« 子どもたちは、どんな叱られ方だと素直に聞け、どんな叱られ方だといやな気持になるのでしょうか | トップページ | 小学校の学級崩壊のようすを目のあたりにして、何がいけないのか感じ取ったこととは »

教師は忙しくて疲れやすい、教師の仕事を効率的して、元気な教師になるにはどうすればよいか

 教師は忙しい。忙しさが教師の心身を疲れさせています。
 教師の疲れは、目の前の子どもたちに影響します。
 教師が疲れて元気がなければ、子どもたちもまた元気がなくなります。
 教師が元気はつらつならば、子どもたちも元気はつらつになります。
 ですから、教師が仕事の忙しさから解放され、疲れを癒し、心身ともに元気はつらつとして子どもの前に立つことは、子どもたちが元気になるためにとても大事なことなのです。
 では、そのためにどうしたらいいのでしょうか。
 少しでも教師の仕事を効率化し、教師に時間的なゆとりを作り出すとよい。
 時間的なゆとりは心のゆとりを生み、健康的な身体づくりを後押し、元気な教師になるでしょう。
 教師の仕事を効率的にするには、
1 仕事を「見える化する」と、見通しが立つ
 何となくたくさん仕事があると、気が滅入ります。はっきり見えないと、大変そうに思えるものです。
 そんな時は、仕事を「見える化する」とよい。
 はっきり見えると、先が見えて計画が立ち、すっきりします。
 具体的には「しなければならない仕事のリスト」を作ることです。やるべきことがはっきりします。意識していなかった仕事に気付くこともあります。
 リストは、1行に1項目を書き、期限があれば書きます。(例:① 3/20 仕事名)
 その仕事が終われば、〇数字を塗りつぶす(●)と、やるべき仕事と終わった仕事が一目でわかります。
2 仕事を分ける
 仕事を緊急性に従って3段階に分けます。
 仕事を「すぐやらなければならない仕事」「早めにやる仕事」「後でやればよい仕事」に分けて、仕事の書類を机の上3か所に分けて置きます。
「すぐやらなければならない仕事」の一番うえの仕事を迷わず取り上げて処理を始めます。
 始まると意外に片付いていくものです。
3 疲れている時は、まず単純作業から始める
 疲れている時、嫌なことがあった時などは、頭が働かず仕事に取りかかれないものです。
 こんな時は、頭をあまり使わなくてすむ、単純作業から始めてみましょう。
 どんな仕事でも、1つの仕事が終わると気分がいいものです。達成感が気分を高揚させ、脳の働きを活発にし、面倒な仕事でもやる気になってきます。
4 仕事のアイデアが出なくなったら、別の仕事をしてみる
 仕事をしていてアイデアが出なくて困ったら、思い切って中断して別の仕事をしてみるとよい。
 別の角度から物事を見ることになり、最初の仕事のアイデアが浮かんでくることがあります。
 新鮮な気持ちで仕事に向かうことができ、集中力を生みます。
 切り替えた仕事がある程度、区切りがついたところで、最初の仕事にもどります。
5 よくわからない仕事をしなければならない時は、その道の専門家に教えてもらう
 よくわからない仕事は、仕事の処理の仕方がよくわからずに、あれこれと考えたり、試行錯誤することがあります。
 よくわからない仕事をしなければならないときは、自分であれこれと考えず、その分野の先人や、その道の専門家が近くにいれば、聞いて、教えてもらったりすればよいと思います。
 その代わり、助けてもらったその教師に、自分の得意分野でお役立てをするようにします。
(山中伸之:1958年生まれ、小・中学校教師。「渡瀬にこにこサークル」代表を務めるほか、実感道徳研究会会長、日本基礎学習ゲーム研究会研究部長)


|

« 子どもたちは、どんな叱られ方だと素直に聞け、どんな叱られ方だといやな気持になるのでしょうか | トップページ | 小学校の学級崩壊のようすを目のあたりにして、何がいけないのか感じ取ったこととは »

教師の仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教師は忙しくて疲れやすい、教師の仕事を効率的して、元気な教師になるにはどうすればよいか:

« 子どもたちは、どんな叱られ方だと素直に聞け、どんな叱られ方だといやな気持になるのでしょうか | トップページ | 小学校の学級崩壊のようすを目のあたりにして、何がいけないのか感じ取ったこととは »