« 生徒の保護者から生徒の成績表の記載をよい内容にするよう変更を要求された、どう対応すればよいか | トップページ | 子どもたちは、どんな叱られ方だと素直に聞け、どんな叱られ方だといやな気持になるのでしょうか »

学級内で物の紛失があったときや、紛失が頻繁に起こるとき、どうすればよいか

 生徒の物がなくなったと連絡を受けたら、教師はすぐに対応することが大切である。
 例えば、消しゴムがなくなったという訴えであっても、そのままにしておくと、紛失が当たり前になり、生徒は教師に何もしてくれないと期待しなくなる。
 こうなる前に、教師は誠実な対応を行うことだ。
 紛失物の訴えがあったときは、必ず帰りの会で全員に呼びかけ、みんなで探す。
 例えば、
「〇〇さんの筆箱が今日の3時間目からありません」
「誰かが、間違えて持っているのかもしれませんし、〇〇さんが置き忘れてしまったのかもしれません」
「理由はいずれにせよ、物がなくなったのは事実です」
「困っているので、みんなで探します」
「まずは、全員、カバンの中、自分のロッカーを探してみてください」
「その後は、教室の中、清掃用具入れ、などを見てください」
 例えば、誰かが物を隠したとき、みんなで放課後に探し、帰る時間が遅くなることを学ばせる。
 悪いことをすると、自分が困る状況を作り、つまらないことを二度とさせないようにしたい。
 物が頻繁になくなるときには記録をとっておいて、いつ、どのような状態でなくなっているのか、状況を正しく把握する必要がある。
 場合によっては、休み時間に教師が巡視を行う。
(
垣内秀明:1965年長野県生まれ、長野県公立中学校教師。教育サークルTOSS中学信州代表
)

|

« 生徒の保護者から生徒の成績表の記載をよい内容にするよう変更を要求された、どう対応すればよいか | トップページ | 子どもたちは、どんな叱られ方だと素直に聞け、どんな叱られ方だといやな気持になるのでしょうか »

問題行動の指導」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学級内で物の紛失があったときや、紛失が頻繁に起こるとき、どうすればよいか:

« 生徒の保護者から生徒の成績表の記載をよい内容にするよう変更を要求された、どう対応すればよいか | トップページ | 子どもたちは、どんな叱られ方だと素直に聞け、どんな叱られ方だといやな気持になるのでしょうか »