« カウンセリングを学ぶと、あなたの人生が変わります | トップページ | 中学生がやる気を出すきっかけになる働きかけには、どのようなものがあるでしょうか »

生徒が指導に従わず激しく反発することがある、トラブルを恐れ見逃すと学級は荒れる、どうすればよいか

 生徒が見逃すわけにはいかない悪さをしたら、教師は叱ります。しかし、生徒が指導に従わず激しく反発し、対教師暴力や大騒ぎになることがあります。
 そうなると、教師は指導をためらうようになり、生徒の暴力的な言動を背景に、やがて無法がまかり通ってしまいます。どうすればよいのでしょうか。
 ダメなことはダメだと教職員が一致して指導できるようにするためには、学校としての「考え方」を確立する必要があります。
「トラブルが起きても構わない」という考え方を、事前に学校全体で確認することが必要です。
 教師が「当然のこと」を注意したとき、生徒が指導に従わず激しく反発し、対教師暴力が起きたり、大騒動になってもやむを得ないということを学校全体で確認しておくのです。
「当然のこと」というのは、授業妨害や他の生徒への嫌がらせ行為や暴力などです。それを許したら学校として成り立たないという行為です。
 ほとんどの生徒や保護者が「先生が怒って注意するのは当然です」と納得できるものでなければなりません。
 それと、実際にトラブルが起きたときに、どのように援助体制をとるか、事前に綿密に打ち合わせをし、確立しておく必要があります。
 このような「考え方」や援助体制も、生徒指導主事が中心になって提案しなければなりません。
(吉田 順:1950年生まれ 37年間横浜市立小・中学校に勤務した。担任32年、生徒指導部長16年、学年主任13年などを兼任した。生徒指導ネットワークを主宰。生徒指導コンサルタントとして全国の学校と関わる)

 

|

« カウンセリングを学ぶと、あなたの人生が変わります | トップページ | 中学生がやる気を出すきっかけになる働きかけには、どのようなものがあるでしょうか »

問題行動の指導」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カウンセリングを学ぶと、あなたの人生が変わります | トップページ | 中学生がやる気を出すきっかけになる働きかけには、どのようなものがあるでしょうか »