« 学級崩壊にならないような説教の仕方とは | トップページ | 危機は不意に起こる、危機に強い学校とは、どのような学校か »

教師を辞めようと思ったことがありますか、どうやって乗り越えましたか?

1 教師Aの場合
 私は初任者のときに、次のようなことですごく辞めたいと思いました。
(1)保護者との関係がうまくできなかったとき。
(2)クラスでいじめ問題が発生したとき。
(3)指導教官に「学級崩壊だ」と宣告されたとき。
 乗り越えられたのは、夜、友人に電話して相談いるとき、友人が
「何か積極的にやりたい仕事が見つかったら辞めてもいいけど、教師やりたくないから辞めるのだったら反対だ」
と言われた。私は
「そうか、じゃ私はそういうものがまだ見つかっていないから、教師の仕事を続ける」
と友人に言いました。
 別の仕事を考えてみても、子どもと関わらない自分っていうのは想像できない。子どもからは離れられない。子どもを見ていると楽しくなってしまうんですよ。
2 教師Bの場合
 私は、初任者の1年目に、職場内でかなりのパワハラを受けて2年間休職をしました。
 そのときは本当に毎日「続けようか、辞めようか」と思っていました。
 パワハラによって、教師に対する不信感をすごく感じたのです。
 子どもたちは可愛かったんだけれど、教師って子どものいじめと一緒だと思って。
「教師って社会性がないし、世界が狭いし」みたいなことばかり考えてしまって。 
 でも、ある勉強会に行って「立派な教師たちがいるのを見て、こういう人もいるんだ」ということがわかったことが、辞めずにとどまってこられた理由だと思う。
 休職2年目になって、次のようなことに気づいた。
「教師の仕事って、10年後、20年後になって初めて結果が出る。未来の世界を形づくる人材をつくる仕事だ」
と考えたら、自分が教師であることの誇りを持てたような気がした。
 それと、何人かの子どもたちから「先生、今どうしてる?」というメールがときどき来るんです。そういうのがすごい支えになった。
 先生を辞めようかなって思っている人って、なんらかの形で自信がなくなってるんですよね。
 教師として認めてもらえるような環境って、とどまる上では大事なような気がします。
 私も勉強会に行ったり、いろんな人に慕ってもらえることで、教師としての自尊心みたいなところを救われたし、力をつけてもらったと思っています。
 すばらしい人を見つけて、それに近づこうとして勉強することが、教師としてスキルアップし続けていくうえでの、力になるのかなっていう気もします。
(先生始めました編集委員会)

|

« 学級崩壊にならないような説教の仕方とは | トップページ | 危機は不意に起こる、危機に強い学校とは、どのような学校か »

先生の実態」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 学級崩壊にならないような説教の仕方とは | トップページ | 危機は不意に起こる、危機に強い学校とは、どのような学校か »