« 少しでも満足のいく授業をするための、授業づくりの基礎基本とは | トップページ | カウンセリングを学ぶと、あなたの人生が変わります »

学校で、どうしても苦手だと思う子どもに、あなたはどのように接していますか

 授業中、勝手に変なことで盛り上がって、私の方を向かず、話を聞いてくれない子どもは苦手です。
 そういう子どもは「かまってちゃん」が多いので、うまくかかわったりとか、フレンドリーにしていると
「あ、この先生は心を開いていいんだな」
と思われて、その子のおかげで授業がやりやすくなったということはあります。
 テストで、採点基準を設けて記述問題を採点して答案を返却すると、
「なんで、これがダメなんだ。こういう見方もあるから1点足して」
と言って、すっごく食い下がってくる子どもが苦手です。勉強熱心で評価してあげたくはあるんですけれど。
 子どもの中でも、とくに大変な子は、私が一人でいい方向に向けていくことができないので、他の先生方との連携や相談が必要になります。
 私にとってはコントロールするのが大変な子でも、別の先生に話を聞くと、
「あの子は単純だよ、こうやればいいんだよ」と教えてくれたりすることがある。
 先生によって、子どもと関係を築きにくい子どもも、他の先生方と話し合うと、けっこううまくいくかなと思っています。
 同じやり方一辺倒では難しいので、何か工夫をしないといけないような子は中にいます。
 部活動の顧問をしていると、教室の中で見ている子どもの顔とは違う顔が見られる。
 子どもも教師によって、見えてくる顔とか雰囲気は変わってくるので、いろいろな視点から子どもを多角的に見れば、苦手に思うことは少なくなるのではないかという気がします。
 教師が子どもの態度をうかがうようでは、子どもも教師をうかがうんだろうなと思う。 あえて問題視していないふりをすると、子どももしおらしくなってくることがある。
「困った子は、困っている子」と言うじゃないですか。普通に接する中で、何かその子が訴えかけることがあれば、それに対応すればいいのかなって気もします。
 子どもの話を聞いて受容するだけでは、子どもが甘えてしまうと思う。毅然と指導もしなければならない。ただ、その受容と突き放しのバランスがいちばん難しいと思っています。
 子どもたちに、ルールがあるところに自分が参加しているという感覚を持ってもらいたいと思っています。
 だったら、自分でそのルールの中で、できることをやっていくとか、ルールを作るとか、主体性を持たせたいなと常々思います。
 苦手な生徒と感じてしまうのは、私の常識と違うのかなと思います。接しやすいと思っている生徒は、大人になったら、私と同じような大人になるのかもしれないなと思いました。
 いろいろな子どもたちの性格や興味を、できるだけ把握しようと努力し、近づくところは近づいて、けじめをつけさせるところはつけさせる、というバランスが大事ということでしょうか。
(先生始めました編集委員会)

|

« 少しでも満足のいく授業をするための、授業づくりの基礎基本とは | トップページ | カウンセリングを学ぶと、あなたの人生が変わります »

さまざまな子どもの指導」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 少しでも満足のいく授業をするための、授業づくりの基礎基本とは | トップページ | カウンセリングを学ぶと、あなたの人生が変わります »