« 4月に、百人一首で、クラスを盛り上げ、まとめる | トップページ | 授業で、子どもの意欲を喚起させる、おもしろい発問をつくる心構えや視点とは »

学級崩壊しないようにするには、崩壊学級の特徴をださないことだ、どうすればよいか

 私の学級も、いつ学級崩壊という現実になってもおかしくないと思っている。私は学級崩壊が怖い。だから学級崩壊しない学級づくりを全力で行っている。
 最近、気をつけているのが、崩壊学級の特徴をださないことだ。
 数々の崩壊学級を見てきた。それらの学級には共通した点が多くあることに気がついた。その特徴さえ出さなければ、学級崩壊をある程度防げるということだ。例えば
(1)教室が汚い
 崩壊学級では、多くのゴミ、プリントなどが散乱している。
 汚れた教室だと、子どもたちは汚すことを躊躇しない。ゴミは捨て放題である。あっという間に教室は荒れていく。
 だから、私が掃除をする。整理整頓する。教師がそこまでしてでも、崩壊学級の特徴は絶対に出してはいけない。
(2)子どもたちの動きが遅い
 崩壊学級の子どもたちは、動きが遅い。給食の準備だけでも30分かかる。帰りの会を始めるのにも10分以上かかる。
 だから、私は時間にうるさい。いろいろなことに目標タイムを設定し、キッチンタイマーで時間を管理している。
 目標タイムさえ設定できれば、子どもたちはがんばるものだ。
 私のクラスでは給食準備は10分以内。帰りの会前にランドセルを片付ける時間は2分以内。それが当たり前になっている。
 動きの素早いクラスは崩壊しない。スピード感を大切にしよう。
(3)ゲームが成り立たない
 崩壊学級では、教師の指示が通らない。子どもたちはルールを守らない。ゲームが成り立つはずがない。
 だから、私のクラスでは、どんどんゲームをする。そして、教師の指示に従うこと、ルールを守ることを教えているのだ。
 私はゲームが大好きである。授業の最初に、合間に、最後に時間を見つけてはクラスみんなでゲームを楽しんでいる。
 楽しんでゲームをすれば、子どもたちの仲が良くなる。ゲームは子どもたち同士を、つなげる。
 ゲームが成り立つのは、学級が崩壊していない証拠である。どんどんクラスでゲームをしよう。
(中村健一:1970年山口県生まれ、山口県岩国市立小学校教師。授業づくりネットワーク、お笑い教師同盟などに所属。笑いとフォローをいかした教育実践は各方面で高い評価を受けている。 また、若手教師を育てることに力を入れ講演も行っている)

 

|

« 4月に、百人一首で、クラスを盛り上げ、まとめる | トップページ | 授業で、子どもの意欲を喚起させる、おもしろい発問をつくる心構えや視点とは »

学級崩壊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 4月に、百人一首で、クラスを盛り上げ、まとめる | トップページ | 授業で、子どもの意欲を喚起させる、おもしろい発問をつくる心構えや視点とは »