« 学級が荒れ出し学級崩壊したとき、授業はどう改善すればよいのでしょうか | トップページ | 困ったときには、同僚教師や管理職に相談し助けてもらおう、そのためにはどうすればよいでしょう »

教師の仕事のすごさとは、どのようなことなのでしょうか

 私はすごく単純だから、やる気のなかった子がやる気になったり「先生、分かった!」と言って、一生懸命、学習に取り組んで、表情がすっごくよくなったりするでしょう。
 そういう、ちょっとした子どもたちの変化を見ると、私の疲れが吹き飛んでしまう。
 教師がその子のことを、とてもよく考えているんだ、ということがその子にわかったとき、その子は変わります。
 子どもが変わると保護者も変わります。学校に振り向いてもくれなかった保護者が、いろんな会に参加してくれるようになったりすることがある。それがすごくうれしい。
 私は教師になりさえすれば、子どもたちを支配できるんだと思っていました。
 しかし、子どもは私に反抗し、子どもと取っ組み合いになって、私は便所に入って泣いた。子どもが可愛いなんて思わなかった。
 私が自然体で子どもに接することができなかったことへの、痛烈な子どもたちのアピールだったんだと思います。
 子どもたちは屈折していたりして、素顔が見えてくるまでに時間がかかりますからね。
 あのころ、私は「ここで辞めたら、何のために教師になったのか分からなくなる」と意地で続けました。
 問題行動をする子どもと関わらせてもらうなかで私は、成長させてもらったし、人間好きにさせてもらったっんだと思いますね。今では、本心から子どもがかわいいと思いますね。
 私が初めて四年生の担任になったとき、ある子どもとどうしても気持ちが通じなかった。どう接してよいか、やり方も分からないし、その子と接するたびに悲しくなって、泣きながら自転車に乗って帰ったこともありました。
 私は子どもにプラスの影響を与えられないと思うと、辛いし、辞めたほうがいいのかなあと思ったりしました。
 でも、子どもって変わるんですよ。全然やる気のなかった子どもが、何度か話をしているうちに「先生、私、実行委員やってみる」と言い出して、どんどん変わっていく。
「私との関わりで変わってくれたのかもしれない」と思うと、ものすごくうれしい。教師という仕事はすばらしいと思ってしまいます。
 この前、教え子が手紙をくれたんです。その子はあまり勉強ができなかったんですけれど、今、うどん屋で働いていて、仕事はきついわけ。
「でも先生、私はね、先生のクラスだったときのことを思い出すと、頑張れる」と書いてあるの。ジワーッと心にきました。
 教師の仕事は、その子の人生に決定的な影響を及ぼすことがある。子どもは大人と違って純粋ですから、これが教師の仕事のすごさですよ。
(
松下光志: 別冊宝島編集長
)

|

« 学級が荒れ出し学級崩壊したとき、授業はどう改善すればよいのでしょうか | トップページ | 困ったときには、同僚教師や管理職に相談し助けてもらおう、そのためにはどうすればよいでしょう »

教師の仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教師の仕事のすごさとは、どのようなことなのでしょうか:

« 学級が荒れ出し学級崩壊したとき、授業はどう改善すればよいのでしょうか | トップページ | 困ったときには、同僚教師や管理職に相談し助けてもらおう、そのためにはどうすればよいでしょう »