« 教育は人間味が大切、子どもたちに教師の個性をアピールして仲よくなろう | トップページ | 子どもを叱るとき、教師が心がけるべき大事なポイントとは »

保護者からの要求に、どのような場合、弁護士に介入を求めるとよいか

 保護者からのクレームも多種多様で、リスクの程度も様々である。しかし、すべてを弁護士に相談するというわけにもいきません。
 要求内容が多すぎたり、暴言や暴行等の不当な手段を用いたりされるなど、学校が毅然とした対応をとることができず、リスクも大きいと判断される場合には、早い段階で、学校法務に精通した弁護士に相談して介入してもらうよう、積極的に考えるべきです。
 弁護士に相談して対応することにより、窓口が弁護士となり、学校側が時間を作る必要がなくなって、その分を本来の業務に充てることができるようになります。
 また、学校側が弁護士を付けることにより、相手の保護者側も弁護士に依頼する可能性が生じます。
 過剰な要求をする保護者は、往々にして感情的になっているものです。
 弁護士が介在することにより、感情論からは離れて、法律等に則した冷静な話し合いが可能となります。
(弁護士法人 飛翔法律事務所著:大阪市)

|

« 教育は人間味が大切、子どもたちに教師の個性をアピールして仲よくなろう | トップページ | 子どもを叱るとき、教師が心がけるべき大事なポイントとは »

保護者にどう対応するか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 教育は人間味が大切、子どもたちに教師の個性をアピールして仲よくなろう | トップページ | 子どもを叱るとき、教師が心がけるべき大事なポイントとは »