« 保護者からのクレームに若い教師はショックを受ける、クレームが起きる前提と真意を知って対応するとよい | トップページ | 小学校の教師が人事交流で幼稚園に赴任して、わかったこと »

子どもを教える仕事をする人に絶対必要な心構えとは何か

 当時、生活指導主任をしているA先生の学級の前を休み時間に通ると、教卓のところに子どもたちが何人も群がっていた。笑い声がいつもおきていた。
 群がっている子どもたちはいつも決まっていた。それはクラスで一番勉強ができない子。みんなに嫌われている子だった。
 A先生のひざの上にいるのは、決まって「できない子」であり「嫌われている子」だった。
 勉強のできる子をひざの上にのせていることはなかった。
 ある日、私は「A先生は、いつも子どもがいっぱいいますね」と声をかけた時、初めて所信を語った。
「勉強のできる子や人気のある子は、これから先の人生で、いつだって脚光をあびたり、人から大切にされたりするんだ」
「だけど、クラスでは最下位のような子は、今大切にしてやらねば、再び大切にされることは、ないのかもしれないんだ」
「今大切にしてやって、人生のバランスはとれているんだ」
 私はそれ以来、心の中に「教師として、子どもを大切にしているかどうか」という明確な判断基準が加わった。
 クラスで最も嫌われている子がひざの上に来るような教師なら「子どもを大切にしている」と私は判断する。
 口先だけ、うまいことを言う教師ではだめだ。子どもは敏感なのである。内心「嫌だ」と思っていることは相手にも伝わるのである。鏡の原理が働くのである。
「最も嫌われている子どもがひざの上にのる」ことは簡単ではない。どうしても通過しなければならない心の革命を必要とする。
 それは、次のことである。「いかなる状態のいかなる考えの子も、すべて暖かく包み込める」
 教師は人を教えて育てるという恐ろしい仕事をしている。
 人を教えたり、人を助けたりする仕事の人が、絶対必要な心構えがある。
 それは、子どもを「包みこめる」ということであり、「暖かく接することができる」ということである。
「ぼくは先生なんか、大嫌いだ」と憎たらしく言う子をも、なおも包み込まなければならない。
 これが教師という仕事の宿命なのである。
 子どもたちのすべてを受け入れて、包み込み、そしてさらに「子どもの可能性を伸ばそうという努力」が重なった時、子どもは別の表情をみせるのである。
(
向山洋一:1943年生まれ、元東京都公立小学校教師、教育技術法則化運動代表を務めてきた。教師を退職後、TOSSインターネットランドの運営に力を注いでいる
)

|

« 保護者からのクレームに若い教師はショックを受ける、クレームが起きる前提と真意を知って対応するとよい | トップページ | 小学校の教師が人事交流で幼稚園に赴任して、わかったこと »

教師の仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもを教える仕事をする人に絶対必要な心構えとは何か:

« 保護者からのクレームに若い教師はショックを受ける、クレームが起きる前提と真意を知って対応するとよい | トップページ | 小学校の教師が人事交流で幼稚園に赴任して、わかったこと »