« 学校で体験したことからいえる授業力を高める方法とは | トップページ | 無理難題な要求など、普通では考えられない言動を繰り返す保護者には、どう対応すればよいか »

授業がうまい教師と授業がへたな教師は、何がちがうのでしょうか

 人間性にも優れ、技術も優れている人が「プロ教師」である。
 技術もなければ、人間性もないというのは、指導力不足の教師である。
 授業がうまくいかない教師は
「子どもの声や表情、つぶやきなど」の「子どもの反応を集約・焦点化する」という「対応の技術」がへたな教師である。
 授業がうまいということは
「対応の技術が優れている」ということである。
「よい授業」というのは、全体的に「ゆとり」がある。ゆったりしているように見える。
 それなのに、肝心なことは、しっかりとおさえている。 
 教師の表情も、スマイルが多く、パフォーマンスも適当にあり、話術もうまい。
 教師の人間性といってよいものが、どうしても授業に出てくる。
 教育の技術というのは、最後は、教師の「人間性」に集約されてこそ生きて働くものになる。
 ものまねでは、うまくいかない。人間性も同時にみがいていく必要がある。
 授業で大切なことは
1「これだけは何としても教えたい」という「ねらい」を鮮明に持つ
 しかし、これを教えてはならない。
2 子どもを「学びたい、追及したい、調べたい」という気持ちにさせること
3 教材7分に腕(技術)3分の授業
1)
教材
 教材のよしあしが授業の死命を制する。
「よい授業」は「教材がよい-子どもが熱中するもの」を提示している。これは鮮明な事実である。
 私が取り上げた教材は、つぎの5つのどれかに入るものであった。
(1)
固定観念をひっくり返す教材
(
)大井川に橋をかけなかったのは「幕府の政策ではなく、橋をかけさせなかった人がいたからだ」という考えを提示し、固定観念をひっくりかえす。「教科書に書いてあることが違うのか?」と子どもたちの反論はすさまじかった。
(2)
意表をつく教材
(
)大名行列の大名のかごかきは、必ずヒモを横か後ろにたらしていた。これはなぜか?
 大名にお尻を向けていいのは動物だけで、ヒモをさげて動物に見立てたのだ。「人間を何と思っているのか」と、子どもたちの猛烈な反論で盛り上がった。
(3)
新鮮な出会いをさせる教材
(
)江戸時代、どうして午前4時などという早朝に出発したのか?
 これは、早く宿に入り、相部屋だからよい場所をとり、一番風呂に入るため。これも反論がすさまじかった。
(4)
思考のあいまいさをつく教材
(
)新橋~横浜間の列車は「3分の1は海の中を走っている」と言うと
  子どもたちは「そんなバカな」といいながら絵を見直す。
(5)
事実を確かに見させる教材
(
)一寸法師のモデルは誰か?
 「モデルがいたの? そんなバカな」といいながら、子どもたちは必死に調べるのである。
 このような教材の提示によって「追及の鬼」を育ててきた。原点は「教材の面白さ」である。間口は狭く、奥行きの深い教材である。
2
)腕(技術)
 教材がよいとよい授業ができるかというと、そうとも言えない。「3分の腕(技術)」が必要である。
3 最低限の授業の技術は
(1)
発問・指示
「発問・指示が鮮明である」ということがよい授業の大切な条件である。
 発問のしかたによって、授業は全く変わったものになる。
(2)
板書
 つまらないことを板書していては子どもは面白くない。ほれぼれするような「芸術的な板書」をせよ。
(3)
資料活用
 よい授業には「わかりやすくて、問題をはらんだ資料が提示されている」ということである。
 資料収集、作成、提示の技術がものをいう。
「見せたいものは、なるべく見せるな」といわれ、見せ方が大切な技術である。授業の上手なひとは、さり気なく、周到に準備して提示している。
(4)
話し合い
(5)
話術、表情、パフォーマンス等
4 人間性(人間力)
5 愛をもって、子どもに向き合う
 しかし、技術のない愛は力を発揮できない。
6「めあて、見通し」をはっきりもって研修する
(1)
どんな状況のとき
(2)
どんな内容を
(3)
どのように活用すべきか
と、いうことをつかんでおくことである。
6 力のある教師
 子どもの状態に合わせ、クラスの実態に合わせて
(1)
ふさわしい言葉をかけ
(2)
ふさわしい指導を行い
(3)
ふさわしいほめ言葉をかけ
(4)
ふさわしい方向性を示す
教師であろう。
 今の社会を見ると、人間性より技術の優れている人を腕があると見ている。
 しかし、私の考え方は、人間性の方に重点を置きたい。人間性の方を技術より上に置きたい。
 私の考えは、人生最大の財産は、ユーモアのセンスであり、人間性そのものである。
(有田和正:19352014年、福岡教育大学附属小倉小学校、筑波大学付属小学校,愛知教育大学教授、東北福祉大学教授、同特任教授を歴任した。教材づくりを中心とした授業づくりを研究し、数百の教材を開発、授業の名人といわれた)

|

« 学校で体験したことからいえる授業力を高める方法とは | トップページ | 無理難題な要求など、普通では考えられない言動を繰り返す保護者には、どう対応すればよいか »

教師に必要とされる能力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173207/66723848

この記事へのトラックバック一覧です: 授業がうまい教師と授業がへたな教師は、何がちがうのでしょうか:

« 学校で体験したことからいえる授業力を高める方法とは | トップページ | 無理難題な要求など、普通では考えられない言動を繰り返す保護者には、どう対応すればよいか »