« 授業の最初に子どもたちをしっかりツカむには、どのようにすればよいか | トップページ | 教師が気をつけること、教師が力をつけるために、大事なこととは何んでしょうか »

授業中、子どもの飽きを緩和するためには、どのようにすればよいか

 授業中、あくび、手悪さなど、子どもの「飽き」を感じることはありませんか?
 そんな時に力を発揮するネタをお教えしましょう。子どもたちはリフレッシュし、授業に再び集中します。
1 合言葉
 お決まりの合い言葉をみんなで言います。すると、子どもたちは元気になり、授業に集中できます。
(1)合い言葉を決めておき、教師が途中まで言ったら、子どもたちが続きを言う。
 例えば、
 教師「やる気がある子は」、子ども「背中ピシッ」
 教師「準備ができたら」、子ども「手はおひざ」
 教師「教室は」、子ども「間違うところです」
 教師「できなくても」、子ども「がんばる姿が美しい」
 ちょっと笑わせて緊張をほぐしたい時は、ボケを入れるとよい。
 教師「〇〇先生」、子ども「最高です」
 教師「西南戦争」、子ども「西郷です」
2 3分間の雑談タイム
 学習をバンバン進めたい時は、説明中心のつまらない授業になりがちです。
 それでも、授業中に3分間の雑談タイムを設ければ、子どもたちはがんばれます。
 教師は「もし、みんなががんばったなら、授業中に3分間だけ自由な時間をあげます。この時間は、席を立って誰とおしゃべりをしてもよいです」と言う。
 授業中、教師は子どもたちが飽きてきたと感じたら、3分間の雑談タイムを取る。子どもたちは笑顔で立ち歩き、おしゃべりをしてリフレッシュする。
 どんなにつまらない授業でも、子どもたちは、この時間を楽しみにがんばることができる。
3 教師の質問に、子どもたちが声をそろえて「そーですね」と答える
 先生の質問にクラス全員が「そーですね」と答えます。
 声をそろえて言うことで、クラスに一体感が生まれます。
 また、子どもの声が大きくなります。
 そして、授業にテンポが出て、子どもが飽きにくくなります。
 授業中、クラスみんなで一斉に声を出す機会を増やしましょう。
(1)教師が「今日は、いい天気ですね」と天気に関する質問をする。これがスタートの合図。
 子どもたちは「そーですね」とクラス全員で声をそろえて答える。
(2)続いて、教師は「割り算は難しいですね」などの質問をくり返す。
 子どもたちは、その度に「そーですね」と答える。
(3)いくつか質問をした後、
 教師が「鼻の長い動物は」と聞く。勘のいい子どもが「ゾウですね」と答え、笑いが起きる。
 教師「10を別の言い方で」、子ども「とうですね」
 教師「ジャンケンでチョキに勝つのは?」、子ども「グーですね」
 教師「頭の中にあるのは」、子ども「脳ですね」
 教師「英語で2は?」、子ども「ツーですね」
 など、くだらないやりとりが楽しい。
(中村健一編:1970年山口県生まれ、山口県岩国市立小学校教師。授業づくりネットワーク、お笑い教師同盟などに所属。笑いとフォローをいかした教育実践は各方面で高い評価を受けている。 また、若手教師を育てることに力を入れ、多くの学生に向けて講演も行っている)

|

« 授業の最初に子どもたちをしっかりツカむには、どのようにすればよいか | トップページ | 教師が気をつけること、教師が力をつけるために、大事なこととは何んでしょうか »

授業中の生活指導」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 授業の最初に子どもたちをしっかりツカむには、どのようにすればよいか | トップページ | 教師が気をつけること、教師が力をつけるために、大事なこととは何んでしょうか »