« 話術を習得する近道とは、話し手の根本的に大切なこととは何か | トップページ | 教師から見た、子どもに影響を与える困った保護者とは、どのような保護者か »

子どもたちの自己肯定感を伸ばすにはどうすればよいか

 自己肯定感とは、自分の価値や存在を、自信を持って認める力のこと。
 人生で困難に直面した時、前向きに生きる力の源になる。
 どうすれば、子どもたちに自己肯定感を育て高めることができるのでしょうか。
 自己肯定感を高める取り組みを実践している学校を紹介する。
 山梨県の船津小学校の4年3組は、帰りの会で、日替わりで黒板の前に立つ子どもをみんなで良いところをほめる「今日のきらり」を実践している。
 例えば「優しい性格です。理科の実験の時に手伝ってくれました」と、全員がほめる。
 全員が発言を終えると、担任がほめる。校長は、
「社会で通用する人間を育てるには、自分の存在を認められる経験が必要」
「認められることで、自分らしさを発揮し、様々なことに挑戦できるようになる」
「欠点ではなく、良いところを見つける力がついた」
と話す。
 他人からほめられる以外に、どんなことで自己肯定感が高まるのだろうか。
 ベネッセ教育総合研究所等の調査結果によると、
「将来の目標が明確になった」「勉強が好きになった」「自分のクラスに愛着を感じるようになった」
と答えた子どもは、自己肯定感が高まる傾向があった。
 気を付けたいのは、保護者や教師など周囲の大人の自己肯定感が低いと、子どもも自己肯定感が低くなりがちだということだ。
 自己肯定感が低いと他者を大切に思うことができず、いじめをしてしまうこともある。
 自分を認める力である自己肯定感は、子どもたちが新しいことにチャレンジし、逆境でも負けずに成長するために大切な力として、教育現場でも注目されている。
(読売新聞2019年11月5日朝刊記事)

|

« 話術を習得する近道とは、話し手の根本的に大切なこととは何か | トップページ | 教師から見た、子どもに影響を与える困った保護者とは、どのような保護者か »

子どもの成長をはかる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 話術を習得する近道とは、話し手の根本的に大切なこととは何か | トップページ | 教師から見た、子どもに影響を与える困った保護者とは、どのような保護者か »