« クラス経営がうまくいかないとき、どう聞けば適切なアドバイスがもらえるのでしょうか | トップページ | 5月の連休を過ぎるころから、生徒は気のゆるみが見えはじめます、どうすればよいのでしょうか »

学級崩壊予防の生命線は保護者、保護者と関係を良好に保つことが重要です

 保護者は決して教師の敵ではありません。子どもの成長のために協力し合うべきパートナーです。
 特に、低学年の子どもへの学習習慣に関する指導は、保護者の協力なしには効果があがりません。
 また、高学年の子どもへの指導は、たとえ、子どもとの関係がうまくいってなかったとしても、保護者からの信頼を得ていれば、思い切った指導をすることも可能になります。
「子どもを伸ばすためにがんばります」「子どもを伸ばすために、ご協力が必要です」と、日頃から保護者につたえるようにしましょう。
 保護者の教師への理解度によって、子どもに対する指導だけでなく、学級づくりにおいても、効果が大きく異なります。
 学級経営の最強のパートナーを得るために、保護者との関係を良好に保つことが重要です。
 子どもに厳しく指導した場合「なぜ、厳しくする必要があるか」「どのような考え方で指導しているのか」を、保護者に理解してもらわないと、不信感を与え、トラブルに発展する危険性があります。
 日常の授業や子どもへの指導を、教師自身どのような思いで行っているのかを、保護者に伝えることが重要です。
 保護者は、教師の考えを理解することができれば、教師の指導に納得してくれます。
 考えを理解してもらうためには、学級通信や保護者会、連絡帳へのコメントなど、あらゆる機会を利用して、具体的なエピソードを取り上げながら伝えるように努めなくてはなりません。
 学校の苦情を申し立てる保護者に対して「自分勝手だ」「他の子どものことも考えるべき」などと思ってしまうこともあるでしょう。
 しかし、わが子が痛い目にあえば、自分の身を切るような思いをするのが保護者というものです。
 わが子を思う保護者の気持ちを考えれば、常識はずれの行動も理解できないわけではありません。
「自分勝手」と考える前に、保護者の気持ちに寄り添う努力が必要です。そこから、教師と保護者との信頼関係がスタートします。
 活動的な子どもが集まる学校は、トラブルの火薬庫です。ほんの些細な一つのトラブルが、大きな問題に発展することは、日常茶飯事です。
 大きな問題が起きないようにするためには、些細なトラブルでも「大きな問題の火種」ととらえて、全力で対応し、解決することが重要です。
 保護者に事実が正確に伝わらなかったり、誤解を与えたりすると、大きなトラブルに発展しかねません。
 例えば、子どものケンカやケガなどは「この程度なら」などと軽く考えてそのまま放っておくと、誤解や偏見を与えてしまうこともあります。
 初期対応の時点で、保護者に事情を説明して、理解を得ることは、それほど大きな労力を必要としません。
 むしろ、保護者は「そんな些細なことまで、申し訳ない」と、感謝さえしてくれます。
 初期対応での保護者への連絡は肝心、かなめです。
 どの保護者も、わが子が担任から目をかけられることを望んでいます。
 なんらかのトラブルが起きて、子どもを指導するような場合でも、その子のよさや、その子に対する期待を保護者に伝え、その子が「大好き」というメッセージを受け取ってもらえるように努めましょう。
(中嶋郁雄:1965年鳥取県生まれ、奈良県公立小学校教頭。子どもを伸ばすためには、叱り方が大切と「叱り方&学校法律」研究会を立ち上げる。教育関係者主宰の講演会や専門誌での発表が主な活動だったが、最近では、一般向けのセミナーでの講演や、新聞や経済誌にも意見を求められるようになる)

|

« クラス経営がうまくいかないとき、どう聞けば適切なアドバイスがもらえるのでしょうか | トップページ | 5月の連休を過ぎるころから、生徒は気のゆるみが見えはじめます、どうすればよいのでしょうか »

学級崩壊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クラス経営がうまくいかないとき、どう聞けば適切なアドバイスがもらえるのでしょうか | トップページ | 5月の連休を過ぎるころから、生徒は気のゆるみが見えはじめます、どうすればよいのでしょうか »