« 2学期半ばころから、子どもたちに反発されるようになった、どうすればよいのでしょうか | トップページ | 保護者の信頼を勝ちとるには「ほめてますよ」「よいところを見つけようとしていますよ」ということが伝わればよい »

私は新任の頃から、どのように研修し、コミュニケーション力の指導に力を入れるようになったのか

 若い教師にとって、尊敬できる先輩教師との出会いは何よりも貴重な財産になります。
 私の場合、初任校の研修担当である教務主任でした。「ふだん、どんな授業をしているか見せなさい」と、教室の後ろに立たれました。
「ごんぎつね」を学習していたところでした。私の授業を引き継いだ教務主任が発問しても、子どもたちは何も答えられない。
「今まで、こういう勉強をしていないから仕方がないね」と言われて、私はショックを受けました。
 それまでの私の授業といえば、ただ教材を教えるだけで、指導書さえも見ていないような、お粗末なものだった。
「これではいかん」と思い、同期の教師3人と一緒に毎週勉強会を始めました。教務主任にアドバイスをいただきながら、必要な場面ではじっくり子どもたちに考えさせるなど、授業にメリハリをもたせる大切さを学びました。
 それまで、全く指導方法を知らなかったので、アドバイスがスポンジに浸み込むように入っていきました。
 自分の成長と、学び合う楽しさを実感した私は、その後も教務主任に誘われて特別活動の研究会に参加したり、国語科の教材研究を考えたり、積極的に学ぶようになりました。
 そんな時、桑田泰助先生に声をかけていただきました。当時、全国紙に執筆されるほどの力量のある地元の高名な大先輩。
 恐る恐る勉強会にうかがうと、私の実践はボロクソと言っていいほど厳しく問題点を指摘されました。
「知恵がない者が、いくら頭を絞っても知恵は出てこないよ。人と出会い、本を読んで知恵をつけなさい」と言われました。
 それからというもの、先生の話はひと言も漏らさない意気込みでノートをとり、話に出てきた本を購入し、片っ端から読むようにしました。
 ある日、私は桑田先生に「なぜいつも楽しそうに国語の授業をされるのですか?」と尋ねると、桑田先生は「道楽だから」と笑顔で答えました。
 若い頃の私は、自分の足もとしか見えず、1日をこなすことに精一杯で、授業を楽しむなんて考えもしませんでした。そんな私に、もっとずっと先まで見ることの大切さを教えてくださったのです。
 学ぶことの大切さを知った私は、全国の優れた実践に目を向け、研究会に参加するようになりました。自分の実践にも少しずつ自信をもち始めていました。
 そんな矢先、自分の根本を見つめ直さざるを得ない子どもたちと出会いました。
 教師9年目に受け持った6年生に簡単な自己紹介をしてもらったところ、何人かが涙ぐんでしまったのです。
 他の子どもたちも、話す際の声が、か細かったり、落ち着かない様子で体をずっと動かし続けたりしていて、まともに自己紹介ができる子どもは誰一人もいませんでした。
 クラスで静かな学級崩壊が起こっていたのです。崩壊した学級の冷ややかな子どもたちの現実を見た私は、愕然としました。
 自分に自信をもてず、安心感のない学級をどのように立て直せばいいのか。ゼロどころかマイナスからのスタートです。
 教育書からビジネス書まで手当たり次第に読み、研究会でお世話になっている先生方にアドバイスを求めても、納得できる答えは得られませんでした。
 そんな時、桑田先生から「話すこと」を指導してみたらどうかと助言され、やってみることにしました。
 とはいえ、当時はコミュニケーション力を育てる指導の教材や指導法などありません。私は独自に指導方法を考え、無我夢中で「話す」指導に取り組みました。
 すると、三学期の頃には子どもたちに変化が見られました。仲間とのふれあいを通して、温かい雰囲気の学級になっていったのです。
 これを機に、私は「言葉」の力を豊かにするコミュニケーション力の指導に一層、力を入れるようになりました。
 さまざまな問題を抱かえた子どもたちに自己肯定感をもたせ、教室を安心できる場にしたいと取り組みはじめたのが「ほめ言葉のシャワー」です。
「ほめ言葉のシャワー」は、その日に対象になった子のよいところをみんなで見つけ、帰りの会で発表し合います。
 さらに、朝の会で対象になった子について全員が質問する「ミニライフヒストリー」にも取り組んでいます。
 こうした取り組みの中で、子どもたちは相手を認め、自分自身も認められるようになっていきました。
 教育書やセミナー等を通じて、さまざまな教育実践を学ぶことはもちろん大切です。
 しかし、いくら優れた教育実践に取り組んでも、目の前の子どもたちの実態に合っていなければ、何の意味もありません。
 本当の学びは目の前の教室の中にこそあるのです。
 子どもたちの成長は、教師にとって、自分の取り組みが間違っていない何よりの証です。
 指導には「これは絶対」という正解がありません。だから、今でも日々気づかされることがあります。
 それがとても楽しい。桑田先生がおっしゃっていた「授業は道楽」の意味が、最近少しわかってきたような気がしています。
(
菊池省三:1959年生まれ 福岡県北九州市公立小学校教師、2015年に退職。コミュニケーション教育を長年実践した。「プロフェッショナル-仕事の流儀(NHK)」などに出演、「 菊池道場」(主宰)を中心に全国で講演活動をしている。 北九州市すぐれた教育実践教員表彰、福岡県市民教育賞受賞
)

|

« 2学期半ばころから、子どもたちに反発されるようになった、どうすればよいのでしょうか | トップページ | 保護者の信頼を勝ちとるには「ほめてますよ」「よいところを見つけようとしていますよ」ということが伝わればよい »

教師の成長・研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私は新任の頃から、どのように研修し、コミュニケーション力の指導に力を入れるようになったのか:

« 2学期半ばころから、子どもたちに反発されるようになった、どうすればよいのでしょうか | トップページ | 保護者の信頼を勝ちとるには「ほめてますよ」「よいところを見つけようとしていますよ」ということが伝わればよい »