« 教師は自分を保護者にどう見せるか、自分をプロデュースする能力が必要だ | トップページ | 子どもの靴がなくなった、探しても見つからないとき、どうすればよいか »

まったく掃除をしようとしない子を、どう指導すればよいか

 掃除になると、どこかに消えてしまう。いても、ほうきをもって立ち話をしている子がいる。どう指導すればよいのでしょうか。
 掃除を強制されることへの反発ではないかと考えてみる。
 掃除を「しなければならない」と、決められること、強制されることに対して反発することで、自分の存在をアピールしているのではないか、と考えたい。
 注意するより「ストレスの原因は何か」を読み解く努力をしたい。
 本人と直接話すのが手っ取り早いが、拒否された場合には回復が難しい。
 まず、親しい友だちを呼んで事情を聞いた。
 本人に伝えたいメッセージをまわりの友だちに話すことで、間接的に本人に伝わることを目的に次のように話した。
「先生は怒っているんじゃない」
「何か不満や困っていることがあるんじゃないかと思って、〇〇さんのことを心配しているんだけど」
「何か相談にのれることや先生が力を貸せることがあったら、言ってほしい。〇〇さんにも、そう伝えてほしい」
 次に、本人と直接話すことにした。
 親友が本人を連れてきて、一緒に話す場をつくった。
 本人を交えて話し合う中で、やっと友だちとの人間関係に原因があることがわかった。
 掃除をしようとしない子を、指導する、その他の方法を次に示す。
 担任が掃除をしながら「△△くんの掃き方はじょうずだね」「□□さん、家でも手伝っているでしょ。手つきがいいね」と、まわりの子の動きをほめた。
 そうして頃合いをみて「〇〇さん、黒板を消してもらえるかな?」と依頼口調で語りかけた。
 活動すると具体的に評価ができるからである。
 仕事が終わったら、できは不十分でも「ありがとう。きれいになったね」と声をかけた。
 子どもは、そのひと声を待っているからである。
 よくない方法をつぎに示すと、
 掃除の点検表を作って、チェックを厳しくしたり、掃除のマニュアルを作って、とにかく「掃除をやりなさい!」という高圧的な指導では、本人のストレスをさらに増やすだけである。
 掃除当番全体の責任を追及したりすると、掃除をやらない子だけでなく、まわりの子も「なんで私たちが責任をとらなくちゃいけないの!」と教師への反発を強めることになる。
(
及川宣史:札幌市公立小学校教師
)

|

« 教師は自分を保護者にどう見せるか、自分をプロデュースする能力が必要だ | トップページ | 子どもの靴がなくなった、探しても見つからないとき、どうすればよいか »

掃除」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まったく掃除をしようとしない子を、どう指導すればよいか:

« 教師は自分を保護者にどう見せるか、自分をプロデュースする能力が必要だ | トップページ | 子どもの靴がなくなった、探しても見つからないとき、どうすればよいか »