« 教師が心を痛め休職したりする原因は何か | トップページ | 学級崩壊がなぜ起きるのか、荒れた学級との戦いから学んだこと »

チャイムが鳴ったのに席に着かず、私語やマンガを読んだり遊んだりして授業が成立しない時、どう対応すればよいのでしょうか

 チャイムが鳴り、授業の挨拶をしようとしても、教室が騒然としているとき、どう対応すればよいのでしょうか。
 このような場合、注意すべき子どもをピンポイントで指導して、学習態勢の確立をはかるようにするとよい。
 子どもの名前を呼び、具体的な指示を出した。
「〇〇くん、前を向いてください」
「□□さん、口を閉じてください。号令がかかっています」
「△△さん、手を膝の上に置きましょう」
 そして、その子がきちんとしたら
「OKです。ありがとう」、「はい、できました」
と言うようにした。 
 また、一度で直らない子には
「〇〇くん、2回目の注意です」
と、毅然かつ冷静に指導した。
 このようにして、全員の学習態勢が整ってから授業に入るようにした。
 そのとき、個別の子にも全体の子どもたちにも、もくどくど説教はしなかった。
 きちんとできたことを認めて授業を始めた。
 ほかの方法の例を次に示すと、
「教科書の〇ページの一番上の番号1を指でさしなさい」
と指示を出す。
 教師が「5,4,3,2,1」と数えて少し待ったあと、教室の端の子から一人ずつ「〇、〇、〇、×、・・・・・」と言いながら評価していく。
 また、リズミカルに「マル、バツ、マル、マルのマル」などと言いながら机間を回る。
 これを何回か実施すると、すぐに教科書を開いて指がさせるようになった。自然に学習態勢が整った。
 よくない方法は「静かにしなさい!」といった全体への注意です。
 子どもたちは自分に向けられた言葉だと感じない。
 大声でどなると、全体萎縮させ、きちんとしている子にも「なんで僕たちまで怒られるの」といった受けとめ方をされてしまう危険がある。
 注意や指導は、それを必要とする子に直接向けられるべきである。
 ほめることは、全体へふくらませて効果がある。しかし、叱ることは、その個人に限定したほうがよい。
(
神部秀一:群馬県公立小学校教師
)

|

« 教師が心を痛め休職したりする原因は何か | トップページ | 学級崩壊がなぜ起きるのか、荒れた学級との戦いから学んだこと »

授業中の生活指導」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャイムが鳴ったのに席に着かず、私語やマンガを読んだり遊んだりして授業が成立しない時、どう対応すればよいのでしょうか:

« 教師が心を痛め休職したりする原因は何か | トップページ | 学級崩壊がなぜ起きるのか、荒れた学級との戦いから学んだこと »