« 子どもたちの国語力を高めるには、どうすればよいか | トップページ | 遊べない教師は子どもに反発され、学級崩壊を起こす恐れがある、遊び心を持ち子どもと同調し共鳴する力が教師に必要である »

同僚教師や管理職の気になる言動は、どう対応すればよいのでしょうか

 同僚教師の中には、失礼な言葉遣いや態度で接してくる人がいます。
 例えば、子どもが向上すれば「わたしには、力量がある」と自慢する教師や、子どもにトラブルがあると保護者や他の教師のせいにして責任転嫁する不遜な態度の教師がいます。
 管理職の中にも、見下すような言葉遣いや失礼な態度で接する人がいます。
 相手に失礼な態度をとられると、こちらも感情的になって、ぞんざいな言葉や態度で返したくなります。
 しかし、もし、相手と同じような態度で応戦したとすれば、相手と同じ土俵の上に立つ失礼な人間ということになります。
 気分を害する態度をとってくる相手には、気持ちのうえで常に相手の上に立たなくてなりません。
「あなたの攻撃など、こたえてないよ」と、平然と受け流さなくてはなりません。周囲で見ている人たちも「あの人はさすがだ」という目で見るようになるはずです。
 周囲の教師の信頼を得、あなたがいつも笑顔で充実した仕事をすることこそが、失礼な態度をとる人にとって最大の反省材料になるはずです。
 気分を害する言葉や態度をとられたら「このような人に、感情を乱されるのは損」と考えて、軽く受け流すようにしましょう。
 同僚教師との張り合いや対立などは、自分の不徳の致すところと、自分を鍛える機会にしましょう。
 誰かの言動に、逐一、心を揺り動かされるのは、自分を苦しめるだけ。受け流して平常心を保つことに努めよう。
(中嶋郁雄:1965年鳥取県生まれ、奈良県公立小学校校長。子どもを伸ばすためには、叱り方が大切と「叱り方&学校法律」研究会を立ち上げる。教育関係者主宰の講演会や専門誌での発表が主な活動だったが、最近では、一般向けのセミナーでの講演や、新聞や経済誌にも意見を求められるようになる)

|

« 子どもたちの国語力を高めるには、どうすればよいか | トップページ | 遊べない教師は子どもに反発され、学級崩壊を起こす恐れがある、遊び心を持ち子どもと同調し共鳴する力が教師に必要である »

同僚・管理職との関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子どもたちの国語力を高めるには、どうすればよいか | トップページ | 遊べない教師は子どもに反発され、学級崩壊を起こす恐れがある、遊び心を持ち子どもと同調し共鳴する力が教師に必要である »