« 「もう終わり?」という声がでる授業をするには、どうすればよいか | トップページ | 教師が子どもに魅力ある話し方をするには、どのようにすればよいか »

担任すると「いいクラスにしたい」と入れ込んで硬くなり、すぐに怒り、子どもに嫌わる。どう改善すればよいのでしょうか

 学級を担任すると「いいクラスにしたい」と思うのか、私はどうも硬くなる。
 それがつまずきのもとであった。
 自分のクラスとなると、過度に指導責任を感じてしまうのだろうか。
 いざクラスの子どものことになると、気持のうえで「わが子」になり、愛し過ぎて、入れ込んでしまうのだろうと思った。
 学級が荒れて困っている教師がいる。
「いいクラスにしたい」という思い入れが激しい余り、逆に、子どもたちを追いこんでいって失敗する例も多い。
 そういう芽は昔からあった。
 それに近い状況に追いこまれている教師もいた。私はそうはなりたくないと思った。
 自分のクラスに対して甘くしようとしたが、だが、いざとなると、なかなかそうはなれなかった。
「だんだんとクラスの子どもたちに嫌われてきた」と感ずるようになった。
 これが高じると、指導拒否がおこり、指導不成立がおこってくる。
 クラスの子どもたちと親しく交わっている教師をみると、力んでいないことに気がついた。
 私のように「いいクラスにしよう」とあせって硬くなっていない。
 子どもたちに対しては「師弟」でも「親子」でもなく、「友だち」感覚で接していた。
 だから、多少、だらしないところもあったが、そこに親密な人間関係があった。
 見ていると、そういう教師は、自分のクラスには甘かった。
 たとえば、よそのクラスの担任が子どもに三回注意してのち怒るとすれば、自分のクラスの子どもたちと親しく交わっている担任は、四回注意してのち叱るというようにしていた。
 ところが、わたしは逆だった。自分のクラスの子どもには一回目の注意で、もう怒っていた。
 また、自分のクラスの子どもたちと親しく交わっている担任は、ほめることの上手な教師でもあった。
 よそのクラスではあたりまえのことも、それができたら「よくできた」とほめていた。
 これだと思った。
 クラスの子どもは「わが子」ではない「他人の子」なのである。
「自分のクラス」・「わが子」と思うから私物化し、自分の思いとおりにしようと力むのである。
 教師感覚・親子感覚はやめ、友だち感覚で接しよう。そうすれば、多少甘くもできると思った。
 怒るときにも、頭ごなしではなく、忠告ということになろうと思った。
 学級生活のみならず、授業のなかでも甘くした。
 たとえば、提出物も 「よし。そんなにたいへんなら、この提出物はあさってまでに延ばそう。でも、秘密だぞ」
 と、担任の授業だから得をするというようにした。
「そのかわり、忘れるなよ」というと、ほんとうに忘れずに提出した。
 結果的には、他のクラスより早く全員提出できた。
 こう気持を切りかえると、肩から力が抜けた。
 ほっとしたのか、他のクラスの子どもたちと接するように、自分のクラスの子どもとリラックスして接するようになった。クラスの子どもとの距離がぐんと縮まった。
 もともと子どもたちも、担任とは仲良く接したいと思っていたのである。
 教師の態度が変わったから、子どもたちもリラックスして接してくるようになった。
 授業も、少しずつ、自分のクラスが一番やりやすくなった。
 私の国語の授業が好きだという子どもがふえてきた。
 ときどき、けじめのつかなくなることもあったが、「気持を切りかえようぜ」「ここは、いいとこ見せようぜ」というと、その気になって、ほかのクラスに負けないようにとりくむことができた。
(家本芳郎:1930-2006年、東京都生まれ。神奈川の小・中学校教師(約30年)。退職後、研究、評論、著述、講演活動に入る。長年、全国生活指導研究協議会、日本生活指導研究所の活動に参加。全国教育文化研究所、日本群読教育の会を主宰した)

 

|

« 「もう終わり?」という声がでる授業をするには、どうすればよいか | トップページ | 教師が子どもに魅力ある話し方をするには、どのようにすればよいか »

学級の荒れ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「もう終わり?」という声がでる授業をするには、どうすればよいか | トップページ | 教師が子どもに魅力ある話し方をするには、どのようにすればよいか »