« 保護者が学校にクレームを言いに来たとき、教師はどのような心構えが必要か | トップページ | 生徒や同僚と関わる喜びを支えに、崩壊した学級を立て直した »

困った子どもに出会ったとき、教師はどう接すればよいのでしょうか

 教師に叱られる子どもの気持ちになってみると、叱られたときは、だれだって「自分が悪い」とは思っています。子どもなりに反省もしています。
 しかし、教師に面と向って言われるだけだとカチンとくるのです。先生が叱られる子どもに対して何もしてくれないからです。冷たいからです。
 厳しく注意されたり、怒られたりすると、子どもは「自分は愛されていない」と思ってしまいます。ですから、教師の思いとは逆の方向に走ってしまうのです。
 まずは、あたたかく接しましょう。
 例えば、忘れ物をした子どものために、いろいろなグッズを用意しておきましょう。鉛筆、赤鉛筆、消しゴム、教科書、ノート、絵の具など。
 子どもたちは安心します。
「この先生は、忘れ物をしても怒らない」
「にこにこして、貸してくれる」
と、うれしくなります。
 おがて「ぼくが悪いのに、先生は、ぼくを責めない。それどころか、フォローしてくれている」と思うようになります。
 すると、子どもたちは、だんだん言うことを聞くようになります。
 人間は、自分を愛してくれていると思える人の言うことは、よく聞くものだからです。
 子どもにあたたかく接しましょう。恋人に接するように。
 思っているだけでもだめです。具体的な行動を起こしましょう。
 困った子どもに出会ったとき。
 困った問題行動を子どもがし始めたとき。
 そういうときこそ、その子どもの長所、ただ一点とのみ、つき合いましょう。
 これが大事だと思います。
 どんな子どもにも、いいところがあります。
 その一点とだけ、つき合いましょう。
 それだけで、子どもは変わります。
 困った子どもに出会ったときのポイントは
(1)まず、受け入れ、包み込もう。
(2)長所のみを見て、接しよう。
(3)受け入れられ、認められると、子どもは変わる。
(杉渕鉄良:1959年東京生まれ、東京都公立小学校教師。「教育の鉄人」と呼ばれる実践家、子どもを伸ばす為に命をかける熱血教師。ユニット授業研究会代表。その実践スタイルは全国の教師、保護者から支持を受ける。2003年夏、日経スペシャル「ガイアの夜明け」に出演。PHP「VOICE」や、経済誌「プレジデント」での教育シリーズに取り上げられ、各方面からの注目も高い。ユニット授業、10マス計算、表現読み、指名なし発言など、子どもの可能性を引き出すため、さまざまな工夫を凝らした教育実践を行っている)

|

« 保護者が学校にクレームを言いに来たとき、教師はどのような心構えが必要か | トップページ | 生徒や同僚と関わる喜びを支えに、崩壊した学級を立て直した »

問題行動の指導」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 保護者が学校にクレームを言いに来たとき、教師はどのような心構えが必要か | トップページ | 生徒や同僚と関わる喜びを支えに、崩壊した学級を立て直した »