« 板書のうまい教師はいい教師、子どもの注意や意欲を刺激する板書のポイントとは | トップページ | 教師はクレームの前さばきがヘタだ、保護者の怒りのエネルギーはどこから来ているのかが分かれば「関わり方、解決の糸口」が見つかり始める »

自分らしさを生かした学級づくりは、どのようにすればよいのでしょうか

 教師が自分らしさを学級づくりに生かしていくと、学級内のルールも人間関係も安定します。
 自分の生き方や教育観を学級づくりに取り入れて、自分なりのやり方で集団をまとめるとよい。
 そのために、教師は、自分はどのような傾向があるのかを把握しなければならない。
 教師が子どもたちに毎日行っていることは二種類ある。
 教育の専門家として子どもたちを教える「指導面」と、子どもたちの心情面を支え、子どもたちが自ら活動することを支える「援助面」である。
 教師には、ルールを重んじる「指導面」が優位な教師と、子どもたちとの人間関係を重んじる「援助面」が優位な教師がいる。
「指導面」が優位な教師と「援助面」が優位な教師に分かれるのは、その背景に教師の性格や価値観があるからである。
 あなたは、どっちのタイプの教師ですか。
(1)
指導タイプの教師
 まずは、学級をまとめたい。しっかり授業を受け、休み時間はしっかり遊ぼう、けじめが大事といったタイプの教師。
 このような教師は、子どもたちとの関係づくりにも取り組むようにするとよい。
(2)
援助タイプの教師
 まずは、子どもたちと仲良くなりたい。わからないところはないかな。一つずつ確認しながら、ゆっくり楽しくやっていきたいといったタイプの教師。
 このような教師は、ルールの定着にも取り組むとよい。
 どちらがいいというものではなく、大事なのは、教師が自分の傾向を把握して、状況に応じて二つの対応のバランスをうまく調整するとよい。
 この二つのバランスと、学級集団にルールと人間関係を定着させることは密接に関係している。
 子どもたちに人気の高い教師とその理由は
(1)
人間として魅力的
 子どもたちは「私のことを受け入れてくれる」「私のことを認めてくれる」など。
(2)
教師として魅力的
 子どもたちは「あの先生は、わかりやすく、楽しく教えてくれる」「熱心に指導してくれる」など。
 現代の子どもたちを育てるには
(1)
教師は子どもたちと肩ひじを張らずに接する
 現代の子どもたちは教師に対しても、一人の友だちとしてつきあう傾向にある。
 したがって、教師が子どもたちに、親しい関係の中で穏やかな物腰と言葉で話しかけないと、子どもたちは、抵抗を感じて、聞こうとしなくなってしまう。
(2)
子どもたちと親しくうちとける
 そこで、教師は子どもたちと親しくうちとけるようにする。それから徐々に、子どもと教師のつきあいを増やしていくと、指示も通りやすい。
 ただし、教師が子どもたちに気に入られることだけを考えて、ルールと人間関係への対応を疎かにしないように気をつける。
(3)
罰や強制は最小限にとどめる
 子どもたちを罰や強制で動かそうとすると、早い段階で教師を信頼しなくなり、指示に耳をかさなくなる。
 子どもに行動をさせたいときや、行動を改めさせたいときは「罰や強制」だけに頼らず、「ほめる」「適切に注意する」などの基本技術を活用して対応する。
  
(
河村茂雄:1959年生まれ、早稲田大学教育・総合科学学術院教授。15年間公立学校教諭を経験した。学級崩壊,学級経営など教育実践に生かせる研究成果を多数提供している)

|

« 板書のうまい教師はいい教師、子どもの注意や意欲を刺激する板書のポイントとは | トップページ | 教師はクレームの前さばきがヘタだ、保護者の怒りのエネルギーはどこから来ているのかが分かれば「関わり方、解決の糸口」が見つかり始める »

学級づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分らしさを生かした学級づくりは、どのようにすればよいのでしょうか:

« 板書のうまい教師はいい教師、子どもの注意や意欲を刺激する板書のポイントとは | トップページ | 教師はクレームの前さばきがヘタだ、保護者の怒りのエネルギーはどこから来ているのかが分かれば「関わり方、解決の糸口」が見つかり始める »