« 学級が荒れないようにするには、どのようにすればよいか | トップページ | 授業が成立しないとき、どのように工夫して授業をすればよいか »

笑いのある授業を行うには、どうすればよいか

 世の中全体がユーモアを求めているように思う。
 教室の中にはユーモアがすくなすぎる。私は多くのクラスを見たが「笑い」のある授業は極めて少なかった。暗く、ぎすぎすした授業が多い。
 学力のないクラスは笑わない。いや、笑えないのである。「笑える子どもを育てる」ということは「学力のある子どもを育てる」ということとイコールである。
 いい授業というのは、ユーモアがあるし、ゆとりがある。
「笑いのある授業」を行うには
(1)
指導すべき内容を、ぎりぎりまでしぼり、ゆとりをもつ。
(2)
それをきっちり教えようとしないで、子どもと共に楽しみながら追究しようと考える。
(3)
教師がさりげなく、わざとぼけたり、まちがえたり、へまなことを行ってみせる。
(4)
おもしろい子、ユーモアのある子を大げさにほめる。
(5)
教師が笑い話を準備しておく。
といったことを心がけることである。
 そして、教師がもっと「楽天的になる」ということである。表情を明るくすることである。「楽しいなあ」と自分に言いきかせることである。
 こういう努力をしているうちに、笑顔がふつうになってくる。子どもの前に立つと自然に笑顔になってくる。
 私が担任した子どもたちは、底ぬけに明るくなったし、よく笑った。
 ユーモアのある楽しい授業をするには、何といっても「教師自身のユーモア力をアップする」ことが必要である。
 私は新採用の頃、子どもから「先生は暗い」といわれた。
 それからは、子どもの前に出るときは、鏡を見て、笑顔をつくってみてからにした。
 ユーモア力を身につける努力をした。笑い話・ジョークなどの本をかたっぱしから読んだ。
 その中から使えるものを選び出し、子どもに話してみた。うけるものと、全くうけないものがあった。
 そのうち「自分が本当に面白いと思い、他人に話してみたくなるもの」が、子どもたちにも通ずることがわかってきた。
 そして、話し方は「自分が体験したように、実際見たように話すこと」が大切なポイントであることもわかってきた。
 自分は何てバカなんだ、といように、失敗したことや、しくじったことなどがよいこともわかってきた。
 さらに、ヒントをもとにして「さも、自分が体験したように話を創り変える」と、面白くなることもわかった。
「明るいことにあこがれをもって、努力すること」が大切だ。
 私は「人間は努力によって変わる」と信じている。とにかく、毎朝、笑い話をして、大笑いさせるようにしていた。
 笑いはクラス全体で行ったほうが効果は大きい。私は担任したら、毎朝、笑いの練習を行う。一か月続けると、すごく笑うようになる。
 効果的なのは、二人ずつくらいで、交代で笑い話をさせることである。順番を決めて、何月何日が誰と誰れというように。
 話を聞く方は、あまり面白くなくても、大笑いすることと決めておく。笑い話のネタ集めと、話す力が育つことはまちがいない。
 ユーモアとは「対応の技術」だと私は考えている。子どもが何か言ったとき、かんぱつを入れず面白い対応ができること。これが本当のユーモアではないだろうか。
 子どもが冗談をいったとき、オーバーに笑ってあげることだ。これができない教師が多い。
 教師が明るくユーモアのある人だと、クラスがまたたく間に明るくなり、笑いの絶えないクラスになる。
 教師の話術によっても、子どものユーモア力をアップできるものだ。
 教師の人間性や技術もあるが、何よりもユーモアを含んだ教材を開発し、それを子どもたちに提示することが効果的である。このような教材を開発できるかが大きなカギとなる。
(
有田和正:19352014年、福岡教育大学附属小倉小学校、筑波大学付属小学校,愛知教育大学教授、東北福祉大学教授、同特任教授を歴任した。教材づくりを中心とした授業づくりを研究し、数百の教材を開発、授業の名人といわれた)

|

« 学級が荒れないようにするには、どのようにすればよいか | トップページ | 授業が成立しないとき、どのように工夫して授業をすればよいか »

優れた授業とは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑いのある授業を行うには、どうすればよいか:

« 学級が荒れないようにするには、どのようにすればよいか | トップページ | 授業が成立しないとき、どのように工夫して授業をすればよいか »