« 同僚教師や管理職の気になる言動は、どう対応すればよいのでしょうか | トップページ | 保護者からのクレームに、教師目線に立って教師が少しでも傷つかないような対応をするにはどうすればよいのでしょうか »

遊べない教師は子どもに反発され、学級崩壊を起こす恐れがある、遊び心を持ち子どもと同調し共鳴する力が教師に必要である

 私は教職経験も長くなり、その間、たくさんの教師を見てきました。
 その結果、これだけは言えるなということは「遊べない教師は、だめだな」ということです。
「遊ぶときには、とことん遊べる教師が良い教師になる」と言ったほうが良いかもしれません。
 遊べるということは、物事の楽しみ方を知っているということです。
 遊べるということは、どんな人とも、どんな場所でも、おもしろさを発見し、心から楽しむことができる、ということです。
 このことが、教室で生かされる、ということです。
 子どもは、おもしろいことが大好きです。遊びの中で人間関係の機微を学びます。
 子どもたちと毎日接しているのに、教師が日常生活の中に楽しみを見い出せないと、子どもたちがかわいそうです。
 一緒に笑ってくれる教師、子どもたちのいたずらを叱りながらも、そのおもしろさに共感してくれる教師、ときには、ボケて、ツッコミを入れてくれる教師、そういう教師こそが、子どもたちを育てていくのだろうと思います。
 遊べるということは、相手に共鳴し、合わせる能力が高いということです。一緒に遊んでいる仲間と楽しむ、その場を楽しめることです。
 授業力が高いとか指導力があるとかいったこととは、別の能力なのだと思います。
 学級崩壊を起こす教師、子どもに反発される教師を見ていると、子どもたちと同調し共鳴する力が低いことが実感されます。
 教師が発していることが1つだけで、子どもたちの発していることに対して共鳴できない。そういう教師は、子どもたちとミニケーションが成立しないのです。
 教師が子どもたちとの、いろいろな場面で、即座に同調し、共鳴する力がなによりも必要なのではないでしょうか。教師が子どもと接するときは、こうした判断の連続です。
 学級崩壊を頻繁に起こす教師、子どもたちとのコミニケーションが下手な教師というのは、実はこれができないのです。
 気の合わない人、知らない人とも遊んでみる、そこに楽しみを見つけてみるというのが、同調し、共鳴する力をける近道であるように思います。
(堀 裕嗣:1966年北海道生まれ、札幌市立中学の国語科教師。92年、国語教育研究サークル「研究集団ことのは」代表、「教師力BRUSH-UPセミナー」代表。文学教育と言語技術教育との融合を旗印に長く国語科授業の研究を続けている)

|

« 同僚教師や管理職の気になる言動は、どう対応すればよいのでしょうか | トップページ | 保護者からのクレームに、教師目線に立って教師が少しでも傷つかないような対応をするにはどうすればよいのでしょうか »

学級崩壊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 同僚教師や管理職の気になる言動は、どう対応すればよいのでしょうか | トップページ | 保護者からのクレームに、教師目線に立って教師が少しでも傷つかないような対応をするにはどうすればよいのでしょうか »