることになります。
 学級には一人か二人くらい、教師の感情を逆なでするよう発言をしたり、教師をバカにしたような態度をする子どもがいます。
 このようなとき、事前に対応する行動や言葉を教師は身につけておけば、感情的になることを防ぐことができます。
 教師は子どもの性格や特徴に合わせて効果的な注意をすることが必要です。そのためには、
(1)
その子どものプライドを傷つけない配慮が必要
 他の子どもが見ている前で、厳しく注意を受けたばあい、子どもはプライドを傷つけられたと感じます。教師に反発してしまうかもしれません。
 注意する場合は、その子どものプライドを傷つけない配慮が必要です。そのためには、タイミングと場所、注意する時間の長さをその子どもに合わせることが必要です。
(2)
注意するときの子どもの抵抗を軽減する
 子どもが教師の言葉を素直に聞く姿勢を形成するようにします。
 最初に、子どもの抵抗や反発を少なくするため、
「きみも気づいていると思うが・・・・」
という具合に前置きし、いきなり叱責しないような配慮が必要なのです。
(3)
注意する内容は現在の行動や態度だけにする
 掃除をサボったことを注意するときに、以前のこともひっぱりだして叱ってしまわないことです。
 これでは、人間性も否定されたという感情を子どもに持たせてしまい、自ら反省しようという意欲をなくさせてしまいます。
 注意するときは、現在の問題にしぼって短くすることが大切なのです。
(4)
注意の後のフォローも計画に入れて注意する
 注意した後のフォローは、とても大切です。
 子どもたちの感情の高まりを静め、冷静にどう行動すべきか考え、行動に移す意欲を起こさせます。
 その子どものプライドを高める言葉も効果があります。たとえば、
「このレベルのことは、他の子には注意しないが、きみには、もっと高いレベルをめざしてほしかったんだ」
(5)
今後、どのように取り組めばよいか考えさせる
 注意して「ごめんなさい」と、あやまらせても、子どもが同じことを繰り返すかもしれません。
 例えば、掃除のさぼりを注意されたら、今日の掃除のさぼりにどのように責任をとるのか、明日から、どのように取り組むのかを考えさせ、確認することが必要なのです。
(6)
感情を教師にぶつけてくる子どもは、対応策を事前に持っておく
 教師に感情をぶつけてくる子どもに対して、感情的に対応してしまったら、これは指導ではなくなります。
 学級には何人か、教師をまきこむような子どもがいます。
 このような子どもには、事前に巻き込まれないという意識を教師が持つことが必要です。
 まず、教師が、このような子どもに感情的になってしまう自分の問題は何かを考えます。
 例えば、教師が自分のなかの嫌な面をその子の中に見つけてしまい、感情的になってしまうという場合も少なくありません。
 次に、まきこまれそうになったら、それを一旦、切る言葉がけや対策を事前に決めておくことです。例えば、
「これ以上話していたら、先生も本気でキレちゃうから、あとはお昼休みに相談室でじっくり話しましょう」
と、いう具合に、その場を一旦収めてしまうのです。間をおくことによって感情の高まりを静めるわけです。
 こうすれば、子どもも教師も感情的になるのをおさえられます。
(7)
反抗的な子どもは、しゃべらせ、対応策を選ばせる
 最初に、どんどんしゃべらせる。その後、具体的な事実を提示し、認めさせます。
 そして、対応策を教師がいくつか示して、その中から選ぶようにさせます。
(河村茂雄:1959年生まれ、早稲田大学教育学部教授。15年間公立学校教諭を経験した。学級崩壊,学級経営など教育実践に生かせる研究成果を多数提供している)

|

« 保護者会で保護者の心をつかむにはどうすればよいか | トップページ | ストレスに強くなるにはどうすればよいか »

叱る・ほめる・しつける」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもを注意したとき、反発されないためには、どうすればよいのでしょうか:

« 保護者会で保護者の心をつかむにはどうすればよいか | トップページ | ストレスに強くなるにはどうすればよいか »